サーブ

ポジションに着く前に、トスアップ練習を

サーブのトスアップの重要性。

これを感じている人は、本当に試合に真剣に出ている人でしょう。

試合でのサーブのトスアップ、これが安定しないから勝てない、負けてしまうというケースも少なく無いはず。

試合会場で、試合の現場で何か策は無いのか。

単純なことですが、私はコレを結構意識してやっています。

 

ポジションに着く前に、トスアップ練習を

 


 

1.トスアップの練習、何回でもやる

試合会場で、トスアップの練習。

これ、何回でもやりましょう。

家やスクールでやっていても、それは別会場ですし、屋内で風が無いかもしれない。

屋外なら太陽の眩しさ、半端じゃないですからね。

実際にその試合会場で、トスアップを練習する。

これは、テニス選手として絶対に必要なこと、です。

 

2.トスアップ練習用のボールを1つ、バッグの中に

しっかり入れておきましょう。

それも、試合で使う感覚に合わせる為にニューボール、を一つ入れておく。

そして、試合会場に到着したら、トスアップも練習する。

自分の試合が始まる前に、10回以上は練習しておきましょう。

その会場の風向きや太陽の位置、雰囲気を感じながら。

これをやっておくだけで、実際の試合に入った時の感覚はかなり違うはず。

大事なウォーミングアップ、ですよ。

 

3.試合が始まっても、練習は続く

試合が始まっても、練習機会はまだまだあります。

試合前のサーブ練習、必ずトスアップも練習しましょう。

この時のポイントは、実際にサーブを打つ前ではなく、合間で練習すること。

サーブのポジションに入ったら相手も構えますから、そこで何度もやり直ししているとマナー違反ですよね。

歩いている時、ふと待っている時にボールを持っていたら、トスアップ練習。

ただ上に上げる回数を増やすだけ、でも感覚は養えます。

自分がボールを持っている瞬間は、絶対に無駄にしないことが大事です。

 

4.自分のサービスゲームになったら・・・

この時も、合間を見てボールを上に上げる。

これをポイント間にも繰り返すことが大事です。

繰り返しますが、実際にサーブを打つ前にトスをやり直していると、リズムが悪くなる。

相手に気も遣いますし、グダグダになります。

サーブのポジションに入る前、にポンポンとボールを上に上げてみる。

こういう練習をさりげなく、ポイント間にやってみましょう。

きっと、トスアップの安定感は、抜群に良くなるはずですよ。

 

トスアップの練習、を試合会場でどう作るのか。

意外と、みなさん考えてないんですよね。

実際の試合のサーブの前に練習するだけ、では自分を苦しめるだけ。

もっと癖にして、普段からトスアップしてみましょうよ。

それこそ、歩きながら、誰かとしゃべりながら・・・でも良いと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. サーブ

    ボールを下に突く、のにもコツがある

    サーブを打つ前に、ボールを下に突く。この何気ない動作、みなさん…

  2. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  3. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

    「なかなかサーブが上達しません・・・」というお悩みの声を、アン…

  4. サーブ

    サーブとリターン、両方入ると信じ抜くことが大事

    サーブとリターン、テニスはこのショットから始まる。どんなに良…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」を付けよう

    試合の序盤のサービスゲーム、どんなところに気を付けていますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで
  2. ダブルス

    前衛にバランス、求めないで良い
  3. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!
  4. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの…
  5. テニス メンタル

    テニス知識

    「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になる
PAGE TOP