テニス メンタル

サーブ

サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている

サーブの調子が悪い時。

それには、共通点があります。

その共通点を理解していれば、必ず改善出来る。

落ち着いて試合でも修正出来れば、負け試合を拾えますよ。

 

サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている

 


 

1.まず、せっかちになっているはず

とにかく早く、サービスゲームを終えたい。

サーブを打っているのが嫌だから、早く次のゲームにいきたいと思ってますよね。

こういうせっかちな状態では、当然キープも難しくなる。

どんなにせっかちにゲームを進めても、ポイントは1ポイントずつしか進まないですから。

ファーストサーブを入れていった方が、絶対に打つ回数も少なくて楽なはず。

せっかちになっている自分に気付いたら、進行のペースを落としましょう。

深呼吸して、一旦間を空けてみる。

それくらいの余裕があれば大丈夫です。

 

2.トスの精度が悪くなっている

せっかちになれば、トスも乱れる。

サーブのトスの乱れって、心の乱れそのものなんです。

だから、精度が低くなってしまってサーブの安定感が低下する。

トスが悪くても、「良いか・・・もう」という感じで、打ってしまうんですよね。

これはもう、危険な状態です。

自分のトスは、やり直しても良い。

せっかちになって打っている自分に気付かないと、サーブは修正出来ないですよ。

 

3.相手のリターンに、プレッシャーを受けている

強い相手、リターンが上手い相手だと・・・調子、どうですか?

どこかでビビってしまっているので、力が入っている。

サーブの調子を乱すケースが多いのが、テニスの試合です。

相手のリターンがどんなに強力でも、まずサーブが入らないと試合にならない。

それに、ファーストサーブがしっかり入れば大丈夫。

強い相手でも、そこまで良いリターンは入らないですよ。

ほとんどが、アナタ自身の自滅なはず。

サーブの調子が悪いときには、相手を意識し過ぎている。

そう気付ければ、まだ挽回出来ます!

 

4.それでも、調子が上がらないなら・・・

私はある秘策、を用意してます。

それは、サーブを打つ位置を変えるということ。

オーバーフォルトが多いなら、ベースラインから30cmくらい下がって打つ。

センターよりも少しだけワイド寄りに立って、まずは入れることを最優先する。

決して良い作戦ではないですが、どうしても入らないならこれくらいハッキリ対策を取っても良い。

ネットから離れるので、多少大き目に打っても入る軌道になります。

ちょっとした工夫で、「大丈夫、入るはず」と思えるうような工夫。

大事だと思いませんか?

 

サーブの調子が悪いなら、やることは明確。

実はシンプルに、ちょっとした修正を入れるだけで試合の現場で改善出来るはず。

せっかちにならないこと、ちょっとした工夫を用意して相手にプレッシャーを意識し過ぎないこと。

これだけで、かなり変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

    プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多くあ…

  2. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて

    この前ふと、プロ野球のピッチャーの投球練習を観ていて気付いたことが。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうにも安定しない・・・」大事な試合で入らなくなったときの緊急対応策5つ

    大事な試合こそ、セカンドサーブの精度が試合を分ける。学生や一般…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    試合で使える良いサーブとは、リターンのコースを限定出来るサーブです

    「良いサーブを打ちたい!」と、誰もが口にする。でも、アナタ自身…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブの練習量、絶対的に足りないのは明らか

    「何が一番、練習で足りないのか」悩んでいる人。まず、セカンドサ…

  6. テニス ストローク

    サーブ

    フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る

    試合の中で、サーブが入らないと・・・みなさんどうですか。もう、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    その他

    テニスの試合では、「ミスは責めないで、プロセスを責める」ことで失敗を繰り返さない…
  2. メンタル

    リードしている側が苦しい、のがテニスの試合です
  3. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効…
  4. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません
  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れ…
PAGE TOP