テニス リターン

ストローク

ボールに合わせること、を止めてみよう

テニスはボールを見て、動いて、止まって打ち返す競技。

最初はこれに必死だと思います。

でも、長くテニスを続けていても、試合で緊張したらどうしてもこうやって合わせてしまう時、ありませんか。

不安だと、人は最後まで調整したくなってしまう。

この不安を、どこかで払拭していかないと、なかなか技術は身に付かないですよ。

 

ボールに合わせること、を止めてみよう

 


 

1.無難にこなす、では限界がある

普段の練習、ラリー、から意識しましょう。

何となくボールに合わせて、毎回自分で調整している部分。

これに気付いて、捨てること。

ミスしても良いから、自分が良いと思うフォーム、でしっかりラケットを振る。

ボールに合わせようと思うと、最後まで定まらないままに打ってしまうはず。

練習なら、これでもある程度打ち返せるでしょう。

でも試合になると、そうはいかないんです。

 

2.最後まで定まらない打ち方は、自分が不安になる

試合中に、例えばフォアハンドが振れなくなる時。

それは、きっと最後まで調整しようと思っているからなんですよね。

「これだ」というのが見つからない、不安になっている。

そういう人は、普段からボールに対して最後まで合わせにいくようなスウィング、テイクバックになっているはず。

準備が遅く、誤魔化すような打ち方になってはいませんか?

無難に打ち返すことに慣れてしまうと、なかなか良いボールは打てませんから。

 

3.相手が打った瞬間に、結論を出す

「でも、どこにボールが来るのか分からない」という悩みもあると思います。

そういう人は、とにかく予測を立てること、それから結論を早く出す癖を付けましょう。

「多分次はこんなボールが来る・・・やっぱり!」というイメージを持つ。

相手が打った瞬間に、自分がどう打つのか、を決めて走る、早く構えて止まる。

予測が当たらなくても良いんです、その予測が違った、ということが自分で分かりますから。

何も考えないで最後まで優柔不断に待っている方が、大問題でしょう。

 

4.攻撃力も、自然と身に付く

ボールに合わせない、打ち方が身に付くと何が良いのか。

まず、テイクバックが早くなるので相手は「どこに打って来るのか分からない」という感じになります。

そうなると動けないから、自然とアナタ自身のショットの力が増していく。

攻撃力がアップする、最高の準備が出来るはずです。

強い人って、ボールに合わせている感じないじゃないですか。

毎回、自分のポイントにボールを呼び込んでいる。

これは、練習の賜物ですが、アナタ自身も短い時間で身に付けることは出来るはず。

適度な予測と、相手が打った直後の反応。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

多少ミスしても、当たり損ないなら気にしない。

合わせよう、合わせようとしていると、絶対にテイクバックは遅れます。

そして、相手からしても脅威にはならない。

試合に強い、攻撃力のあるショットはいつも「呼び込むショット」なはず。

意識して練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。…

  2. ストローク

    エグいスピンに押される人は、結局何が問題なのか?

    強い相手との試合は、ストロークで押されてしまう。ベテランの方が…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール

    スライスを使えるようになると、浅いボールの処理が便利になる。浅…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

    ストロークのコントロールで、差が出る部分。それは、ストレート、…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!

    試合の中で、ラケットを振りきれない人は攻撃が出来ない。せっかく…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

    スライスのストロークのメリット、それは攻撃と守備の両方で使えるというこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割
  2. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  4. テニス 準備

    その他

    カウントに疑問を持ったら、必ずクリアしてから入ること
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスが楽しい、と思えている時は成長期
PAGE TOP