フットワーク

スプリットステップ、もっと早く、低く!

最近観た試合で、改めて感じたこと。

反応が良い選手って、スプリットステップが早い、低い。

私たちが思っている以上に、鋭さがあるんですよね。

ここは、ぜひ真似していきたいポイントだと思ったので、まとめてみます。

 

スプリットステップ、もっと早く、低く!

 


 

1.上にジャンプ、というより沈む感じ

私たちはつい、上にジャンプして両足で着地、のような感じでステップしてしまう。

でも、これって実は危険なんです。

目線も上下するし、相手がタイミング速く打って来たら、着地する前に動き出さないといけない可能性だってある。

空中にいる状態、は何も反応出来ないですからね。

上にジャンプ、じゃなくて下に沈む。

そして、目線の高さは変わらないように膝を柔らかく使う。

これを意識するだけで、だいぶ違うでしょう。

 

2.もっと速く、着地して良い

反応が遅い人って、スプリットステップが遅い。

相手が打つ瞬間に着地、のような感じだと、ちょっと遅いんですよね。

私の感覚だと、もう少し速く着地したい。

特に、相手が打って来るような場面では、早く着地しておくことが大前提になります。

なぜなら、そこから一歩早く動き出す、ことで予測して反撃出来るから。

どんなに良い反応でも、相手のボールを返せないと意味がない。

だからこそ、早めに着地、で良いんです。

 

3.相手のボールに先回り、フライングスタート

テニスコートは、結構広い。

ですから、相手が打ってから動く、反応するだと絶対に限界があります。

だからこそ、速く着地して、早く動き出す。

相手の打球に先回りしていく、フライングスタート。

良いカウンターには、これが絶対に必要です。

脚力や動体視力は、どんどん衰えていきますから。

私たちは、工夫で何とかしていくしかないんです。

 

4.ボレー側のステップから、変えてみよう!

一番、効果があると思います。

普段のボレー対ストローク、のスプリットステップ、ボレー側に立った時に変えてみる。

あえて速く、低く、着地してみて下さい。

きっと、反応が良くなって触れる範囲は拡がると思いますよ。

みなさん、まだまだタイミングが遅いはず。

相手が打つ瞬間に着地、より少し速くするだけで、世界は変わります。

 

ちょっとしたコツ、本当に0.5秒速くするくらい、ですけどね。

これで、全然違います。

ボレーするとき、ネットプレーでまずは試してみて下さい。

今までのステップ、着地が遅かったな・・・と、感じられるはずです。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス 前衛

    フットワーク

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い

    テニス選手ならスプリットステップ、しっかり出来ないと辛い。上の…

  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    ボール2個で簡単に出来る、超絶使えるフットワークトレーニング

    試合前でも、普段の練習でも、簡単に出来るフットワークメニュー。…

  3. フットワーク

    相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい

    ベースライン同士の打ち合いの中で、相手からクロスに打たれる。こ…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

    レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が…

  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のボールに対しての「反応速度を上げる」為に、必要な4つのポイント

    相手のボールに、素早く反応する。これが、なかなかテニスでは難し…

  6. フットワーク

    身体で反応するカバー、を身に付けよう

    テニスの試合で、安定感を生むう要素。何と言っても、守備力の高…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブの軌道のイメージを変えてみる」ことで、試合の中で厳しいコースを突けるよう…
  2. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由
  3. テニス ポジショニング

    ストローク

    何気なくウォーミングアップでやってるけど、「良いショートラリーと、悪いショートラ…
  4. テニス リターン

    リターン

    リターンはフォロースルーを短くするだけで、コントロールショットに早変わり出来る
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違い
PAGE TOP