テニス ストローク

フットワーク

スプリットステップは、相手に合わせる癖を

試合で必要な、スプリットステップ。

これって、みなさん毎回どんな感じで意識して実行してますか?

フットワークに優れた、コートカバーリングが上手い選手には、ある共通するコツがある。

でも、なかなかそれが気付かないものなんですよね。

 

スプリットステップは、相手に合わせる癖を

 


 

1.自分の為に、毎回同じ?

普通は、こうだと思います。

自分の為に、毎回同じように、ステップを繰り返す。

自分のタイミングで、毎回同じようにステップを踏んでいませんか?

最初はそれでも良いです。

ですが、実際に試合に出るようになって、色々な相手と対戦していくと、どうでしょう。

相手が打って来るタイミングって、毎回違う。

そう思いませんか?

 

2.強い相手は、ライジングが基本

リターン、なんてまさにそうですよね。

強い相手は、前に踏み込んで来る。

元々、前のポジションで待っていますから、いつものテンポでステップしていたら遅いんです。

この「遅さ」を自覚出来るかどうか。

足が遅いんじゃなくて、スプリットステップの着地が遅い。

これに気付かないと、変えられないですよね。

相手のタイミングが早いなら、自分のタイミングも早くしていかないと。

同じようなステップで通用すると思ったら、大間違いです。

 

3.相手に合わせる、自分のステップも

毎回、相手に合わせる。

相手が打つ瞬間、の少し前に着地する感じですかね。

これが、ハードヒットしてくるような相手なら、私はもっとステップの着地のタイミングを早くします。

そうしないと、遅れてしまうんですよね。

逆に、ゆったり下がって打つ相手に対しては、自分のステップも合わせていく。

細かいことですが、この0.1秒くらいの差がフットワークの差になる。

テニスでは、その差がスコア差になるんです。

 

4.とにかく押されている時には、早めに着地してみる

3.でも少し触れましたが、これでだいぶ変わります。

相手に押されている、自分が振り回されている時には、少しだけ着地を早くする。

そうすると、相手もよく見えるしスタートが早く切れるんです。

一番まずいのは、相手が打っている瞬間に自分の身体が浮いている、というパターンですよね。

これはそもそも、ステップのスタートが遅い。

感じて修正していく、のが試合での調整力です。

 

毎回同じ、じゃない。

タイミングを相手に合わせる感じで、しっかり準備する。

最初の2ゲームくらいは、調整期間だと思った方が良いですよ。

ぜひ、意識してみて下さい。

コートカバーリング、1メートルは変わります。

そして試合結果も、きっと変わるでしょう。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わる!

    テニスは足を使う。走る・・・という意味もあるし、足のパワーを利…

  2. テニス シングルス

    フットワーク

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を!

    シングルスの試合、左右前後に走り回ってコートをカバーする。でも…

  3. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に!

    皆さんは、練習は毎日同じコートでも、試合は異なるはず。いや、練…

  4. フットワーク

    前衛の縦の動きは、相手にバレにくい

    相手に気付かれないように、前衛で動いてポーチに出る。まずはみ…

  5. フットワーク

    一番試合が多いオムニコート、の戦い方ってどうですか?

    恐らく、一番試合が多いサーフェスでしょう。草トー大会では、オム…

  6. フットワーク

    「打ちやすい追いかけ方しなきゃ」骨盤で反応するとテニスに最適な横向きが作れます

    テニスというスポーツの特徴は「打つ」というのが主流だけど、それ以外にも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です…
  2. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!
  3. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法…
  5. テニス ダブルス

    戦術

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない
PAGE TOP