テニス メンタル

スマッシュ

深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い

深いロブも、スマッシュで。

これは、私自身がテーマに置いているポイント、です。

でも、なかなか深いロブをスマッシュ、で打つイメージが湧き辛いという方も多いと思います。

今日は、身体全体の使い方のポイントについて。

打つ瞬間に無理しない、ことが一番です。

 

深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い

 


 

1.スマッシュは、万全の状態で打てない

と、思っておいた方が良いです。

実際、試合では深いロブも来れば、それをパートナーに任せることもしたくない。

下がりながら、深いロブをスマッシュで打つのに、良い態勢で打てることなんて少ないでしょう。

強い相手との対戦、ほどそれは多くなる。

であれば、いかに悪い態勢、後ろに傾いた態勢から打てるようになるか、が大事なんです。

 

2.身体が傾いても、スマッシュは打てる

私自身、深いロブは身体を後ろに傾けたまま。

そこで、大きく腕を振る必要はありません。

腕を斜め後ろに出して、下がりながら、後ろにのけぞりながら打つ。

これが、普通のスマッシュくらいに思っておいた方が良い。

この態勢からしっかり打つ、コントロールすることが大事なんです。

 

3.良い態勢で打てない=任せる、人がほとんど

自分が良い態勢で打てるスマッシュ、しか打たないんですよ。

ほとんどのダブルスプレイヤー、がそうでしょう。

前衛にいて、自分がしっかり上体をまっすぐにして打てる時、しか打たない。

これでは、ダブルスで勝てないですよ。

だって、下がりながら打つこと、が当たり前の世界ですから。

上体を斜め後ろに倒しながら、手首をしっかり効かせて打つ。

ぜひ、これに挑戦してみて下さい。

 

4.思ったより、難しくは無いはず

まず、しっかり下がって打ってみる。

上体を後ろにそらしながら、打ってみて下さい。

「あれ?意外と打てるんじゃない・・・?」と思う方、がほとんどでしょう。

この態勢でも打てるんだ、と気付けばしっかり試合でも下がる、打つ勇気が生まれて来るはず。

こういうのも、やってみないと変わらないんですよ。

後ろに下がる、苦しい態勢からスマッシュを、打ってみる。

自分で勝手に、限界を決めている人は、ただもったいないだけ、です。

 

厳しいロブを、スマッシュで打つならこの意識で。

良い態勢からのスマッシュ、よりも「出来ることが少ない」分、実は楽に打てたりもします。

いや、態勢は厳しいですけどね。

やれることがシンプルなので、あとはやり切るだけ。

上体を後ろに倒しながらのスマッシュ、まずは練習から打ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス

    スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」は、スポーツ全般に当てはまる上達のコツ

    スマッシュって難しい。難しいけどちゃんと打てれば攻撃ショットと…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、ネット上に打つ目標を作れば大丈夫

    スマッシュミスが多いと、自信が無くなくなってくる。入れようと思…

  3. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜いていこう!

    試合の中で、ダブルスでもシングルスでも「センターロブ」を打たれるケース…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

  6. スマッシュ

    相手のスマッシュは、実は自分自身のチャンス

    試合の中で、相手がスマッシュを打つ瞬間。みなさんは、何を考えま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?
  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
  3. フットワーク

    左右に振られた時の、スピードコントロールのコツ
  4. 日々の雑記

    第3回 読者ミーティングを実施しました
  5. テニス 走力

    フットワーク

    「直線ダッシュで高速スィング」ができるようになると、今のテニスの実力でもスピード…
PAGE TOP