テニス ストローク

フットワーク

スプリットステップは、相手に合わせる癖を

試合で必要な、スプリットステップ。

これって、みなさん毎回どんな感じで意識して実行してますか?

フットワークに優れた、コートカバーリングが上手い選手には、ある共通するコツがある。

でも、なかなかそれが気付かないものなんですよね。

 

スプリットステップは、相手に合わせる癖を

 


 

1.自分の為に、毎回同じ?

普通は、こうだと思います。

自分の為に、毎回同じように、ステップを繰り返す。

自分のタイミングで、毎回同じようにステップを踏んでいませんか?

最初はそれでも良いです。

ですが、実際に試合に出るようになって、色々な相手と対戦していくと、どうでしょう。

相手が打って来るタイミングって、毎回違う。

そう思いませんか?

 

2.強い相手は、ライジングが基本

リターン、なんてまさにそうですよね。

強い相手は、前に踏み込んで来る。

元々、前のポジションで待っていますから、いつものテンポでステップしていたら遅いんです。

この「遅さ」を自覚出来るかどうか。

足が遅いんじゃなくて、スプリットステップの着地が遅い。

これに気付かないと、変えられないですよね。

相手のタイミングが早いなら、自分のタイミングも早くしていかないと。

同じようなステップで通用すると思ったら、大間違いです。

 

3.相手に合わせる、自分のステップも

毎回、相手に合わせる。

相手が打つ瞬間、の少し前に着地する感じですかね。

これが、ハードヒットしてくるような相手なら、私はもっとステップの着地のタイミングを早くします。

そうしないと、遅れてしまうんですよね。

逆に、ゆったり下がって打つ相手に対しては、自分のステップも合わせていく。

細かいことですが、この0.1秒くらいの差がフットワークの差になる。

テニスでは、その差がスコア差になるんです。

 

4.とにかく押されている時には、早めに着地してみる

3.でも少し触れましたが、これでだいぶ変わります。

相手に押されている、自分が振り回されている時には、少しだけ着地を早くする。

そうすると、相手もよく見えるしスタートが早く切れるんです。

一番まずいのは、相手が打っている瞬間に自分の身体が浮いている、というパターンですよね。

これはそもそも、ステップのスタートが遅い。

感じて修正していく、のが試合での調整力です。

 

毎回同じ、じゃない。

タイミングを相手に合わせる感じで、しっかり準備する。

最初の2ゲームくらいは、調整期間だと思った方が良いですよ。

ぜひ、意識してみて下さい。

コートカバーリング、1メートルは変わります。

そして試合結果も、きっと変わるでしょう。

 

■第2回読者ミーティングを11月15日(木)に開催します!

今回のテーマは、試合に勝てる「リターン術」について です。

参加のお申込みは、コチラからお願いします。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. フットワーク

    相手の隙を突くには、忍び足が欠かせない

    テニスの試合で相手の隙を突く。その動き、で必要なことって何でし…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    なぜ、テニスではサイドステップを使うんだろう?

    テニスを続けていると、何となく続けているサイドステップ。これ、…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    ラケットを先に出すと、人は走れない

    足が速い人、遅い人。私は、この走力ってテニスですごく大事だと考…

  4. テニス 調子

    フットワーク

    相手が打った瞬間に、バウンド地点を予測しよう

    ストロークの反応が遅い人、恐らく「判断」が遅い。その判断って、…

  5. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?…

  6. フットワーク

    速いボールをボレー、スプリットステップのコツ

    相手の速い攻撃に、押されてしまう。反応出来ないし、いつも後手後…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、「フォアハンド狙い」を大事なポイントに取っておこう
  2. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる
  3. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりま…
  4. テニス リーダー

    ダブルス

    団体戦のダブルスに、必要な要素とは?
  5. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ
PAGE TOP