テニス リターン

ストローク

ボールに合わせること、を止めてみよう

テニスはボールを見て、動いて、止まって打ち返す競技。

最初はこれに必死だと思います。

でも、長くテニスを続けていても、試合で緊張したらどうしてもこうやって合わせてしまう時、ありませんか。

不安だと、人は最後まで調整したくなってしまう。

この不安を、どこかで払拭していかないと、なかなか技術は身に付かないですよ。

 

ボールに合わせること、を止めてみよう

 


 

1.無難にこなす、では限界がある

普段の練習、ラリー、から意識しましょう。

何となくボールに合わせて、毎回自分で調整している部分。

これに気付いて、捨てること。

ミスしても良いから、自分が良いと思うフォーム、でしっかりラケットを振る。

ボールに合わせようと思うと、最後まで定まらないままに打ってしまうはず。

練習なら、これでもある程度打ち返せるでしょう。

でも試合になると、そうはいかないんです。

 

2.最後まで定まらない打ち方は、自分が不安になる

試合中に、例えばフォアハンドが振れなくなる時。

それは、きっと最後まで調整しようと思っているからなんですよね。

「これだ」というのが見つからない、不安になっている。

そういう人は、普段からボールに対して最後まで合わせにいくようなスウィング、テイクバックになっているはず。

準備が遅く、誤魔化すような打ち方になってはいませんか?

無難に打ち返すことに慣れてしまうと、なかなか良いボールは打てませんから。

 

3.相手が打った瞬間に、結論を出す

「でも、どこにボールが来るのか分からない」という悩みもあると思います。

そういう人は、とにかく予測を立てること、それから結論を早く出す癖を付けましょう。

「多分次はこんなボールが来る・・・やっぱり!」というイメージを持つ。

相手が打った瞬間に、自分がどう打つのか、を決めて走る、早く構えて止まる。

予測が当たらなくても良いんです、その予測が違った、ということが自分で分かりますから。

何も考えないで最後まで優柔不断に待っている方が、大問題でしょう。

 

4.攻撃力も、自然と身に付く

ボールに合わせない、打ち方が身に付くと何が良いのか。

まず、テイクバックが早くなるので相手は「どこに打って来るのか分からない」という感じになります。

そうなると動けないから、自然とアナタ自身のショットの力が増していく。

攻撃力がアップする、最高の準備が出来るはずです。

強い人って、ボールに合わせている感じないじゃないですか。

毎回、自分のポイントにボールを呼び込んでいる。

これは、練習の賜物ですが、アナタ自身も短い時間で身に付けることは出来るはず。

適度な予測と、相手が打った直後の反応。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

多少ミスしても、当たり損ないなら気にしない。

合わせよう、合わせようとしていると、絶対にテイクバックは遅れます。

そして、相手からしても脅威にはならない。

試合に強い、攻撃力のあるショットはいつも「呼び込むショット」なはず。

意識して練習していきましょう!

 

■第2回読者ミーティングを11月15日(木)に開催します!

今回のテーマは、試合に勝てる「リターン術」について です。

参加のお申込みは、コチラからお願いします。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考え方

    最近のラケットの傾向は、軽いくせしてコントロール力がある・・・というも…

  2. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ

    もうすぐテニスの一大イベント、ウィンブルドンが開幕。男子は錦織…

  3. テニス リターン
  4. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!

    試合で緊張して、ストロークが入らなくなる。こういう時には、ハッ…

  5. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

    「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点
  2. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる
  3. テニス メンタル

    その他

    「テニスと俺」アナタは自分とテニスの関係、どんな感じですか?
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合でスタミナが切れたときに、最初に止まるのは足ではなく思考
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?
PAGE TOP