ダブルス

横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある

ダブルスの試合で、相手のどこを狙うのか。

基本的には、穴は3つあると思って良いでしょう。

どんなにバランスの良い陣形でも、人が2人立っていること、に変わりはありませんからね。

正しく穴を理解出来れば、試合は楽に戦えます。

今回は、横軸、で見ていきましょう。

 

横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある

 


 

1.右、左、センターの3か所

ダブルスの試合、相手を確認すると・・・。

空いているスペース、が見えて来ますよね。

横軸で考えると、2人の左側、そして真ん中、右側。

「当たり前じゃないか、そんなの」と思うかも知れませんが、この基本は大事ですよ。

私たちは、つい相手2人の両サイド左か右ばかりを狙ってしまいがち。

でも、真ん中も空いているんだと思えたらすごく楽になる。

どんな戦術でも、陣形でも、穴を無くすなんて出来ない訳ですから。

 

2.いない場所に打たないと、攻撃じゃない

あるレベルを越えたら、ダブルスもいない場所をお互いに狙い合う。

ただつないでいるだけ、では決まらないし得点出来ないですからね。

左か右か、真ん中か。

この狙いをしっかり作っていくこと、が試合では大事になります。

相手のいない場所に打つ、その場所はどこなのかを知ること。

全ては、そこから始まります。

 

3.当然、相手は警戒しているから・・・?

なかなか一発、では決まりません。

立っていない場所、に打たれるのが試合ですからね。

相手は警戒しているし、簡単に一発では決まらないでしょう。

ここで、慌てる必要はありません。

3か所あるダブルスの穴、を突いて、そこで返球されることも想定内。

大事なのは、その次にどう展開していくか、です。

ナイスな守備で反撃されても、気にしない、落ち込まない。

攻め切ること、が大事です。

 

4.意識させて、仕留める

私がよく使うのは、センターを意識させてサイドで決める、という基本。

とにかく相手2人の真ん中を突いて、寄せて、その後に両サイド、左か右を使う。

センターは、決める必要無いですからね。

相手に意識させる、のが大事。

意識させておいて、仕留める、それも3球目くらいで良い。

3つ穴があるので、相手も全てを守ることは出来ないですから。

まず、攻撃のスタンスとして自信を持ちましょう。

相手の穴は3つあるから、焦る必要は無いんだ、と

これだけで、だいぶ違うと思いますよ。

 

ダブルスで相手のどこを狙うのか。

結構曖昧になってる感じじゃないでしょうか?

いない場所、を正確に突いていく、意識させていく。

3つの穴、正確に突いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

    ダブルスの並行陣の戦術を実行していくときに、何となくで最初のファースト…

  3. テニス スマッシュ

    ダブルス

    相手が深いボールをストロークで凌ぐときには、「基本はクロス」と決めてポーチに出よう

    ダブルスの試合、上手くラリーの中から前衛が動く。こういうポイン…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせて崩そう!

    私が学生時代に経験して、衝撃だったこと。それは、体育会テニス部…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「相手の速いストロークに対抗する守備力」を養うには、空間を大きく使う意識が大事で…
  3. 日々の雑記

    「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない
  4. テニス フットワーク

    ボレー

    つなぐボレー、を脱却したい方へ
  5. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について
PAGE TOP