テニス サーブ

サーブ

知っておけば強くなる、スピンサーブの基本5つ

スピンサーブは、屈強な男性しか打てない。

なんて話は、もう昔の話。

今では、正しい基本さえ押さえておけば女性でも楽に打てる、試合で使えるサーブになります。

改めて、ここは抑えておきたいという基本を見直しておきましょう。

 

知っておけば強くなる、スピンサーブの基本5つ

 


 

1.コンチネンタルグリップで打つ

薄いグリップ、これをまずしっかり確認しましょう。

自分が打ちやすい、と感じているグリップが適している、とは限りません。

コンチネンタルグリップ、でサーブを打つというスタートを切らないと、なかなか良い回転がかかりません。

最初は、上手く打てないと感じる方も多いと思いますが、自然な腕と手のひらの動きを意識して振ってみましょう。

上から見た時に、ラケットがどういう形になっているのか、チェックしてみて下さい。

出典:tennis365.net

 

2.トスは相手方向に、コートの内側に

トスは頭の後ろ、ではなく相手方向に向かって上げるイメージ。

そのまま落として、しっかりコートの30cm内側に落ちる、のが理想です。

前に向かって振るから、良い回転がかかるのがスピンサーブ。

頭の後ろでこすってばかりいても、力は入らないしフレームショットになるだけ、ですよ。

しっかりトスアップを前方向、に向かってあげる意識でいきましょう。

 

3.トスの頂点から少し落下してきたところ、で打つ!

トスアップして、どこで打つのか。

そのトスが頂点に届いて、少しだけ落ちたところで打てるとベストです。

ボールが落ち始めたくらいのところに、ラケットが下からしっかり入っていく感じですね。

タイミングが取れるように、何度もトスアップの高さを一定に出来るように練習しておきましょう。

男性にありがちな高過ぎるトス、も打ち辛いです。

 

4.前足の膝を軽く曲げて、コートをキック!

これが、スピンサーブのパワーの源になります。

右利きの方であれば、左足。

この軸足を、軽く曲げてしっかりコートを蹴るようにしてジャンプする。

女性の方でも、力を下からもらってボールに伝えていく意識で振っていきましょう。

意識はあくまで、下半身。

それに連動して上半身、ラケットが動くイメージで打てれば安定感がアップするはずです。

 

5.サーブの軌道は山なり、速度は遅め

スピンサーブに、速度は求めない。

求めるのは、相手コートでバウンドした後の「勢い」です。

ですから、回転量をしっかり多めにして、ボール自体は山なりで遅くて良い。

軌道も高い方が、重力で力のあるバウンドになってくれる。

スピンサーブの軌道は山なりでOK、絶対にネットはしないイメージで。

だから安定したセカンドサーブとして、も使えるんですね。

 

みなさんの中でも、5項目をバランス良く意識していきましょう。

どれか一つでも、全く出来ていないと試合で安定感が無くなってしまう。

それぞれは全て連動しているので、良くなっていけばどんどん、試合で使えるスピンサーブになっていくでしょう。

まだまだ、アナタ自身のサーブは良くなっていく。

その意識を常に、持ち続けて下さい。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス スポーツ

    サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う

    サーブは入れないといけない。そんなこたぁ、誰でも知ってるよね。…

  2. テニス サーブ
  3. サーブ

    ダブルスでサーブを打つ順番って、意外と大事

    ダブルスの試合で、どっちの選手からサーブを打つのか。みなさんは…

  4. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

    サーブを打っていて、イマイチ力が伝わり切れていないと感じている方。…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

  6. テニス 確率

    サーブ

    最初のサービス練習4本、丁寧に入れれば相手は・・・何を感じますか?

    ほとんどの試合、ウォーミングアップでサーブ練習くらいですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 試合

    練習メニュー

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い
  2. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る
  3. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したい…
  4. スマッシュ

    スマッシュの素振りは、「実際の試合の中で何回でもやっておく」と、大事な場面でも自…
  5. テニス 武器

    戦術

    自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる
PAGE TOP