フットワーク

スプリットステップ、もっと早く、低く!

最近観た試合で、改めて感じたこと。

反応が良い選手って、スプリットステップが早い、低い。

私たちが思っている以上に、鋭さがあるんですよね。

ここは、ぜひ真似していきたいポイントだと思ったので、まとめてみます。

 

スプリットステップ、もっと早く、低く!

 


 

1.上にジャンプ、というより沈む感じ

私たちはつい、上にジャンプして両足で着地、のような感じでステップしてしまう。

でも、これって実は危険なんです。

目線も上下するし、相手がタイミング速く打って来たら、着地する前に動き出さないといけない可能性だってある。

空中にいる状態、は何も反応出来ないですからね。

上にジャンプ、じゃなくて下に沈む。

そして、目線の高さは変わらないように膝を柔らかく使う。

これを意識するだけで、だいぶ違うでしょう。

 

2.もっと速く、着地して良い

反応が遅い人って、スプリットステップが遅い。

相手が打つ瞬間に着地、のような感じだと、ちょっと遅いんですよね。

私の感覚だと、もう少し速く着地したい。

特に、相手が打って来るような場面では、早く着地しておくことが大前提になります。

なぜなら、そこから一歩早く動き出す、ことで予測して反撃出来るから。

どんなに良い反応でも、相手のボールを返せないと意味がない。

だからこそ、早めに着地、で良いんです。

 

3.相手のボールに先回り、フライングスタート

テニスコートは、結構広い。

ですから、相手が打ってから動く、反応するだと絶対に限界があります。

だからこそ、速く着地して、早く動き出す。

相手の打球に先回りしていく、フライングスタート。

良いカウンターには、これが絶対に必要です。

脚力や動体視力は、どんどん衰えていきますから。

私たちは、工夫で何とかしていくしかないんです。

 

4.ボレー側のステップから、変えてみよう!

一番、効果があると思います。

普段のボレー対ストローク、のスプリットステップ、ボレー側に立った時に変えてみる。

あえて速く、低く、着地してみて下さい。

きっと、反応が良くなって触れる範囲は拡がると思いますよ。

みなさん、まだまだタイミングが遅いはず。

相手が打つ瞬間に着地、より少し速くするだけで、世界は変わります。

 

ちょっとしたコツ、本当に0.5秒速くするくらい、ですけどね。

これで、全然違います。

ボレーするとき、ネットプレーでまずは試してみて下さい。

今までのステップ、着地が遅かったな・・・と、感じられるはずです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    イレギュラーバウンドに弱い人は、試合で勝てない

    テニスは常に、コートにボールをバウンドさせる競技。ボレーはあり…

  2. フットワーク

    他人の真似が出来る人は、100人に1人

    「上手くなりたいなら、盗むこと」これが大事です、テニスでも。…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のは全てのスポーツの基本

    テニスの試合、相手によって色々変えていくのが基本、です。特に大…

  4. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

    「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。足がそ…

  5. テニス メンタル
  6. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝…
  2. テニス 確率

    メンタル

    「ネガティブ思考は、スポーツに不向き・・・?」いや、テニスには向いている気がしま…
  3. ダブルス

    「打ってない人たちも仕事しろよっ!」テニスのダブルスの試合で勝つには絶対必要な意…
  4. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?
PAGE TOP