ロブ

ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない

試合の中で、相手からロブを打たれる。

この時の反応で、実は強い相手には全てバレてしまう。

ロブに弱い人って、やっぱりロブが上がると雰囲気が弱い。

そう感じさせない工夫、がアナタにも必要だと思います。

 

ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない

 


 

1.「深いロブもスマッシュを打つの?」という質問について

何度かご相談頂くケースが多い、この質問。

私は深いロブでも、スマッシュを打つ必要性を訴えて来ました。

でも、実際の試合で「本当に深いロブでも、打つの?」という風になりますよね。

これは、難しい問題ですが、考え方はシンプル。

もう、ロブを予測して先に動いてしまうんですよ。

それが出来ないなら、深いロブは落とすしかないでしょう。

ロブが苦手、な人はとにかく先回り。

これを意識すれば、どんなに深いロブでもスマッシュは打てるはずです。

 

2.準備が無いから、消極的になるだけ

の話だと思います。

私自身、スマッシュは得意というよりもしっかり準備をしている、という感覚。

それは試合前での全体感、でもそうですし、ポイントごとにも話し合う。

実際、「次のポイントはロブを誘おう」という話をペアとして、実際に先に下がってしまう。

それでロブが来ないこともありますが、そうなってもOK。

足元のボレーは、頑張って返す。

これが出来ないと、ずっとロブに対しては恐怖心がぬぐえないと思います。

 

3.スマッシュで決める必要は、全くない

実際に、強い人の試合を見てみて下さい。

スマッシュでエース、なんてポイントは少ない。

スマッシュを打って、相手を走らせて無理させる、またはもっと甘いロブを引き出す。

ことを、スマッシュを打つ前に考えるんです。

ロブに消極的になる人って、スマッシュに対するイメージ、ハードルが高いんですよね。

強打して決める、ようなショットだと思い込み過ぎ。

それが出来るのは、本当に脚力と腕力、リストの強さがあって打てる人だけです。

 

4.自分がロブを、しっかり使えてる?

ロブが怖い人は、まず自分から使っていくこと。

自分が打っているショットて、打たれても何となくイメージが湧くし、対策も取りやすい。

ロブが苦手な人って、そもそも「ロブについて考えること」から逃げている人が多いですからね。

練習から、積極的に自分が打ってみる。

そうすることで、「あ、このタイミングでみんな打つんだな」というのが分かりますから。

ぜひ、積極的にトライしてみて下さい。

 

ロブに対して、前のめりになる。

相手が打って来るのも好き、自分が打つのも好き。

「よし来た!」と頭で思えるように、メンタルトレーニングしていきましょう。

きっとそこに、勝手に技術は付いて来ますから。

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

    試合に有効な「ロブ」という選択。ダブルスではもはや必須、シング…

  2. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します

    試合で、なかなかロブが入らない、安定しない。こうなると、もう強…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  5. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!

    試合で使えるトップスピンロブ。今の自分の打ち方から、どこを変え…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

    相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。ネットプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!…
  2. テニス メンタル

    フットワーク

    気が付いていないだけで、スプリットステップにはある秘密がある
  3. テニス 構え

    戦術

    テニスの試合で「良い形で、短いラリーでポイントが獲れた後」には、「粘るプレー」を…
  4. テニス 読書

    その他

    その瞬間、瞬間を必死に戦えば、同じような場面でいずれ余裕が出てくるはず
  5. テニス サーブ

    その他

    試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう
PAGE TOP