テニス ストローク

ストローク

攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。

このスタイルに、腕力は必要ありません。

ちょっとした、フットワークのアイデアが大事。

ストロークを磨いていきたい、シングルスやダブルスでも強気に攻めたい人は、まずこの基本を見直しましょう。

どこかで「待っている」自分を変えないと、難しいですよ。

 

攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

 

1.バウンドを待っているなんて、もったいない!

テニスのストローク、みなさんこうじゃないですか?

ボールがバウンドして、自分のところに飛んで来るのを待っている。

それに合わせて、バウンドしてから微調整している。

ほとんどの人のストロークが、これです。

ハッキリ言って、これではいつまで経っても攻撃出来ない。

無理に攻撃してミス、が目に見えているでしょう。

バウンドを待ってはいけない、自分から迎えにいく。

この姿勢こそ、アナタに必要なことですよ。

 

2.腰から肩の高さで打てる打点、を早めに探していこう

これが出来るかどうか、です。

自分の一番力が入る打点、それも出来ればフォアハンドで、いかに早く打てる場所を見つけるのか。

もう、相手が打った瞬間には見極めたいですね。

理想は、相手が打ったボールがバウンドする前に、自分の足が決まること。

そうなると、相手はもうコースを読めないでしょう。

遅いボールも早いボールも、とにかく自分の足を速く決められるように、フットワークを変えていく。

この決断力、を磨いていくにはたくさんの失敗、も必要です。

 

3.先回りしてみたけど、失敗・・・良いじゃない!

最初から上手くはいかないですよ。

思ったより伸びて来た、イレギュラーした、色々あるでしょう。

大事なのは、その失敗を繰り返すことです。

繰り返す中で、自分の予測の精度が高まる。

ボールを待って打っているうちは、ミスは少ないかも知れないですけど進歩が無い。

攻撃的なストロークは、ずっと打てないまま・・・ですよ。

それくらいの危機感が無いと、勇気のあるフットワークは身に付かない。

アナタのその覚悟、があるかどうかです。

 

4.基本は下がらない、ライジングショットのスタンスで

何度も書いてきたので、またか・・・と思うでしょう。

でも、大事なことは何度でも書きます。

この素早い予測、バウンドに先回りする基本は「下がらないこと」です。

下がらないで、高い打点でのライジングショット、をしっかりイメージしましょう。

下がってしまうと、それだけ相手にも時間の余裕を与えてしまいますからね。

攻撃的なストローク、で一番大事な要素を自分から逃しているようなもの。

だからこそ、アナタ自身がしっかり下がらない勇気、姿勢を持つこと、が大事でしょう。

 

いつの間にか、無難なストロークに終始している試合。

きっと多いと思いますよ。

ボールが近くに来ないと判断出来ない、というのはテニスの試合で危険です。

受け身の第一歩、ですからね。

先回りして、たくさん失敗する。

そうすると、自然と攻撃的なストローク、が身に付いていくでしょう!

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」がまだまだ高い

    スライスのストローク、を打たれると急に崩れる人。男性のスライス…

  2. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出していこう

    テニスが上手い人って皆同じストロークの打ち方をしているかって言うと、微…

  3. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいないか?

    試合中、精神的に苦しくなることはよくあること。自分もビビってい…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと」持ち上げてみよう

    ストロークのテイクバック、いかにリラックスした状態でラケットをセット出…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です

    身長が高いテニス選手、それだけでプレッシャーに感じますよね。特…

  6. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる

    相手を動かして、ミスを誘う。これは、テニスのショットの基本です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せる…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント…
  4. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想…
  5. テニス リターン

    メンタル

    「0-40からは、粘っても仕方ない・・・」と思っていると、アナタはずっと鴨と思わ…
PAGE TOP