テニス 上達

練習メニュー

歯を磨くように、毎日5分トレーニングしよう

テニスを強くなるために、トレーニングを頑張りたい。

そう思っても、なかなか続かないですよね。

実際は、毎日不規則だし、忙しいし・・・と、つい言い訳してしまうアナタ。

こういう考え、で取り組めば楽に続きますよ。

 

歯を磨くように、毎日5分トレーニングしよう

 


 

1.歯を磨かないと、気持ち悪くて寝られない

ですよね?

この感覚、トレーニングにもすごく有効です。

何も、毎日数時間、厳しいことをやる必要は無い。

毎日歯を磨くように、寝る前に習慣的にトレーニングすれば良い。

「たったそれだけで、効果あるの?」と、思う方も多いでしょう。

間違いなく、あります。

継続すればするだけ、アナタの力になり、自信になる。

とにかく、「トレーニングしないと、気持ち悪くて寝られない」くらいまで、自分の身体をもっていくこと。

ここまでが、ちょっと面倒なだけです。

 

2.歯磨き中に、トレーニングでも良い

私はよく、学生時代にこれをやってました。

曜日でやることは変えますが、「歯磨きしながらトレーニング」を、毎日5分間。

スクワットから、足にチューブを挟んで伸ばす、腕で握力を鍛えるボールを握る。

たったの5分ですが、歯磨きとセットにしているから、忘れることは無い。

毎日、確実に続けるだけで、1年間経つと365×5分=1,825分、30時間以上のトレーニングになります。

寝る前に身体に刺激を与えることで、寝ている間に身体は出来る。

大した事、時間じゃないと思う方も多いでしょう。

でも、こういう小さいことの積み重ね、が大事なんですよね。

 

3.試合中に思い出す、歯磨きタイム

私は試合でも、よく思い出しましたよ。

「短い時間だけど、毎日トレーニングしてきたよな、俺は」と。

なかなか出来ることじゃないぞ、と。

もちろん、もっと厳しいトレーニングを課している選手は、いると思います。

でも、なかなか毎日実践している人は、少ないでしょう。

ですから、そこが自信になる。

毎日、5分でも続けていれば、試合の時に勇気づけられる。

これは、小さいですけど大きな差、になる部分だと思います。

 

4.継続でしか、人は強くなれない

継続は力なり、とよく言いますが、継続しか力にならないんです。

みなさんも、本気でテニスで結果を出したかったら、続けること。

何かをしっかり、短い時間で良いから続けること。

誰でも出来ること、を誰も出来ないくらい、続けてみることが大事なんです。

5分のトレーニングで、どんな効果があるのか。

それは、続けた人にしか分からない。

ほとんどの人は、やらないか、やってすぐに飽きて止める。

だからこそ、習慣化してしまえばチャンスはある。

アナタ自身の、目の前にチャンスはあるんです。

 

実際に、5分のトレーニングを考えるのも楽しいですよ。

歯磨きしながら、何が出来るのか。

考えて行動する、継続する癖、習慣作りにも私はオススメです。

5分の継続が出来ない人は、10分も30分も、当然出来ない。

結果的に、何も成し遂げられないで終わる。

この事実に、みなさんにはぜひ向き合って欲しいんです。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう

    テニスを強くなりたいなら、ミスを減らさないといけない。でも、ミ…

  2. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  3. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

    普段、素振りを習慣にしている方、きっと試合に熱心に出続けている方でしょ…

  4. テニス 予測

    練習メニュー

    チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・・」と感じたら?

    意識をしっかり高く練習したいと思っても、部活やチームでみんな共通の意識…

  5. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習メニュー

    シングルスの試合では、広いコートを幅広くカバーしないといけない。…

  6. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう
  2. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いとい…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルとは、テクニック
  4. テニス ストローク

    サーブ

    クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!
  5. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう
PAGE TOP