ダブルス

ダブルスの試合で「後衛の前にドロップショット」を打たれたら?

テニスのダブルスの試合、よくあるケースだと思います。

相手が意図しなくても、ボールが浅くなる、それを後衛が走って取りに行く。

でも、その時に良い返球イメージ、出来てますか?

パートナーの前衛とも、どう連携していくのか。

女子ダブルスやベテランダブルスでもよくあるケース、一緒に考えておきましょう。

 

ダブルスの試合で「後衛の前にドロップショット」を打たれたら?

 


 

1.後衛の前のスペースは、雁行陣の弱点

後ろでストロークを打ち合うだけ、が雁行陣じゃない。

浅いボールを打たれたら・・・どうでしょう。

結構、ガタガタな感じになるペア、多くないですか?

例えば↑のような図で、青側の後衛がドロップショットを打つ。

またはストロークのボールが浅くなった時に・・・。

赤側の後衛の選手が走りますね。

この時に、パートナーの前衛はスッとT字のマークあたり、に陣取れると良いでしょう。

ここから、ボールに追いついたパートナーがどんな態勢か、攻撃しそうか、触るので必死か・・・を見極める。

私の感覚では、あくまでまず守りが基本。

守りを中心に、良い態勢で入れてそうなら、そこから切り替えて攻撃に加わる。

やはり、良い態勢で前のボールを触れる時、は少ないですからね。

 

2.浅いボールを追いかけて、その後の選択肢は?

まず、よくあるケースがこれ↓ですかね。

相手前衛の頭上に、ロブを打つようなパターン。

ラケットをボールの下に入れれば、何とか打てますからね。

もう一つの選択肢としては、アングルでクロスに切り返すパターンでしょう。

この2つ、どちらかを選択して攻撃したい、というのが赤側ペアの後衛の考えるところ。

当然、強いペアは浅いボールを打ったらアングルのコースをケアするために、前に入って来るはず。

なかなか、隙が無さそうに見えますよね。

ここで意識したいのは、赤側の前衛が連携して相手にプレッシャーをかける、ということ。

ただロブ、ショートクロス、の精度に頼っていては、良いダブルスとは言えません。

 

3.後衛が打った方向に詰めるのが基本

まず、この基本が大事です。

後衛の選手が配球した方向に、しっかりと詰めていく。

ショートクロスに打ったら、その方向↓に詰めてストレートを消してプレッシャーをかける。

ロブでも基本、相手のハイボレーカットを攻撃していく為に詰めていきたいところです。

ただその際には、しっかりと相手の補給体制↓を確認しておくこと。

うかつに前に出ると、スマッシュを打たれる可能性もありますよね。

だからこそ、ロブの精度を見極めて、ポジションを前にするか、後ろにするか瞬時に判断しないといけません。

ロブの精度、やっと追いついて触るなら普段よりも下がる可能性が高いですから。

このあたりの息が合うようになると、非常にダブルスペアとして強くなっていけると思います。

 

4.2つの選択肢、を常に持っておくということが大事

今回のように浅いボール、を処理する時に大事なこと。

何度も書いて来ましたが、AとB、しっかりと2つの選択肢を持っておくこと、が大事なんです。

あくまで狙いは、相手の後衛を動かすこと↓ですから。

この後衛を走らせて、しっかりとチャンスを広げること。

これが一番、意識したいポイントですね。

 

雁行陣の後衛は、なかなか難しいゲームメイクが求められます。

特に浅いボールを処理するときに、その精度が求められますね。

女子ダブルス、ベテランダブルスのみなさんも、この対応に慣れておかないと厳しいでしょう。

ストロークでガンガン押す学生ペアのみなさんも、いざドロップを打たれたらどうですか?

しっかり考えておけば、試合でも強いです。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

    「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。前衛と後衛が、はっ…

  2. ダブルス

    並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画

    ダブルスの試合で、前に出て戦いたい。だけど、並行陣で挑んでもな…

  3. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線

    最近の男子ダブルス、学生や一般のトップレベルの試合を観て、感じること。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    雰囲気が悪くなるようなポイント後こそ、ペアで会話しないと

    ダブルスの試合で、一目で分かるペアの絆。それは、ポイントを失っ…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番効果的

    ダブルスの試合で、サインプレーをどこで入れていくのか。サーブを…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでフラット系のストローカーと対戦するなら・・・?

    「並行陣なんて、別に必要無いです」そんなご意見を、最近頂きまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!…
  3. テニス ミス

    練習メニュー

    素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けを
  5. テニス 戦術

    メンタル

    「俺たちに、簡単に勝てると思うなよ」という気持ち、はすごく大事
PAGE TOP