サーブ

ファーストサーブが入らない、本当の理由

ファーストサーブが、試合で入らない。

この危機感について、なかなか実感出来ない方は多い。

意外と盲点ですが、サーブから試合が始まるテニスではその精度が肝になる。

でも、やっぱりなかなかファーストって入らないんですよ。

 

ファーストサーブが入らない、本当の理由

 


 

1.それは、セカンドサーブがあるから

テニスって、サーブは2回チャンスがある。

こういう競技、他では稀ですよね。

普通は、サーブのミスがそのまま相手の得点になるルールの競技、が多い。

テニスでは、セカンドサーブというチャンスがある。

だから、みなさんファーストサーブは「入ればラッキー」くらいの感覚が、どこかにある。

セカンドサーブ、という後ろ盾がある感じですよね。

それって、すごく怖いことだと私は思いますよ。

 

2.セカンドサーブ、の段階で・・・

もう、相手が有利。

同じくらいのレベルの相手なら、ファーストサーブが入らない段階でリターン側が有利なケースが多い。

これ、試合に出ている方なら感じている方多いでしょう。

セカンドサーブになると、サーブ側が一気に弱気になりますからね。

全然、後ろ盾として機能していない。

ファーストサーブが入ればラッキー、なかなか入らない。

仕方なく打つセカンドサーブ、は弱々しくて叩かれてしまう。

意識改革をしないと、勝てないですよ。

 

3.ファーストサーブは技術、じゃない

どう、自分の中で位置づけるか、です。

ファーストサーブに、何を求めるのか。

結構多くの男性の方は、「ファーストをしっかり速く打って、弱いリターンを引き出したい」と思っているかも知れません。

でも、それだと速さ、強さ、が求められる。

試合の後半、体力が落ちたような状況で打てますか、そのサーブ?

技術で考えるより、ファーストサーブを使ってどう試合に勝つか、が大事。

あくまでコントロール勝負、でリターンの選択肢を減らす。

そして、「高確率で入って来る」というプレッシャーを相手に与えたい。

それがファーストサーブの位置づけ、としては正しいと思います。

 



 

4.結果的に自分も楽になる

ファーストサーブがしっかり入ると、ダブルスなら前衛も使える。

リズムが出てすごく気持ち良いし、ポーチに出やすい。

自分も、高い確率でファーストサーブが入っていると気持ち的に楽だし、意識が戦術側に向いていく。

サーブが入らないと、ラリーの作戦どころじゃない、と思いませんか?

ファーストサーブをコントロール良く打って、前衛を使ってプレッシャーをかける、試合をコントロールする。

セカンドサーブがあるからと言って、ドッカンドッカン打っていても、相手が楽なだけですからね。

 

5.お勧めの練習法

自分の中で、1.5サーブを作りましょう。

ファーストとセカンドの間、のサーブのイメージですね。

セカンドサーブを少し、厳しいコースで狙うようなイメージです。

サービスエリアの中で、ラインの内側50cmくらいのところを狙う、練習をしてみましょう。

スピードはそこまで出さないで良いですが、しっかりコントロールするところは自分に厳しく。

漠然と打ちっ放しのサーブ練習、だけではなく、1.5サーブの意識で練習してみて下さい。

どこまで狙うのか、狙えるのか、を知るところから始まります。

 

ファーストサーブを強打してくれる人は、試合ですごく助かります。

セカンドサーブへの調整も、やり辛いですしね。

技術よりも、まずは意識改革。

セカンドサーブがある、というルールがアナタ自身の足を引っ張っているはず。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か

    この理論、まぁ当たり前ですよね。「そもそも、1ゲームキープする…

  2. テニス ロブ

    サーブ

    サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい

    サーブの体重移動、皆さんどんなポイントを意識してるでしょうか。…

  3. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

    サーブを打っていて、イマイチ力が伝わり切れていないと感じている方。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブを打っている自分、をもっと受け入れていかないと

    試合を観ていて、しんどそうに見える場面。その一つが、間違いなく…

  5. テニス フットワーク

    サーブ

    サービスゲームの基本、「サーブを打つ前に、相手リターンの位置」は必ず確認しよう

    安定してサービスゲームをキープ出来ない。そんな悩みを胸に、日々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?
  2. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで…
  3. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、「良い形でポイントを獲った」その後のポイントこそ重要です
  4. テニス メンタル

    その他

    自分を変えたければ、付き合う人を変えるのが一番
  5. テニス 上達

    メンタル

    自分を成長させたいなら、劣等感を感じる人を避けないこと
PAGE TOP