テニス チャンス

戦術

4ゲーム1セット、3セットマッチをやってみよう

どうも試合に慣れない、練習はマンネリ化している。

こういうみなさんに、オススメの練習試合形式があります。

みなさんも、いずれは3セットマッチ、を戦っていくことになるはず。

そのために、必要な準備は今のうちから進めておきましょう。

それに、1セットマッチに向けても良いトレーニングになるはずですよ。

 

4ゲームマッチ、3セットマッチをやってみよう

 


 

1.やり方は簡単!

いつもの1セットマッチを、3セットマッチにします。

ただし、4ゲームマッチ(3-3タイブレーク)で行う。

これの目的は、まずセットを取る、という意識を簡単に高めることが出来る点。

セットポイント=マッチポイント、のような試合がほとんどじゃないですか、実際の試合では。

でも、この形式なら違う。

緊張感のあるポイントを、最低2回は経験出来ます。

ファイナルセットに入れば、3回経験出来る。

試合慣れしている人って、マッチポイントやセットポイントに慣れている。

だから、この3セット形式でトレーニングを積むこと、が大事なんです。

 

2.タイブレークにも、慣れることが出来る

もう一つ、試合に強い人はタイブレークに強い。

でも、なかなか練習試合で6-6でタイブレークに入るってこと、無いと思いませんか?

でもこの4ゲームマッチ形式なら、3-3でタイブレ―クに突入します。

つまり、経験出来る回数がグッと増える。

ただタイブレークをやるだけでは、流れの中からの練習にならない。

3-3からタイブレークに入るのって、本当に良い練習になりますよ。

普段の練習試合から、タイブレークを多く経験することで、戦い方も身に付いてくるんです。

 

3.近い将来、に備えよう

みなさんが試合に勝ち続ければ、3セットマッチが待っています。

これを、しっかり受け入れて準備すること。

「まだまだ自分には先の話」と思っている人に、その未来はやって来ません。

小さいこと、そして4ゲームマッチですが「自分は準備して来たんだ」と思えれば、それは強さに変わる。

他の人と差を付けている、と自信を持って良い。

近い将来に備えて、今から準備しておいて損はありません。

それに、繰り返しますがこれは1セットマッチへの準備でもあるんです。

 

4.「先行癖」を身に付ければ、勝てる

4ゲームマッチですから、先行しないと辛い。

すぐに負け、セットを落とすことになります。

ですから、この形式で試合を続けていると「先行する癖」が身に付くんです。

最初のサービスゲーム、は絶対に落とせない。

出来れば、最初のリターンゲームでブレイクしたい。

そういう考えが自然に養われますし、1セットマッチでもこれは重要なこと。

スロースターターは、危険なんだと理解出来るはず。

結局テニスは、こういうところに気付いた人が強い、試合に勝っているだけなんです。

 

試合運び、ゲームメイクが上手くなる。

ためには大胆に試合形式を変えてみるのも有り、です。

少し試合時間は長くなりますが、マンネリ化しているメンバーでは良い刺激になりますよ。

ファイナルセットを戦う、という雰囲気もまた違いますしね。

人数が少ない時には、ぜひ練習試合で試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    相手の打ちそうなボール、イメージ出来てる?

    テニスって、何が面白いって・・・打って来る人みんな、2人と同じボールは…

  2. テニス シューズ

    戦術

    迷ったら強気、と試合前に決めておくこと

    どんなに準備しても、試合の現場では迷います。だからこそ、試合は…

  3. テニス ストローク

    戦術

    相手の攻撃を、コースで反撃する発想を

    テニスの試合で、良い守備から反撃していく。これは、難しいことで…

  4. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う

    ふと昨日、テレビを観ていた中で感じたこと。自分のプロフィール写…

  5. 戦術

    パフォーマンス目標、をクリア出来ているか?

    みなさんが試合に出て、テニスをする。当然、そこには結果が伴い…

  6. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という選択肢が有効

    試合の中で、こういう相手は結構多い。相手の攻撃を、「反撃する」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    練習メニュー

    シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー
  2. 戦術

    試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる
  3. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる
  4. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
  5. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
PAGE TOP