サーブ

ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?

サーブを何とかしたい!

と、考えている方は多いですよね。

まず、アナタ自身で見直すべきはトスアップの位置、でしょう。

これがしっかり前、相手コートの方向に上がっていないと、そりゃ力は伝わらないですよ。

詰まり気味、になってる人が多いので、注意が必要です。

 

ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?

 


 

1.ほとんどの人が、サーブの打点が詰まり気味

私が試合を観ていて、感じること。

すごく、みなさんサーブで窮屈な感じなんですよね。

トスアップの位置が、かなり自分に近い感じで後ろ気味。

これ、テニス以外の競技の影響が大きいような気がします。

サーブから始まる競技、バレーボールやバドミントン、卓球、色々あるじゃないですか。

でもその中でも、テニスってかなり特殊な感じがします。

 

2.イメージは、バレーボールのジャンプサーブ!

トスアップしたボールを打って、ラリーが始まる。

そのトスアップって、基本は「自分が打ちやすいボール」を上げると考えますよね。

これがもう、落とし穴。

実際の試合では、自分の打ちやすさを優先すると、威力は落ちます。

自分が打ちやすいサーブのトスって、上手く力を伝えることが出来ないように思います。

卓球やバドミントン、のような軽いシャトルやボールを打つなら、ある程度「打ちやすく、力を伝えやすい」と思いますが、テニスはどうでしょう。

ボールも重たいし、何よりネットまでの距離が相当長い。

だからこそ、バレーボールのジャンプサーブのように、しっかり自分の身体の力を伝えていかないと良いサーブにはなりません。

あそこまでダイナミックな動きは難しいですが、トスアップの位置はすごく参考になりますよ。

打つ方向に向かって上げる、身体を全体でぶつけていく感じ、は真似していきたいポイントです。

 

3.トスが近いと、詰まった感じになる

打ちやすいけど、力は伝え辛い。

それが、身体に近いトス、だと思います。

自分のトスを、ボールが落ちて来るまで打たないとして、どこに落ちるのか落下点を確認しましょう。

コートの内側、30cmくらいはネット寄り、が理想です。

その30cmは、アナタ自身が身体を動かしてパワーを溜めて、打っていくのに必要な助走距離のようなもの。

ここで力を溜めて、コートをキックしてラケットが加速した状態、でボールを打てるようにしていきましょう。

難しいですが、実際に慣れると力は要らないですし、ラケットのパワーも最大限使うことが出来ます。

 



 

4.トスアップの腕、の向きを変えていこう

以前にも書きましたが、右利きの方なら左腕、の位置を変える。

ベースラインと並行のような腕の出し方を、ネット方向、ベースラインとは垂直になるように変えてみて下さい。

相手に向かって、トスを上げるような感じですね。

最初は、トスアップしたボールとの距離があるので、打ち辛いと感じるはずです。

でも、その打ち辛さこそ、パワーを生む源ですから。

自分が打ちやすいサーブのトスアップ、は卒業していきましょう。

アナタに必要なのは、試合で勝てるサーブ、なはず。

であれば変えていくこと、に迷いは必要無いでしょう。

 

5.お勧めの練習法は?

まず腕の出し方を、素振りしましょう。

家でもオフィスでも、学校でも座りながら練習してみましょう。

相手方向に、トスを上げる時に、身体が開かないように。

結構、トレーニングが必要ですよ。

コートでサーブが打てる時間は少ないと思いますので、隙間時間で練習、練習。

相手コートをイメージしながら、コートの内側にトスアップを繰り返し、素振りしていきましょう。

 

最初は慣れるまで大変です、本当に。

でも慣れると、試合でも使えるナイスなサーブが打てるようになる。

回転系のサーブも、しっかりラケットが加速して当たるから良いサーブになる。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルフォルトが止まらないときは、自分の作戦が決まっていない

    ダブルフォルトに悩む人、試合では多い。試合に勝てない以前に、サ…

  2. テニス 攻撃
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切に

    サーブを打つ時に、どんなポイント奪取のイメージ、考えてますか?…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

  5. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多い

    試合の中で、サーブが入らなくなるとき。特に男性の方では、こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がり…
  2. ダブルス

    「ポーチされないクロスショット」テニスのダブルスの試合では逆転の発想で勝てるよう…
  3. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
  4. テニス 準備

    シングルス

    長い試合と覚悟を決めて、テニスのシングルスの試合で準備しておきたいグッズ10選
  5. テニス 評価

    日々の雑記

    感動は人を変え、またその人が次の感動を紡いでいく
PAGE TOP