テニス知識

寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

最近、急に寒くなって来ましたよね。

テニスの練習をした後も、シャワーを浴びたりする程汗はかかないような日も多い。

でも・・・なんだか自分の髪は汗臭い、その臭いだけでもケアしたい。

そういう人にオススメなのが、「ドライシャンプー」です。

 

寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

 


 

1.汗拭きシート、身体だけ?

テニスの練習の後に、汗を拭いて臭いケア。

夏の時期ならシャワー浴びてガッツリ着替えますが、秋から冬の時期はそこまででも無い、ような日もありますよね。

私もそうですが、寒い時期だと逆に風邪引いてしまうのも怖い。

汗拭きシートで身体を拭いて、だけどなんだか頭が臭いような気が・・・。

こういう方には、ドライシャンプーがお勧めです。

 

2.ドライシャンプーって?

元々は、災害時や入院時などで入浴が出来ない時に、頭を洗う変わりに使用されるもの。

水を使わないシャンプーで、ミスト状のものやパウダータイプなど、色々な商品があるみたいです。

去年から、特に秋や冬の時期は私もテニスの後にするようになって、すごく気に入ってます。

まぁ・・・自分の臭いが本当に気になるようになってきて、その危機感からなんですが。

お勧めなのが、パウダータイプのLUSH「ドライミー」。

出典:amazon

 

パウダータイプの商品で、「パウダー?粉?」と思いますよね。

私も最初は抵抗あったんですが、これ慣れるとすごく良いです。

ミスト状の商品とかもあるんですけど、冬は寒いんですよね・・・頭が湿ってしまうと。

このパウダー状のドライシャンプー、発見でした。

 

3.グレープフルーツとライムの爽快な香り

臭いも、主張し過ぎないで、でも爽やかに香る感じ。

男性でも女性でも、不快にならない絶妙な香りです。

「男子だし、良いか・・・」と思って良いのは、20代まで。

30代以上の男性のみなさん、何もしないでおけば自分は悪臭を出していると覚悟しましょう。

LUSHのこの商品は、コーンスターチやグレープフルーツ、ライムオイルといった天然素材から作られています。

皮脂を抑え、清潔に保つ働きがあるエッセンシャルオイルを組み合わせているので、汗かきなテニスプレイヤーにもピッタリです。

 

4.使用方法も簡単

適量を手に取り、頭皮から髪全体になじませるだけ。

余分な皮脂や汚れを吸収するので、帽子をかぶる時やお出掛け前も使えます。

1.『 ドライミー! 』を手のひらに少量出し、指先になじませます。

2.頭皮をマッサージするように、指先や手のひらを使ってパウダーを頭皮にのせます。少しずつなじませていくのがポイントです。

3.最後にブラッシングでパウダーを髪全体になじませまてください。

※LUSH公式サイトより引用

みなさんも、ぜひご自身で納得のドライシャンプー、探してみて下さい。

練習や試合でコートに立っている時には気にならない頭皮の臭い、ケアしておいて損は無いですよ。

社会人テニスプレイヤーとして、最低限のマナーです。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、ス…

  2. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?

    いくつか、ご質問頂きましたので、私も考えてみたいと思います。皆…

  3. テニス知識

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

    夏から秋は、台風や暴風雨の季節。今年も日本各地で、大変な被害が…

  4. テニス ダブルス

    テニス知識

    「リラックスして正五角形」が、基本の構え

    基本となるテニスの構え、皆さんは意識出来てますか?ストロークの…

  5. テニス知識

    真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

    まだまだ、夏本番。テニスを頑張るみなさんも、スポーツ観戦の機会…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」について

    テニスの試合は、ほとんどの試合がセルフジャッジで選手自身で試合を進めて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること
  2. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しないように、という時点で既に緊張している
  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう
  4. ボレー

    試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ
  5. テニス 走力

    メンタル

    テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない
PAGE TOP