ダブルス

横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある

ダブルスの試合で、相手のどこを狙うのか。

基本的には、穴は3つあると思って良いでしょう。

どんなにバランスの良い陣形でも、人が2人立っていること、に変わりはありませんからね。

正しく穴を理解出来れば、試合は楽に戦えます。

今回は、横軸、で見ていきましょう。

 

横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある

 


 

1.右、左、センターの3か所

ダブルスの試合、相手を確認すると・・・。

空いているスペース、が見えて来ますよね。

横軸で考えると、2人の左側、そして真ん中、右側。

「当たり前じゃないか、そんなの」と思うかも知れませんが、この基本は大事ですよ。

私たちは、つい相手2人の両サイド左か右ばかりを狙ってしまいがち。

でも、真ん中も空いているんだと思えたらすごく楽になる。

どんな戦術でも、陣形でも、穴を無くすなんて出来ない訳ですから。

 

2.いない場所に打たないと、攻撃じゃない

あるレベルを越えたら、ダブルスもいない場所をお互いに狙い合う。

ただつないでいるだけ、では決まらないし得点出来ないですからね。

左か右か、真ん中か。

この狙いをしっかり作っていくこと、が試合では大事になります。

相手のいない場所に打つ、その場所はどこなのかを知ること。

全ては、そこから始まります。

 

3.当然、相手は警戒しているから・・・?

なかなか一発、では決まりません。

立っていない場所、に打たれるのが試合ですからね。

相手は警戒しているし、簡単に一発では決まらないでしょう。

ここで、慌てる必要はありません。

3か所あるダブルスの穴、を突いて、そこで返球されることも想定内。

大事なのは、その次にどう展開していくか、です。

ナイスな守備で反撃されても、気にしない、落ち込まない。

攻め切ること、が大事です。

 

4.意識させて、仕留める

私がよく使うのは、センターを意識させてサイドで決める、という基本。

とにかく相手2人の真ん中を突いて、寄せて、その後に両サイド、左か右を使う。

センターは、決める必要無いですからね。

相手に意識させる、のが大事。

意識させておいて、仕留める、それも3球目くらいで良い。

3つ穴があるので、相手も全てを守ることは出来ないですから。

まず、攻撃のスタンスとして自信を持ちましょう。

相手の穴は3つあるから、焦る必要は無いんだ、と

これだけで、だいぶ違うと思いますよ。

 

ダブルスで相手のどこを狙うのか。

結構曖昧になってる感じじゃないでしょうか?

いない場所、を正確に突いていく、意識させていく。

3つの穴、正確に突いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから考えてみる

    ダブルスペアは、どういう組み合わせが効果的なのか?これについて…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思っておいた方が良い

    ダブルスの試合で、非常に難しい部分。前衛がポーチに出たけど・・…

  3. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線

    最近の男子ダブルス、学生や一般のトップレベルの試合を観て、感じること。…

  4. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

    雁行陣主体のダブルスで、有効な「前衛の頭上を抜く」ストレートロブ。…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚えよう

    ダブルスの試合で、よく前衛がサーバーにサインを出しているケース、ありま…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

    ダブルスの試合、強くなっていくには何が必要か。せっかくコート上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスペアとして強くなりたいなら、摩擦を恐れてはいけない
  2. テニス 練習

    戦術

    相手のミスがこのまま続く、とは思わないこと
  3. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
  4. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がり…
PAGE TOP