テニス メンタル

スマッシュ

スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

テニスラケットって、意外と重い。

この重いラケットを上にセットしてスマッシュ、やはり女性はかなりしんどいと思います。

つい、下から回してしまいがちですからね。

使って欲しいのは、スロートに沿えた「利き腕ではない手のひら」です。

 

スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

 


 

1.下から回してしまうのは、それが楽だから

スマッシュを打つ時に、「下から回さない!」とアドバイスされたことはありませんか?

下から回すと、準備が遅れるし下がりながらの動作が難しい。

結果的にスマッシュを振り遅れる要因になってしまうんですよね。

だから、パッと上にセットして、両腕の肘を高い位置にセットする。

これがスマッシュの準備の基本、になります。

下から回すのは、その方が楽にラケットを担げるから。

下にダラーンと垂らした勢いを使えますからね。

でもこれは、まず試合では安定しないです。

 

2.スロートに沿えた手を使って、ラケットセット!

右利きの方なら、左手の手のひら。

この手のひらを使って、パッと上にセットする。

右利きの方がスマッシュを打つ時には、左手は高く上に上げますよね。

そのイメージで、OK!

途中で目の前を通過して、ラケットが離れていくような感じ、でちょうど良いでしょう。

左手を上にセットする中で、ラケット準備まで完了させてしまう。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

 

3.スロートで支えるから、ラケットは軽く感じる

この構えを覚えると、ラケットを軽く感じられるようになります。

ラケットのスロート部分に手を添えておくだけで、疲れないしラケット操作がしやすい。

上にセットする、のは相当重さを感じる作業ですからね。

かなり強く意識しておかないと、試合では下から回してしまいますから。

力が無い女性、ベテランの方ほど、このセット方法でシンプルにスマッシュ、打っていきましょう!

 

4.その分、グリップは緩く握って待てる

右利きの方なら、右手のグリップはゆるゆるでOK。

打つ瞬間にギュッと握るから、スマッシュに鋭さが出る。

ずっと強く握っている人は、いざという時に力が入らないですよ。

下がっている時、セットした直後は緩くラケットを握っている状態。

そこから、振っていく、スマッシュを打つ。

自分がどれくらい力を入れているのか、どのタイミングで握っているのか、一度確認してみましょう。

 

スマッシュは、とにかくシンプルに。

無駄を削ぎ落していけば、それが試合で使える良いスマッシュになるはずです。

スロートに沿えた手のひら、これが生命線。

ぜひ、練習から意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. スマッシュ

    「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

    ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?…

  2. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

    ジャンピングスマッシュ、テニスの試合において花形のフィニッシュですよね…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう…

    スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージが…

  5. テニス フットワーク

    スマッシュ

    「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

    練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない…

  6. スマッシュ

    相手のスマッシュは、実は自分自身のチャンス

    試合の中で、相手がスマッシュを打つ瞬間。みなさんは、何を考えま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    相手が仰け反った瞬間、そのストロークは浅くなる
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
  4. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ
  5. ロブ

    ロブを追いかけながら、結論は早く出す!
PAGE TOP