テニス 上達

練習メニュー

歯を磨くように、毎日5分トレーニングしよう

テニスを強くなるために、トレーニングを頑張りたい。

そう思っても、なかなか続かないですよね。

実際は、毎日不規則だし、忙しいし・・・と、つい言い訳してしまうアナタ。

こういう考え、で取り組めば楽に続きますよ。

 

歯を磨くように、毎日5分トレーニングしよう

 


 

1.歯を磨かないと、気持ち悪くて寝られない

ですよね?

この感覚、トレーニングにもすごく有効です。

何も、毎日数時間、厳しいことをやる必要は無い。

毎日歯を磨くように、寝る前に習慣的にトレーニングすれば良い。

「たったそれだけで、効果あるの?」と、思う方も多いでしょう。

間違いなく、あります。

継続すればするだけ、アナタの力になり、自信になる。

とにかく、「トレーニングしないと、気持ち悪くて寝られない」くらいまで、自分の身体をもっていくこと。

ここまでが、ちょっと面倒なだけです。

 

2.歯磨き中に、トレーニングでも良い

私はよく、学生時代にこれをやってました。

曜日でやることは変えますが、「歯磨きしながらトレーニング」を、毎日5分間。

スクワットから、足にチューブを挟んで伸ばす、腕で握力を鍛えるボールを握る。

たったの5分ですが、歯磨きとセットにしているから、忘れることは無い。

毎日、確実に続けるだけで、1年間経つと365×5分=1,825分、30時間以上のトレーニングになります。

寝る前に身体に刺激を与えることで、寝ている間に身体は出来る。

大した事、時間じゃないと思う方も多いでしょう。

でも、こういう小さいことの積み重ね、が大事なんですよね。

 

3.試合中に思い出す、歯磨きタイム

私は試合でも、よく思い出しましたよ。

「短い時間だけど、毎日トレーニングしてきたよな、俺は」と。

なかなか出来ることじゃないぞ、と。

もちろん、もっと厳しいトレーニングを課している選手は、いると思います。

でも、なかなか毎日実践している人は、少ないでしょう。

ですから、そこが自信になる。

毎日、5分でも続けていれば、試合の時に勇気づけられる。

これは、小さいですけど大きな差、になる部分だと思います。

 

4.継続でしか、人は強くなれない

継続は力なり、とよく言いますが、継続しか力にならないんです。

みなさんも、本気でテニスで結果を出したかったら、続けること。

何かをしっかり、短い時間で良いから続けること。

誰でも出来ること、を誰も出来ないくらい、続けてみることが大事なんです。

5分のトレーニングで、どんな効果があるのか。

それは、続けた人にしか分からない。

ほとんどの人は、やらないか、やってすぐに飽きて止める。

だからこそ、習慣化してしまえばチャンスはある。

アナタ自身の、目の前にチャンスはあるんです。

 

実際に、5分のトレーニングを考えるのも楽しいですよ。

歯磨きしながら、何が出来るのか。

考えて行動する、継続する癖、習慣作りにも私はオススメです。

5分の継続が出来ない人は、10分も30分も、当然出来ない。

結果的に、何も成し遂げられないで終わる。

この事実に、みなさんにはぜひ向き合って欲しいんです。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!

    「なかなか前衛が活躍出来ない、攻撃の形が無い」と悩んでいるチー…

  2. 練習メニュー

    試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い

    テニスの練習、部活やチーム、サークルで頑張っている皆さんは多いと思いま…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る

    皆さんの普段の習慣、当たり前だと思っていること。これは、なかな…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合中に怒る人、練習中に怒る人

    みなさんの周りに、こういう人はいないでしょうか?自分に対して…

  5. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    「センターセオリー」を体感したければ、一度センターストラップを外してみると良い

    普段、楽させてもらっている部分。これを外してみると、「やっぱり…

  6. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?

    練習の後半、試合形式でのポイント練習。私は学生時代、すごくこれ…

特集記事

  1. テニス テニスボール

    メンタル

    真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい
  2. テニス サーブ

    サーブ

    男性ならしっかり打てるようになりたい、「相手バックハンド側へキックするサーブ」を…
  3. テニス フットワーク

    スマッシュ

    スマッシュは無理なくバックハンド狙い、でちょうど良い
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で楽したければ、練習で苦しむしか無い
  5. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない
PAGE TOP