テニス ボレー

ボレー

ネットにド詰めの相手には、正面アタック!

ダブルスの試合では、ものすごく前に詰めて来る相手、もいます。

男性では結構多いですかね。

ロブを打たれても気にしない、下がる自信がある選手は、すごく良い作戦だと思います。

相手にした時に、アナタ自身がどうするのか。

基本はコレ、でいきましょう。

 

ネットにド詰めの相手には、正面アタック!

 


 

1.相手の正面を突く、という勇気を持とう

試合ですから、ネットを挟んだ相手は敵。

正面を突いて、攻撃していく姿勢が大事です。

もちろん、顔を狙ってはマナー違反ですし、そもそもアウトしてしまう。

狙うのは腰くらいの高さ、がベストでしょう。

ここの正面は、ネットに詰めた相手にはすごく有効です。

 

2.返球し辛いし、メンタルも折れる

ネットに詰めて来る相手は、調子に乗らせてはいけない。

相手にビビっていない、プレッシャーを感じていないことを示していかないとダメです。

正面を突いて、しっかり戦う姿勢を見せる。

身体の正面は返球し辛い、というのもありますが、やはりメンタルを折るのも狙いの一つ。

そう簡単に、ド詰めは出来なくなりますからね。

正面を突かれると、やはり後に引きずるものなんです、人間ですから。

そうやって50cmでも、下がってくれれば作戦成功です。

 

3.ネットに出て来る相手を、避けてはいけない

こういうプレーは、相手を調子付かせます。

ネットに詰める、ド詰めされたときに、避けていては戦えない。

消極的なロブを上げたり、無理にパッシングショットを強打したり・・・は、一番まずいパターン。

正面を突く、8割くらいの力で充分です。

返ってきたボールで、更に攻めれば良い。

ネットに出て来た相手、「よし、来たな!」くらいで迎え撃ちましょう。

その心意気、が大事ですよ。

 

4.低く速く、打ち抜けるボールを

フラット気味に、低く速く打つ突き球。

これを打てるように、練習しておきましょう。

沈めるような回転、ここでは要りません。

フラット気味で、直線的なボールで良い。

これをしっかり、沈めるボールと打ち分ける意識が大事ですね。

みなさんのストロークの、どこを変えるのか。

グリップ、打点、スウィング、ぜひ整理してみて下さい。

 

相手の正面を突いていく勇気、試合では必要です。

ボレーが苦手な人ほど、ハッタリのド詰めで威嚇してくることも多いですから。

私も、そうでした。

正面を突いて、化けの皮を剥いでやるくらいの意気込みでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. ボレー

    やっと届いたハイボレー、逆クロスにしか打てないはず

    相手のロブが良い、手を伸ばしてやっと届いた時・・・コースはどうでしょう…

  2. ボレー

    バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

    試合をしていて、気が付けば自分のポジションがおかしい・・・という人。…

  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケースがほとんど

    ネットプレーは状況によって求められるものが大きく違う。特にシン…

  4. テニス 打点

    ボレー

    ボレーは意外と、身体の近くばっかり

    ダブルスの試合に出ていると、自然とボレーする機会も増えます。…

  5. テニス 技術

    ボレー

    バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう

    バックハンドボレーのコントロール、悩んでいる方も多いでしょう。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考えてみる

    せっかくチャンスボールをネット近くでボレーしようと思っても、どうしても…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!
  4. 練習メニュー

    「動く練習と緊張する練習」テニスの試合で活きる緊張感が練習では大切!
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを…
PAGE TOP