テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を意識している

「上手い!」とうなるようなダブルスの名手、あこがれますよね。

試合の中で決して速いボールではなく、遅いボールでエースが獲れる、ポイントが獲れる。

ドロップショットやロブでポイントが獲れると、ダブルス選手として確実に格が上がります。

学生の皆さんもぜひ、今回ご紹介する視点を意識して、練習して欲しいと思います。

 

ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を意識している

 


 

■コート上には最大2人、までしかいない

当たり前ですが、ダブルスでコート上に立てるのは2人。

ということはコートを4分割したときには、必ず半分、2/4のコートは空いているということになります。

雁行陣でしたら、後衛の前と前衛の後ろのスペース。

まずはここをしっかり突いて、相手の意識を「空きスペース」に向けさせることが大事です。

狙われているな・・・と警戒してくれると、当たり前のようなショット、通常のラリーも崩れていくのです。

 

■ラリーをしながら、冷静に相手をコートを観れているか?

雁行陣、ダブルスでラリーをしながら、冷静にこの空きスペースが見えていますか?

ただがむしゃらに相手と打ち合っているだけだと、そのラリーに勝つか負けるか、の淡泊な勝負になってしまう。

前が空いている、という意識があれば、ちょっと相手が下がった隙に浅いボール、ドロップショットを打てば効果的なのに・・・。

前衛が動いている様子があれば、前衛の後ろのスペースをロブで使えますよね。

まずはしっかり、ラリーしながらでも「空いている場所は、あそこだ!」と思えるように、視野を拡げましょう。

 

■視野の広さは、トレーニングしないと身に付かない

ただ漠然と、毎日練習していても意味が無いし、視野は拡がらない。

例えばラリーしながらでも隣のコートの雰囲気を察する、隣でラリーしている選手がどんなショットを打っているのかが分かる。

それくらいに広い視野は、普段の練習から必要です。

慣れてくると、きっと相手コートも見えるようになってくる。

空きスペースが必ずある、という意識が強くなると攻撃的になれますし、試合でも効果的な攻撃が出来るようになるでしょう。

 

いつまでも「ただボールを打つこと」だけに集中していては、成長しない。

「そんなこと言っても、返すのでいっぱいいっぱいで・・・」という人は、技術的に背伸びし過ぎかも知れません。

打つときに100%の力、集中力を使ってしまうのは、試合で使えるショットとは言えない。

あくまでテニスの技術とは、視野+ショットを打つ技術=展開力、だという意識を持ちましょう!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 「第3回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法

    今回は、シンプルな作戦を確認しましょう。相手のバックハンドにサ…

  2. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

    ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレ…

  3. ダブルス

    「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足止めを

    ダブルスで前衛が気になる、気にしないようにと思えば思うほど気になって、…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスペアとして強くなりたいなら、摩擦を恐れてはいけない

    ダブルスのペアは、活躍するペアでも色々な関係性がある。仲が良い…

  5. ダブルス

    繰り返しますが、ダブルスの前衛のポーチは、1発で決める必要ありません

    実際に、まだまだ勘違いしている方が多いと思います。ポーチに出れ…

  6. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない

    ダブルスの試合で、相手がどんどん前に出て来る並行陣、が相手の時。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

特集記事

  1. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!…
  2. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ
  4. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく
  5. スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ
PAGE TOP