テニス メンタル

リターン

リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。

「何の意味があるの?」とよく聞かれますが、これにはちゃんと意味がある。

リターンだけじゃなくても、使える意識、だと思いますので今回は書いてみたいと思います。

1.グリップ選びは、「包丁選び」

私は、こう考えています。

目の前の相手のボール、をどう料理していくのか。

それが肉か魚か、硬い野菜かも知れない・・・ときに、まずは「包丁」を選ばないといけない。

出刃包丁か、刺身包丁、果物ナイフ、それを選んでいくのが「グリップチョイス」なんです。

どんなグリップでも、パッと握って打てるように、常に緩く、そしていつでも形を決められるように準備しておく。

そのためには、ラケットをクルクル回すこと、がとても有効だと思います。

2.自分が欲しい「包丁」でピタッと止められるようになろう!

例えばサーブが厳しい、時にはパッとスライスに変更出来る。

そしてチャンスならパッとスピンを打つ厚いグリップに、出来る。

これが出来る選手は、色々な球種が打てるしオールラウンドなテニスが出来る。

リターンでも色々なサーブに、しっかり対応出来るでしょう。

グリップをガッチリ固めて待つのも一つの作戦ですが、それはかなり山を張った勝負に出る場面。

基本はクルクル、リラックスして回しながら待つくらいで良いでしょう。

リラックス効果もあると思いますよ。

3.じっと止まって待つのって、苦痛じゃない?

リターンのような緊張感のある場面、ジッ・・・と止まってまつの、きつくないですか?

私はより緊張してしまうので、軽く体を動かしている方が良い。

でも、足を動かしても手先が止まっていると結局堅いスウィングになって力んでしまいがち。

だからこそ、ラケットをクルクル回すようにして待つ、のがリラックス効果もあって有効。

何も考えない、無意識でも手先を動かしていると楽だしメンタルも安定する。

そう思って、少しアナタも回し始めてみませんか?

   

グリップを握るのは、本当に試合中はたまにで良い。

ずっと握っていると、握力も無くなってしまいますしね・・・。

クルクル回す、のにはこんな節約的な効果とリラックス効果、があると私は思っています。

ちょっとずつ、アナタもトライしてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

  2. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

  3. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

    リターンダッシュで、ネットを取る。サーブを打ち終えて安心してい…

  4. テニス ストローク

    リターン

    「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の考え方

    皆さんは、ダブルスで得意なサイドはありますか?組むペアによって…

  5. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」…

  6. リターン

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4つ

    ネットプレーが得意、またはこれから磨いていきたいという方にお勧めなの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニ…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を…
  3. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得
  4. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果…
  5. テニス知識

    寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
PAGE TOP