フットワーク

あのスプリットステップ、にも弱点はある

普段、何気なくやっているステップ。

テニスの基本、スプリットステップを意識している人は多いと思います。

これさえやれば、反応は良くなる!確かにそうですが、少し視点を変えると、弱点だって見えて来る。

完璧な技術、なんてスポーツには無いですからね。

大事なのは、しっかり特徴を理解して試合で使うことです。

 

あのスプリットステップ、にも弱点はある

 

1.スプリットステップ、の基本を確認しよう

相手が打つ瞬間に、軽くジャンプして両足で着地。

その反動を使って前後左右への反応を早くする、テニス以外のスポーツでもよく使われるステップですよね。

このフットワーク、確かに基本です。

ただ待っているよりも、反応は早く出来るし身体のリズムも取りやすい。

でも、致命的な弱点・・・と言いますか、カバー出来ないことがあります。

それは、ジャンプしてしまう、ということで生じる「隙」です。

 

2.例えば、ダブルスのポーチで考えてみよう

例えば、ダブルスの前衛のポーチで考えてみましょう。

私が見ていると、ポーチに出れない前衛ってスプリットステップばっかりなんですよ。

要は、相手が打つ瞬間にジャンプ、する癖が付いている。

相手の後衛がまさに打つ、その少し前の瞬間に、本来ポーチに出るなら自分が動いていないといけない。

ステップする為にジャンプ、してしまうともう動けない、空中移動は出来ないですからね。

結局、ステップしても自分が触れる範囲、以外のボールは触れない。

どうでしょう、みなさんイメージ出来ますか?

 

3.思い切った動き、にスプリットステップは足かせになる

ポーチもそうですが、思い切った動き、予測をして先回りするときに、足かせになる。

相手が攻撃してきて、もうどうしようもない・・・ような時って、みなさんどうしますか?

私なら、スプリットステップを捨てて、どちらかに張って走る。

予測が外れたら仕方ないですけど、その場でジャンプするよりも、守備範囲は広く出来ると思っています。

そうじゃないと、強い相手はしっかりコーナーにコントロールしてきますからね。

 

4.自分の周りに来る、とイメージ出来たらスプリットステップ

これがまず、使い方の基本です。

自分の近く、触れる範囲に飛んで来る可能性が高いなら、スプリットステップは有効。

でも、試合ではそんなボールばっかりじゃないですよね。

ステップ、その場でジャンプしてばかりでは、強い相手には勝てない。

逆に空中に浮いてしまうことで、自分の行動を制限してしまうこと、が起きてしまう。

このことを理解しておくだけでも、かなり違うと私は思いますよ。

 

テニスの基本、にはいつも裏があります。

基本は大事だけど、ある意味「誰もがやっている」から怖いんですよね。

時に破り、離れてみる。

そしてまた使ってみると、景色が全然変わって見えるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス 調子

    フットワーク

    ストロークの反応が遅い人は、相手が打った瞬間にバウンド地点を予測しよう

    ストロークの反応が遅い人、恐らく「判断」が遅い。その判断って、…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

    浅いボールを処理して、さぁ次!と思ったら・・・簡単に抜かれてし…

  3. テニス 守備

    フットワーク

    ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法

    相手がボレーをミス、ストロークをミス、した時。ネットにかかって…

  4. テニス フットワーク
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスの試合で「ボールへの反応を速くしたい!」と思う人に贈る4つのヒント

    試合で相手のボールに対して「反応が速い人」と「遅い人」がいます。…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    西岡選手は自分の武器であるフットワークを、「小さなテイクバック」で活かしている

    「フットワークは、自分の武器です!」と、言い切れる人はきっと足…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本
  3. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない
  4. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説
  5. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない
PAGE TOP