サーブ

ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?

サーブを何とかしたい!

と、考えている方は多いですよね。

まず、アナタ自身で見直すべきはトスアップの位置、でしょう。

これがしっかり前、相手コートの方向に上がっていないと、そりゃ力は伝わらないですよ。

詰まり気味、になってる人が多いので、注意が必要です。

 

ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?

 


 

1.ほとんどの人が、サーブの打点が詰まり気味

私が試合を観ていて、感じること。

すごく、みなさんサーブで窮屈な感じなんですよね。

トスアップの位置が、かなり自分に近い感じで後ろ気味。

これ、テニス以外の競技の影響が大きいような気がします。

サーブから始まる競技、バレーボールやバドミントン、卓球、色々あるじゃないですか。

でもその中でも、テニスってかなり特殊な感じがします。

 

2.イメージは、バレーボールのジャンプサーブ!

トスアップしたボールを打って、ラリーが始まる。

そのトスアップって、基本は「自分が打ちやすいボール」を上げると考えますよね。

これがもう、落とし穴。

実際の試合では、自分の打ちやすさを優先すると、威力は落ちます。

自分が打ちやすいサーブのトスって、上手く力を伝えることが出来ないように思います。

卓球やバドミントン、のような軽いシャトルやボールを打つなら、ある程度「打ちやすく、力を伝えやすい」と思いますが、テニスはどうでしょう。

ボールも重たいし、何よりネットまでの距離が相当長い。

だからこそ、バレーボールのジャンプサーブのように、しっかり自分の身体の力を伝えていかないと良いサーブにはなりません。

あそこまでダイナミックな動きは難しいですが、トスアップの位置はすごく参考になりますよ。

打つ方向に向かって上げる、身体を全体でぶつけていく感じ、は真似していきたいポイントです。

 

3.トスが近いと、詰まった感じになる

打ちやすいけど、力は伝え辛い。

それが、身体に近いトス、だと思います。

自分のトスを、ボールが落ちて来るまで打たないとして、どこに落ちるのか落下点を確認しましょう。

コートの内側、30cmくらいはネット寄り、が理想です。

その30cmは、アナタ自身が身体を動かしてパワーを溜めて、打っていくのに必要な助走距離のようなもの。

ここで力を溜めて、コートをキックしてラケットが加速した状態、でボールを打てるようにしていきましょう。

難しいですが、実際に慣れると力は要らないですし、ラケットのパワーも最大限使うことが出来ます。

 



 

4.トスアップの腕、の向きを変えていこう

以前にも書きましたが、右利きの方なら左腕、の位置を変える。

ベースラインと並行のような腕の出し方を、ネット方向、ベースラインとは垂直になるように変えてみて下さい。

相手に向かって、トスを上げるような感じですね。

最初は、トスアップしたボールとの距離があるので、打ち辛いと感じるはずです。

でも、その打ち辛さこそ、パワーを生む源ですから。

自分が打ちやすいサーブのトスアップ、は卒業していきましょう。

アナタに必要なのは、試合で勝てるサーブ、なはず。

であれば変えていくこと、に迷いは必要無いでしょう。

 

5.お勧めの練習法は?

まず腕の出し方を、素振りしましょう。

家でもオフィスでも、学校でも座りながら練習してみましょう。

相手方向に、トスを上げる時に、身体が開かないように。

結構、トレーニングが必要ですよ。

コートでサーブが打てる時間は少ないと思いますので、隙間時間で練習、練習。

相手コートをイメージしながら、コートの内側にトスアップを繰り返し、素振りしていきましょう。

 

最初は慣れるまで大変です、本当に。

でも慣れると、試合でも使えるナイスなサーブが打てるようになる。

回転系のサーブも、しっかりラケットが加速して当たるから良いサーブになる。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブが落ち切らないでオーバーフォルトしてしまう」人は、しっかり上にラケットを抜くことで良い…

    スピンサーブを安定させるには、高い軌道でしっかりサービスライン手前で変…

  2. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である

    テニスにおけるサーブは、なぜか「失敗」ばかりが注目される。ダブ…

  3. テニス 走力
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?

    「今日の相手の実力は、どの程度だろう・・・?」と考えながら、試合に入っ…

  5. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

    サーブの打ち方は人それぞれですが、良いサーブを打てる人に共通しているの…

  6. テニス 練習

    サーブ

    「サーブを打つ位置を変えるだけ」で、相手にプレッシャーを与える方法

    サーブの打つ位置を見るだけで、その人のテニスの実力はある程度分かります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本
  2. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは?
  3. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    ボレー対ボレーのラリーの中で、ロブボレーを混ぜて攻撃する為の練習メニュー
PAGE TOP