フットワーク

あのスプリットステップ、にも弱点はある

普段、何気なくやっているステップ。

テニスの基本、スプリットステップを意識している人は多いと思います。

これさえやれば、反応は良くなる!確かにそうですが、少し視点を変えると、弱点だって見えて来る。

完璧な技術、なんてスポーツには無いですからね。

大事なのは、しっかり特徴を理解して試合で使うことです。

 

あのスプリットステップ、にも弱点はある

 

1.スプリットステップ、の基本を確認しよう

相手が打つ瞬間に、軽くジャンプして両足で着地。

その反動を使って前後左右への反応を早くする、テニス以外のスポーツでもよく使われるステップですよね。

このフットワーク、確かに基本です。

ただ待っているよりも、反応は早く出来るし身体のリズムも取りやすい。

でも、致命的な弱点・・・と言いますか、カバー出来ないことがあります。

それは、ジャンプしてしまう、ということで生じる「隙」です。

 

2.例えば、ダブルスのポーチで考えてみよう

例えば、ダブルスの前衛のポーチで考えてみましょう。

私が見ていると、ポーチに出れない前衛ってスプリットステップばっかりなんですよ。

要は、相手が打つ瞬間にジャンプ、する癖が付いている。

相手の後衛がまさに打つ、その少し前の瞬間に、本来ポーチに出るなら自分が動いていないといけない。

ステップする為にジャンプ、してしまうともう動けない、空中移動は出来ないですからね。

結局、ステップしても自分が触れる範囲、以外のボールは触れない。

どうでしょう、みなさんイメージ出来ますか?

 

3.思い切った動き、にスプリットステップは足かせになる

ポーチもそうですが、思い切った動き、予測をして先回りするときに、足かせになる。

相手が攻撃してきて、もうどうしようもない・・・ような時って、みなさんどうしますか?

私なら、スプリットステップを捨てて、どちらかに張って走る。

予測が外れたら仕方ないですけど、その場でジャンプするよりも、守備範囲は広く出来ると思っています。

そうじゃないと、強い相手はしっかりコーナーにコントロールしてきますからね。

 

4.自分の周りに来る、とイメージ出来たらスプリットステップ

これがまず、使い方の基本です。

自分の近く、触れる範囲に飛んで来る可能性が高いなら、スプリットステップは有効。

でも、試合ではそんなボールばっかりじゃないですよね。

ステップ、その場でジャンプしてばかりでは、強い相手には勝てない。

逆に空中に浮いてしまうことで、自分の行動を制限してしまうこと、が起きてしまう。

このことを理解しておくだけでも、かなり違うと私は思いますよ。

 

テニスの基本、にはいつも裏があります。

基本は大事だけど、ある意味「誰もがやっている」から怖いんですよね。

時に破り、離れてみる。

そしてまた使ってみると、景色が全然変わって見えるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない

    良いショットは打っている、だけど試合に勝てない。ミスが多い?い…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク

    テニスの試合、強い選手のフットワークは何が違うのか。これって、…

  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタ…

  4. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

    レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が…

  6. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

    「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    上達し続けるテニス選手は、永遠の初心者
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    対並行陣の武器、はどう使っていけば良い?
  3. テニス 陸上

    メンタル

    テニスという競技の中で、「大事な試合で流れにのまれる選手と、そうでない選手」の違…
  4. メンタル

    格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って…
PAGE TOP