ダブルス

ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

ダブルスの試合、どうしても手が無いような時。

試合で勝ちたい、だけど相手が強い。

自分たちのペアで特徴を把握し合っているなら、こんな作戦はどうでしょう。

相手を、脅かしてやろうじゃありませんか。

試合の流れは、自分たちで変えていかないと。

私の経験上、これは結構使えますよ。

 

ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

 


 

1.サーブ側で、逆陣形を作る

赤側、がサーブ側です。

アナタ自身が、サーブを打つ時には大体、こんな感じのポジション↓ですよね。

そこをあえて、前衛が下がっておく。

サーブ側ですが、2人ともベースラインからスタートします。

この時点で、相手は?という感じですよね。

まず、動揺してもらう。

そして、更にサーブを打った選手が前に出る、サーブ&ボレーでポジションを前にします。

↓サーブを打ったら・・・。

前に出ます、サーブ&ボレー。

本来前衛の選手が、後衛になる感じですね。

これで、いきなり逆陣形の完成!

どうでしょう、リターン側からすると・・・「え!?何?」という感じだと思いますよ。

 

2.逆陣形の狙いとは?

この作戦の狙い、まずは相手をかく乱すること。

そしてもう一つは、自分たちの得意なポジションでプレーする、ということです。

リターンの相手は、普通はクロスにリターンしますが、この場合はストレートに打つことが多くなる。

慌てて逃げてくれるんです。

ですので、逆陣形からのストレートラリー、が開始される。

これが、赤側のペアの狙いです。

実は、このサーブ側のパートナーはストロークが得意、ボレーはイマイチ。

ですので、ストローク戦に持ち込めば、勝機がある。

相手も見慣れない陣形に戸惑い、ストロークは甘くなるでしょう。

そこで一気に、攻勢に出ることが出来る、のがこの戦術の魅力です。

 

3.テニスはポジションを選べる、ダブルスも!

サーブを打つ選手は、ボレーが得意。

そのパートナーは、ストロークが得意。

という大前提、がこの戦術の背景にあります。

だから、あえての陣形を作る。

固定概念を取っ払って、陣形を新しく作る。

もしクロスに沈められても、ボレーが得意なら何とかなる。

ボレーが苦手なパートナーに、無理にネット近くに立ってもらうこと、もありません。

大事なのは、選べるということ。

自分たちの意志で、自分たちの決断でプレーすること。

もちろん、この陣形の泣き所はクロスロブ、ショートクロス、色々あります。

でも、やってみる価値はあると思いますよ。

ダブルスは、まだまだ色々出来ますから。

 

何が良いのか、やってみないと分からない。

私自身、このパターンで試合の流れを何度も変えて来ました。

ストロークが好きなペアがいると、こういう戦い方も出来ます。

凸凹ペア、良いじゃないですか。

しっかり武器を、活かせる戦い方でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    サインプレー、はリズムを作る為に必要

    サインプレーって、ハードルが高い。ダブルスの試合で試してみたい…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?

    ダブルスの雁行陣で、ひたすらストロークをつないで粘るペア、戦った経験が…

  4. ダブルス

    後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう

    ダブルスの試合、後衛でプレーしている時に、味方の前衛がよく目に入ります…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?

    ダブルスの前衛のポジション、ただ前にいれば良いと思っていませんか?…

  6. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要

    ダブルスの戦いは、いかに効率的に戦うか、前衛が活躍出来るか。こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    「一般のテニスの試合に出て恥をかかない」為に、学生の皆さんに身に付けておいて欲し…
  2. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと
  3. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニス部の練習メニューは、慣れてきたら意味が無い」常に変化を楽しめるチームが、…
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、最悪キレても良いけど音はバレないようにね
PAGE TOP