テニス メンタル

スマッシュ

スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

テニスラケットって、意外と重い。

この重いラケットを上にセットしてスマッシュ、やはり女性はかなりしんどいと思います。

つい、下から回してしまいがちですからね。

使って欲しいのは、スロートに沿えた「利き腕ではない手のひら」です。

 

スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

 


 

1.下から回してしまうのは、それが楽だから

スマッシュを打つ時に、「下から回さない!」とアドバイスされたことはありませんか?

下から回すと、準備が遅れるし下がりながらの動作が難しい。

結果的にスマッシュを振り遅れる要因になってしまうんですよね。

だから、パッと上にセットして、両腕の肘を高い位置にセットする。

これがスマッシュの準備の基本、になります。

下から回すのは、その方が楽にラケットを担げるから。

下にダラーンと垂らした勢いを使えますからね。

でもこれは、まず試合では安定しないです。

 

2.スロートに沿えた手を使って、ラケットセット!

右利きの方なら、左手の手のひら。

この手のひらを使って、パッと上にセットする。

右利きの方がスマッシュを打つ時には、左手は高く上に上げますよね。

そのイメージで、OK!

途中で目の前を通過して、ラケットが離れていくような感じ、でちょうど良いでしょう。

左手を上にセットする中で、ラケット準備まで完了させてしまう。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

 

3.スロートで支えるから、ラケットは軽く感じる

この構えを覚えると、ラケットを軽く感じられるようになります。

ラケットのスロート部分に手を添えておくだけで、疲れないしラケット操作がしやすい。

上にセットする、のは相当重さを感じる作業ですからね。

かなり強く意識しておかないと、試合では下から回してしまいますから。

力が無い女性、ベテランの方ほど、このセット方法でシンプルにスマッシュ、打っていきましょう!

 

4.その分、グリップは緩く握って待てる

右利きの方なら、右手のグリップはゆるゆるでOK。

打つ瞬間にギュッと握るから、スマッシュに鋭さが出る。

ずっと強く握っている人は、いざという時に力が入らないですよ。

下がっている時、セットした直後は緩くラケットを握っている状態。

そこから、振っていく、スマッシュを打つ。

自分がどれくらい力を入れているのか、どのタイミングで握っているのか、一度確認してみましょう。

 

スマッシュは、とにかくシンプルに。

無駄を削ぎ落していけば、それが試合で使える良いスマッシュになるはずです。

スロートに沿えた手のひら、これが生命線。

ぜひ、練習から意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

    スマッシュには決断力が不可欠。特に低くて速いロブに対しては、打…

  2. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

  3. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技術

    テニスにおける最大のチャンス・・・。色々ありますが、高いバウン…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スピンスマッシュを積極的に使っていこう!

    スマッシュが得意な人は、回転をかけるのが上手い。でも、サーブな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事
  2. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を
  3. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく
  4. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認して…
  5. テニス ボレー

    ロブ

    ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!
PAGE TOP