テニス 調子

ストローク

テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです

テニスのストロークで、攻守の切り替えが曖昧になっている人、いませんか?

守っているときと、攻撃していくとき。

どこをどう変えているのかを自分で説明できないと、いざ試合になったときにプレーに迷いが生じます。

今回は基本的な「攻守でのグリップの使い分け」について確認しておきましょう。

メリハリの効いたプレーの根源は、正しいグリップの使い分けから、です。

 

テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです

 


 

■グリップチェンジとは、料理で言う「包丁を変える」ようなもの

テニスではラケットを「どう握るか」で、攻守を切り替えます。

それはまさに、料理人が包丁を持ちかえるようなもの。

同じテニスラケットでも、その持ち方によって攻撃に適した武器にもなれば、守備的な盾にもなる。

この使い分けは、テニスの試合で勝つ為には必ず覚えておかなければならない、最低限の知識と技術になります。

 

■コンチネンタルグリップで守り、厚いウエスタングリップで攻撃していく

コンチネンタルグリップと呼ばれる、手のひらとラケット面がほぼ同じ向きになる持ち方は、守備に適している。

やっと届いたような遠いボールでも、スライス回転をかけて凌ぐことが出来るのが魅力。

そして凌いで浅いボール、チャンスが来たときにはグリップを「ウエスタングリップ」の厚い握りに持ち替えて、スピン系で攻撃していく。

まずはこの2種類が基本と考えて下さい。

「よく分からない・・・」という人は、まずスライスとスピン、2つの打ち分けの際のグリップチェンジから覚えましょう。

ショートラリーでも良いので、交互にスライス、スピンと打ってみるようにしてみて下さい。

いつでもパッと、グリップは自分で選んで選択できるようにしておくと、試合でメリハリが効いたプレーが出来るようになります。

 

■守備にも攻撃にも、「回転量」は絶対に必要

フラット系のショットも無くは無いですが、テニスの基本はスピンかスライスの回転量の多いショットが基本です。

攻撃的なスピンでは、バウンド後に伸びて相手の脅威になる。

守備的なスライスは滞空時間が長いので、自分が戻る時間を稼げる。

この2種類を使い分けて、時間を奪い合い、稼ぎ合う。

テニスの試合はこのせめぎ合いであることを、まずは理解しましょう。

 

攻撃的なスピンが得意な選手は多いのに、守備的なプレーが苦手。

こんな選手が、高校生や学生の選手に多く見受けられる。

少し遠い場所のストローク、1球スライスで粘れるだけで勝てる試合はかなり増えます。

意識して練習から、まめにグリップチェンジをして守備的なスライスも磨いておきましょう。

右利きの方であれば、スロートを持つ左手で、グリップをセットする。

料理人が包丁をセットするくらい、素早く正確に出来るように練習しましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

    相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいかない

    テニスを始めた当初、皆さん「ホームラン」に悩まされませんでしたか?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、「腕を真っ直ぐ」にすることでパワーアップ!

    最近、少しずつ「片手バックハンドストローク」の方が増えているように感じ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

    バックハンドストロークを両手で打っている方は、硬式テニスには多いはず。…

  5. テニス クレーコート
  6. ストローク

    「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせるコツ5つ

    現代テニスを大きく変えた技術の一つが、両手バックハンドストロークの威力…

特集記事

  1. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい
  2. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」とい…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    ストレスやプレッシャーは、アナタの味方です
  5. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基…
PAGE TOP