テニス トレーニング

テニス知識

一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

テニスに必要な体力、筋力をしっかり蓄えておく。

その為には、良い道具を使って効率的に、そして継続的に行っていくことが大事。

皆さんの自宅でも、一人でしっかり出来るトレーニングは、必ずあります。

その為に必要な道具、それから簡単なトレーニング方法を今回はまとめてみました。

 

一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

 


 

1.メディシンングボール トレーニング

テニス トレーニング

体幹を鍛えてテニスで必要な力強いストローク、サーブを打っていく。

そのために、メディシングボールを使うことは非常にオススメです。

身体のひねり、戻しを鍛えることでストロークの切れ味は確実にアップしますし、疲れた場面でのサーブもしっかり打てる。

もし部活やサークルで取り入れることが出来れば、投げ合う相手がいてより良いトレーニングが出来ると思います。

身体を大きく使うテニス、にステップアップ出来るでしょう。

 

 

 

2.チューブ トレーニング

テニス トレーニング

プロ選手でも多く取り入れている、チューブトレーニング。

ゴム状のチューブを使って身体に負担を少なく、でも有効な負荷をかけることが出来るので、数本持っておくと良いでしょう。

どこか柱のよな場所に固定して、引っ張りながら鍛えていく。

そのときに、鍛える部位以外は動かさない、しっかり姿勢良く意識してみて下さい。

足で踏んだチューブを引っ張ったり、試合前でも身体を温めるのには効果的なこのチューブ、テニス選手なら必携です。

 

 

 

 

3.バランスボール トレーニング

テニス トレーニング

自宅の狭いスペースでも簡単に使えて、効率の良いトレーニングが出来るバランスボール。

姿勢良く座っているだけでも良いトレーニングになりますが、せっかくですので良い使い方を覚えて楽しみながらトレーニングに使っていきましょう。

ただ、慣れないと横に転んで怪我してしまう可能性もありますので、慣れるまではしっかり注意して使いましょう。

体幹の筋力が付いてくると、自然に倒れない、踏ん張りが効く筋力が身に付いていく。

そうなるときっと、テニスも強くなると思いますよ!

 

 

 

上手く道具を使うこと、が出来るとトレーニングはもっと効率的になります。

また試合会場にも持参することでウォーミングアップにも使えますし、いつものトレーニングを思い出すことでメンタルも安定する。

自分のトレーニングの相棒、今回ご紹介した以外にもたくさんあるので探してみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス グッズ

    テニス知識

    テニスの試合に行くときに、ラケットバックに入れとくと便利なグッズ6選

    テニスの試合会場、「あれ持ってくるの忘れたー!」ということ、皆さん経験…

  2. テニス サッカー

    テニス知識

    心から勝者を讃えたら、もっと強くなれる

    「お前、負けを認めてないだろ」こう言われた言葉、今でも鮮明に覚えて…

  3. テニス シューズ

    テニス知識

    【保存版】テニス選手ならしっかり選びたい「テニスシューズの選び方」について

    テニスはフットワークが重要。そのフットワークを支えるのは、なん…

  4. テニス知識

    伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本

    ボールの飛びを、ガットで調整する。これ、意外と頭に無い方が多い…

  5. テニス知識

    真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

    まだまだ、夏本番。テニスを頑張るみなさんも、スポーツ観戦の機会…

  6. テニス ラケット

    テニス知識

    【保存版】テニスのストリングについて、必要な知識を用語別にまとめてみました

    テニスラケットとストリング。ラケット選びには人一番気を遣う選手…

コメント

    • 工藤夢香
    • 2017年 9月 08日

    わたしはダブルスが得意です!
    けど、シングルスがなかなか勝てません。シングルスの試合でいいプレーを出した後のポイントはどういう気持ちで行けばいんでしょうか?次は守ればいいのか、攻めればいいのか、迷ってしまいます。
    あと、練習て意識出来ても、試合で意識出来なくなって、思い通りのプレーが出来なくなります。どうしたらいいでしょうか?

      • tomita
      • 2017年 9月 08日

      コメントありがとう御座います!シングルスの試合は、良いプレーの後にはそのプレーを活かして相手にプレッシャーを与えることが出来ると良いと思います。
      例えばネットプレーが決まった後は、また前に出るような素振りで揺さぶったり、良いショットを意識させて、逆を突いたり・・・というのが有効です。
      また作戦を試合で意識出来ない、ということでしたら、やることを絞ってチェンジコートの時にそのメモを読み返す、だけでも違うと思いますよ。
      何かしら、自分の目で見える形にして置いておくと、忘れることは無く実行できると思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる
  2. サーブ

    良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる
  4. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れ…
  5. サーブ

    相手がリターンで何を待っているのか、をサーブ側で感じ取ろう
PAGE TOP