テニス ガット

その他

テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう

テニスの痙攣と言えば、脚。

真夏の試合では、しっかりケアしていても全国で痙攣で棄権していく選手が多いですよね。

でも、見落とされがちですが、痙攣するのは下半身だけじゃない。

腕、だって疲労を溜めて、プルプルして来ますから。

必要なのは、「温存」という発想です。

 

テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう

 


 

1.力んでいる人は、コレですぐ分かる

私は相手を観察するとき、まず利き腕をチェックします。

それから、ポイント間の時間で、ラケットをどんな持ち方をしているのか、も見る。

そこで、すごく色々な発見があるんですよ。

右利きの方で、力みやすい人はずっと右手でラケットを握っている。

握りしめている。

ポイント間でも、利き腕で強く持っていないと不安なんでしょうね。

こういう人は、腕の消耗は当然激しい。

1日何試合もこなしていくと、後半には大きな差になっていると思いますよ。

 

2.ポイント間は、利き腕と逆の腕でスロートを持つ

ラケットのリラックスした持ち方、があるとしたら私はこれだと思います。

私は右利きですが、左手でラケットのスロート部分を持つ。

バックハンドも片手なので、左手は実際はほとんど消耗しない、ですから。

ポイント間には、なるべく左手でラケットを持つ。

たったこれだけ?と思うかも知れませんが、1日に4試合も5試合も重ねていくと、すごく差が出ます。

実際に打つ時にも、下側の指を使うのが基本。

利き腕の握力、無くなってきた経験は無いですか?

 

3.左手にスロート、が収まる場所

この持ち方、もっと大きなメリットがあります。

テニスの構え、に近いんですよね。

右利きの方が左手でラケットのスロート部分を持つのって、構えの時にラケットが収まる場所、じゃないですか。

常に普段から意識しておくと、試合の中でもパッと構えられるんです。

ラケットの三角形の部分、に左手を添える。

この速度、構え直しが、試合ではすごく大事ですからね。

ポイント間のリラックスしている場面から、習慣付けておくことをお勧めします。

 

4.みなさんには、「テニス体力」を身に付けて欲しい

私もそうですが、テニスならある程度、疲れない。

試合をやってもレッスンをしても、他の運動をやるよりは圧倒的に疲れない、と思いませんか?

もちろん、真夏の中での試合は消耗が激しいですが・・・それでも、同じ時間ランニングするよりは、テニスの試合の方がまだ楽でしょう。

これは、テニス体力が付いている証拠。

みなさんも、きっとそうだと思います。

テニスでは、どうやって体力を温存するのか、が自然に出来ていると思うんですよね。

ですので、偉そうに書きましたが今回のコツは、ほとんどの方が実践していることでしょう。

大事なことは、改めて。

試合に出始めたばかりの人は、こういうところから真似してみると良いと思います。

 

ちょっとしたことですが、腕が痙攣したら本当に試合が出来ない。

脚は動くのに、ラケットが握れないという人を、たくさん見て来ました。

やはり、握力の温存は、大事。

試合に勝ち上がるなら、1日の最後の試合に最高のパフォーマンス、が必要ですからね。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス 客観視

    その他

    自分に無かったもの、を得ることが出来るのが「試合」です

    大会に出て試合をするなら、当然勝ちたい。でも、勝ち続けて終わる…

  2. その他

    無限の負のループ、に気付こう

    私たちの周りは、常に繰り返し、で満ちている。このこと、に気付け…

  3. テニス メンタル

    その他

    「ラケットバッグの汚れ、どう落とす?」数か月に1回くらいはキレイにしましょう!

    学生の皆さんは、テニスの試合のときだけでなくもしかしたら通学もラケバと…

  4. その他

    「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解

    いつも頂くご意見の中で、分かれるのはテニスについて考える部分。…

  5. テニス 疲れ
  6. テニス メンタル

    その他

    「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ

    大会で、勝ち進んでいくということ。みなさんにとって、これは目指…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    「シングルスの試合で、体力が切れても粘り勝ちしたい!」ために必要な考え方4つ
  2. テニス 練習

    戦術

    相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない
  3. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準…
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る
  5. テニス 準備

    その他

    テニスの試合、「見ていて気持ちの良い選手」は、コードボールに対する振る舞いが秀逸…
PAGE TOP