テニス ストローク

ストローク

攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。

このスタイルに、腕力は必要ありません。

ちょっとした、フットワークのアイデアが大事。

ストロークを磨いていきたい、シングルスやダブルスでも強気に攻めたい人は、まずこの基本を見直しましょう。

どこかで「待っている」自分を変えないと、難しいですよ。

攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

1.バウンドを待っているなんて、もったいない!

テニスのストローク、みなさんこうじゃないですか?

ボールがバウンドして、自分のところに飛んで来るのを待っている。

それに合わせて、バウンドしてから微調整している。

ほとんどの人のストロークが、これです。

ハッキリ言って、これではいつまで経っても攻撃出来ない。

無理に攻撃してミス、が目に見えているでしょう。

バウンドを待ってはいけない、自分から迎えにいく。

この姿勢こそ、アナタに必要なことですよ。

2.腰から肩の高さで打てる打点、を早めに探していこう

これが出来るかどうか、です。

自分の一番力が入る打点、それも出来ればフォアハンドで、いかに早く打てる場所を見つけるのか。

もう、相手が打った瞬間には見極めたいですね。

理想は、相手が打ったボールがバウンドする前に、自分の足が決まること。

そうなると、相手はもうコースを読めないでしょう。

遅いボールも早いボールも、とにかく自分の足を速く決められるように、フットワークを変えていく。

この決断力、を磨いていくにはたくさんの失敗、も必要です。

3.先回りしてみたけど、失敗・・・良いじゃない!

最初から上手くはいかないですよ。

思ったより伸びて来た、イレギュラーした、色々あるでしょう。

大事なのは、その失敗を繰り返すことです。

繰り返す中で、自分の予測の精度が高まる。

ボールを待って打っているうちは、ミスは少ないかも知れないですけど進歩が無い。

攻撃的なストロークは、ずっと打てないまま・・・ですよ。

それくらいの危機感が無いと、勇気のあるフットワークは身に付かない。

アナタのその覚悟、があるかどうかです。

4.基本は下がらない、ライジングショットのスタンスで

何度も書いてきたので、またか・・・と思うでしょう。

でも、大事なことは何度でも書きます。

この素早い予測、バウンドに先回りする基本は「下がらないこと」です。

下がらないで、高い打点でのライジングショット、をしっかりイメージしましょう。

下がってしまうと、それだけ相手にも時間の余裕を与えてしまいますからね。

攻撃的なストローク、で一番大事な要素を自分から逃しているようなもの。

だからこそ、アナタ自身がしっかり下がらない勇気、姿勢を持つこと、が大事でしょう。

いつの間にか、無難なストロークに終始している試合。

きっと多いと思いますよ。

ボールが近くに来ないと判断出来ない、というのはテニスの試合で危険です。

受け身の第一歩、ですからね。

先回りして、たくさん失敗する。

そうすると、自然と攻撃的なストローク、が身に付いていくでしょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス リターン
  2. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!

    「攻撃的にストロークを打ちたい!」と思っている方。今のアナタの…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

  4. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?

    みんな当たり前のように理解出来ていそうで、実は怪しい部分。スト…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドで、ウィナーを取るテニスにするために

    ストロークで攻撃的に、ウィナーを取る。特にフォアハンドでしっか…

  6. ストローク

    強度を上げたショートラリー、出来る?

    練習前のウォーミングアップでのショートラリー。これを、みなさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. リターン

    ワイドへのスライスサーブは、「ゆったりリターン」が基本
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩を支点にしたスライスを覚えよう!
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習では、「不確定なランダム要素」を取り入れないと、試合とのギャップを埋…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで抑えが効かない人は、「ラケット動作をアウトサイドイン」にすることで安…
  5. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ
PAGE TOP