ボレー

テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4つ

ネットプレーの中で難しい技術の一つに、「身体の正面にきたボールをボレーする」というのがあります。

特にテニスを初めて1年くらいで、ようやくボレーも返るようになってきたかな・・・という人は、まずこの壁にぶち当たってしまいますよね。

試合では相手も意図的に狙ってくるこのボディのショット、しっかり返球できれば自信もついて試合でもネットプレーを増やすことができます。

ちょっとしたコツを、まとめてみました。

 

テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4つ

 


 

1.基本はバックハンドで準備しておく

正面のボールは、バックハンドボレーでの返球が基本です。

構えの態勢から、ラケット面はバックハンド側を相手に向けた状態で構えるようにしましょう。

あとは、身体とラケットの距離ですが、結構遠い方が多いように思います。

イメージとしてはボール2個分くらい離れていれば充分。

離れ過ぎていると打点が前になり過ぎて、コントロールできなくなってしまいます。

 

2.上半身をのけぞるようにすると、ラケット面が上を向いてくれる

ボレーのコツとして、しっかりスライス回転をかけると軌道が安定します。

ラケット面は少し上向きを意識して作って構えるようにして、正面にきたと思ったら上半身を少しのけぞるようにすると返球しやすいです。

その際にコツとしては、上半身に少し捻りを加えて「バックハンドボレー」に近い形を瞬間的に作ってあげること。

返球するボールの軌道は山なりでOK。

まずは相手に深く返して、攻撃されないレベルの処理をできるようにしましょう。

 

3.正面に飛んでくるボールが遅ければフォアボレーで回り込み!

相手のボールが遅い、自分が動けると感じたら、迷わずフォアボレーで回り込む意識を持ちましょう。

右利きの方であれば左肩を前に出して、横向きを相手に見せつけてコースを隠します。

フットワークもしっかり使いましょう。

下半身は横に逃がしてあげるように、クロスステップを使えばより効率的にボールに入ることができます。

言葉で説明を聞いただけでは難しいと思いますが、試行錯誤して試してみて下さい。

このフットワークを覚えると、ネットプレーでのポイント奪取率が格段に上がります!

 

4.「ボールは身体の正面にくるもの」と思ってテニスの練習を

あらゆるボールスポーツは、人の身体に向かってボールが飛んでいく機会が多い。

相手からすると、対象としてアナタの存在を意識するだけで、狙っていなくともそこに自然に打つことが多くなるのです。

もちろん、意図的に狙うケースもテニスの試合では多々あります。

普段の練習から、「身体の正面に何球か打って欲しい」と、ボレー対ストロークの練習のときに声をかけてみて下さい。

打つ方も試合で狙う良い練習になりますし、返球する方も積み重ねれば身体が勝手に反応してくれるようになるはずです。

 

上のレベルのテニスの試合になると、正面のスピードボールは返球するのがやっとなケースも多いです。

脚を動かす時間も無いので、ノーステップでラケット面を合わせるだけ・・・というのが、現実的でしょう。

普段のボレーボレー、ボレー対ストロークの中で、「速いボールを相手の正面に打つ」という習慣は、必ず入れるようにしましょう。

女性の方も、顔に当たらないよう注意すれば大丈夫。

お互いが良い緊張感を持って、難しい技術は習得できるような環境を創っていけると良いですね!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「とにかく難しい・・・」両手のバックバンドボレーに悩む人へ5つの改善ヒント

    硬式テニスで特に難しいのが、バックボレー。女性であれば、両手で…

  2. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?

    ダブルスの試合で、リターンを前衛が誘う。昨日のミーティングでも…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ちで

    ドライブボレーは、一昔前まで一部の選手だけが使う武器でした。そ…

  4. ボレー

    ダブルスの試合で、力が入るとつい「コースが空いているのに相手にぶつける」ボレーになってはいませんか?…

    テニスにおいて、「視野が広い人、狭い人」の差が出る場面が試合では多くあ…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

    深いボレー、浅いボレー。この打ち分けを、腕の力だけで行ってはい…

  6. ボレー

    ネットプレーでミドルボレーが安定しない人は、「フォロースルーの位置を上げる」だけで、格段にレベルが上…

    ボレーのレベル、ネットプレーが得意かどうかは、「ミドルボレー」を観れば…

特集記事

  1. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスを組み慣れていない、初めての人とはどういう作戦でいく?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    前衛で動きまくった後は、「動かないこと」が最高のフェイントになる
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップのコツ」をつかめばサーブはもっと良くなる!テニスの試合で使えるサーブ…
  4. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「ゲームカウント4-4からこそ、自分が活躍できる時間!」と思える為に、テニスの試…
PAGE TOP