テニス ルール

戦術

「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

1セットマッチ、6ゲームオールになってタイブレークに突入。

したときに、アナタはいつもどんなことを意識しますか?

よく私たちの中でも議論になるのですが、攻撃的にいく、守備的にいく、色々タイプが分かれるようです。

今回はベースとなる作戦、その考え方について書いてみたいと思います。

 

「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

 


 

■はっきりした作戦は、事前に決めておこう

大事なのは、攻撃的にいくにせよ守備的にいくにせよ、自分の中ではっきりさせておくこと。

それは、試合前から自分の中で確認しておくことが大事です。

タイブレークになってから考える、のではなくて試合前から準備して、シミュレーションしておきましょう。

そうすることで、いざタイブレークに入っても落ち着いてプレー出来るはずです。

 

■私が得意にしていたのは、守備的に入って攻撃的に変化させていくパターン

私はタイブレークで、まず守備的に入る。

相手に対して、「確実に返球してくるようになったな・・・」という意識を、強く植え付けさせる。

そのまま2-2、3-3くらいのペースでスコアが進み、その後に急に攻撃的なプレーに変えていく。

つないでくる相手と安心した相手に、いきなりサーブ&ボレーを試みたり、ダウンザラインに早めに展開する。

この変化が、結構相手に効いて焦ってミスしてくれたりする。

皆さんにも、オススメの作成の一つです。

ですがもちろん、逆もあると思います。

序盤に積極的に仕掛けて、後半はその貯金を活かして守備的にいく・・・という感じですね。

アナタはどんな作戦、準備しておきますか?

 

■攻撃的、守備的なプレーでも、ベースとなるのは確率論

タイブレークまで入る、ということはそこまでも長い試合になっている。

タイブレークに入る前に、一旦整理しましょう。

自分がポイントを獲れているパターン、獲られているパターン、これをどう事前に考えた作戦に当てはめていくか。

ベースとなるのは確率論です。

タイブレークは短期決戦、緊張していたらアッという間に終わってしまう。

ダブルフォルトが多いのであればファーストを入れる、ネットミスが多いのであればボールの軌道を上げる、確率的に失点するパターンをつぶしていきましょう。

それだけで、自然にタイブレークの勝率は上がるはずです。

 

タイブレークで勝率を上げることは、まず恐れないこと。

タイブレークは、好きになればなるほど、勝てるようになります。

独特な雰囲気、楽しめるように経験を積みましょう。

「タイブレになれば、勝てる!」と思えるくらい、自分で暗示をかけてみるのも良いですね。

運では無い、何か自分で勝てる法則、模索していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    戦術

    目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく

    何度か記事で書いてきましたが、テニスはポジショニング勝負。それ…

  2. テニス 不安

    戦術

    アナタ自身が楽しいと思えること、にテニスも未来がある

    試合に出てばかりだと、どうしても忘れがちなこと。それは、テニス…

  3. テニス 練習

    戦術

    「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

    試合に勝てない、なかなか上のステージにいけない人の思考の典型例。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法

    試合の調子には波がある。誰でもそうですが、試合に強い人はその波…

  5. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

    良いショットを打って、すぐに安心してしまう人。これ、結構多いで…

  6. テニス チャンス

    戦術

    実力ありきの作戦、だけでは勝てない

    実際に、試合に勝ちたいなら・・・。準備する作戦、を変えていかな…

特集記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる…
  2. テニス 緊張

    戦術

    いつの間にか、相手を助けるテニスになってない?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?
  4. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習…
  5. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係…
PAGE TOP