テニス知識

寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

最近、急に寒くなって来ましたよね。

テニスの練習をした後も、シャワーを浴びたりする程汗はかかないような日も多い。

でも・・・なんだか自分の髪は汗臭い、その臭いだけでもケアしたい。

そういう人にオススメなのが、「ドライシャンプー」です。

 

寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

 


 

1.汗拭きシート、身体だけ?

テニスの練習の後に、汗を拭いて臭いケア。

夏の時期ならシャワー浴びてガッツリ着替えますが、秋から冬の時期はそこまででも無い、ような日もありますよね。

私もそうですが、寒い時期だと逆に風邪引いてしまうのも怖い。

汗拭きシートで身体を拭いて、だけどなんだか頭が臭いような気が・・・。

こういう方には、ドライシャンプーがお勧めです。

 

2.ドライシャンプーって?

元々は、災害時や入院時などで入浴が出来ない時に、頭を洗う変わりに使用されるもの。

水を使わないシャンプーで、ミスト状のものやパウダータイプなど、色々な商品があるみたいです。

去年から、特に秋や冬の時期は私もテニスの後にするようになって、すごく気に入ってます。

まぁ・・・自分の臭いが本当に気になるようになってきて、その危機感からなんですが。

お勧めなのが、パウダータイプのLUSH「ドライミー」。

出典:amazon

 

パウダータイプの商品で、「パウダー?粉?」と思いますよね。

私も最初は抵抗あったんですが、これ慣れるとすごく良いです。

ミスト状の商品とかもあるんですけど、冬は寒いんですよね・・・頭が湿ってしまうと。

このパウダー状のドライシャンプー、発見でした。

 

3.グレープフルーツとライムの爽快な香り

臭いも、主張し過ぎないで、でも爽やかに香る感じ。

男性でも女性でも、不快にならない絶妙な香りです。

「男子だし、良いか・・・」と思って良いのは、20代まで。

30代以上の男性のみなさん、何もしないでおけば自分は悪臭を出していると覚悟しましょう。

LUSHのこの商品は、コーンスターチやグレープフルーツ、ライムオイルといった天然素材から作られています。

皮脂を抑え、清潔に保つ働きがあるエッセンシャルオイルを組み合わせているので、汗かきなテニスプレイヤーにもピッタリです。

 

4.使用方法も簡単

適量を手に取り、頭皮から髪全体になじませるだけ。

余分な皮脂や汚れを吸収するので、帽子をかぶる時やお出掛け前も使えます。

1.『 ドライミー! 』を手のひらに少量出し、指先になじませます。

2.頭皮をマッサージするように、指先や手のひらを使ってパウダーを頭皮にのせます。少しずつなじませていくのがポイントです。

3.最後にブラッシングでパウダーを髪全体になじませまてください。

※LUSH公式サイトより引用

みなさんも、ぜひご自身で納得のドライシャンプー、探してみて下さい。

練習や試合でコートに立っている時には気にならない頭皮の臭い、ケアしておいて損は無いですよ。

社会人テニスプレイヤーとして、最低限のマナーです。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

    トレーニング用のラケット、と聞いてみなさんイメージは湧きますか?…

  2. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

    みなさんは、こんな経験ありませんか?テニスの大会でお昼ご飯を食…

  3. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

    先日は、台風で日本列島大変でしたね・・・。私が住んでいる地域で…

  4. テニス知識

    テニスのガットに、求めるモノについて

    みなさんは、普段どんなガットを張ってますか?私は最近、約5年…

  5. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器になる

    私が大学に入ったころ、2001年くらいの頃は不思議な光景がテニスコート…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」について

    テニスの試合は、ほとんどの試合がセルフジャッジで選手自身で試合を進めて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス パラソル

    テニス知識

    晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理
  3. 戦術

    感覚を自分で言語化出来れば、テニスは強くなる
  4. ボレー

    ネット際のチャンスボールは、「ただコートに叩き付ければOK」の発想では、いつまで…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ
PAGE TOP