テニス スマッシュ

ストローク

「1本でも多く返す」ことが、試合で最後にプレッシャーになっていく

試合の中で、「返せば何かが起きる」。

これを体感したことがある方、多いと思います。

そう、私たちの試合では、基本これ。

10球の中で1、2球でも良い。

こういうポイントを集めていくこと、姿勢が大事なんです。

 

「1本でも多く返す」ことが、試合で最後にプレッシャーになっていく

 


 

1.最後にしっかり、相手に返して終われるかどうか

アナタ自身が、相手から攻撃される。

厳しい攻撃で、ラケットに触ることは出来たけど、相手コートには入らない・・・。

何となく普通のポイントのようですが、これはちょっとまずいポイントです。

なぜなら、「ラケットに当たっているのに、相手コートに返球出来なかった」から。

ラケットに当たっているなら、基本は返す。

この強い意志、技術が大事なんです。

 

2.相手コートに返せば、何かが起きる

みなさんも、逆の立場なら容易に想像出来るはず。

どんなにチャンスになろうと、最後まで粘って返球してくる相手は嫌ですよ。

決まったと思ったのに、返って来る。

最後の1本を自分が打って終わる、それを決めたとしても、スッキリはしない。

次からのポイントのことを考えると、気が重くなりますからね。

相手コートに返せば、何かが起きる。

それが、私たちのテニスの試合です。

 

3.じゃあ、具体的にどんな技術が必要?

まず、山なりのボールをしっかり相手コートに返球すること、ですね。

ネットを越えないといけないですから。

そう考えると、スライスの練習が必要ですし、やっと追いついたボールの下にラケットを入れる、という技術が大事。

厚いグリップ、スピンの打ち方しか出来ないと、そもそもこの「ボールの下にラケットを入れる」という行為、が出来ないですよね。

薄いグリップ、コンチネンタルグリップは大事なんです。

速いボールはしっかりブロック、遠いボールは、ボールの下にラケットを入れる。

こういうキャッチ、返球から、試合の流れは変わっていくんです。

 

4.失点しても、相手に傷を残すことが大事

2.でも書きましたが、相手に傷を残すことが大事。

「あれもあ返して来るのか・・・」と思わせて、焦らせる、プレッシャーをかける。

特に試合の終盤では、この小さいプレッシャーがどんどん積み重なっていきますから。

大事な場面で、ライン際を狙ってミスしてくれる。

これは、アナタ自身の積み重ねでもぎ取った結果、のポイントですからね。

ポイントとを取ること、が目的になると「結局粘っても失点じゃん・・・」となってしまう。

そういう人は、試合に勝てないまま成長も止まります。

 

シングルスの試合、辛いですよね、相手のボールを追うの。

でも、その先に少しだけおいしいもの、が待っていると考えましょう。

私自身、こういう粘りのポイントからたくさん、試合をひっくり返した経験があります。

「返せば、何かが起きる」。

これは、必然なんです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出…

    しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ハードヒッターは、相手の打点をしっかり見れば反応出来る!

    相手のハードヒットに、押されて手も足も出ない・・・ようなとき、まずは冷…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

    ジョコビッチ選手にマレー選手、ナダル選手、そして錦織選手。トッ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークは、「インパクトと同時に曲げた膝を伸ばしていく」と威力が増しやすい

    両手でのバックハンドストローク、安定感はあるけどイマイチ攻撃力が無い・…

  6. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう

    試合になると、怖くてストロークが振れなくなる。これは、誰でも何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ストレートケアしとくね!」→ストレートに打たれる→ボレーがネットに→「・・・」…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ
  3. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手
  4. テニス 雨

    練習メニュー

    「あと1本」を絞り出せる選手が、テニスコートでは勝者になっていく
  5. テニス メンタル

    ストローク

    完全に相手をコートから追い出した後、のショットは・・・どうしましょう?
PAGE TOP