テニス フットワーク

フットワーク

テニスでは、「自分のスピードはポジショニングでカバーできる!」特に社会人の方は意識して欲しいポイント

テニスにフットワークは不可欠。

それでも、ただ足が速いだけではテニスにとって有効な武器にはなり得ないかも知れません。

むしろ、足は遅いけどそれをポジショニングでしっかりカバーできる人がいたら・・・試合ですごく、やり辛いですよね。

 

テニスでは、「自分のスピードはポジショニングでカバーできる!」特に社会人の方は意識して欲しいポイント

 


 

■今後の自分の脚力とスピードについて考えてみる

脚力をアップさせるトレーニングは、重要です。

しかしながら、アナタの50mのタイムをこれから急激に速くすることは難しい。

毎日ダッシュを50本やったとしても、難しい。

むしろ年齢を重ねるにつれて、ダッシュ力は衰えていくと考えるのが自然ですよね。

そこをカバーできる知識とノウハウ、考えたことはありますか?

 

■テニスコートは前後に広いという事実

ご存知の通り、テニスココートは前後に広い。

だからこそ、前へのダッシュ力はシングルスでもダブルスの雁行陣でも、求められます。

ただテニスというスポーツは、相手が打っている前でも動いて良い。

考え方によっては、「フライングOK」な陸上競技とも言えるのです。

このポジショニングを有効活用できるかどうかは、アナタ次第。

浅いボールが苦手であれば、浅くならないような位置で待ち構えるような意識を持てば、試合では苦手ショットを打たなくて済むかも知れません。

 

■テニスはノーバウンドで打ってもOK、ボレーを活用できるスポーツ

卓球は必ず台の上でワンバウンドさせないといけませんし、バレーボールは落としたら失点になります。

テニスはそのどちらも選べる、というルールですよね。

そう考えると、ノーバウンドで処理できる場所は自分で増やせる、前を潰せるということになります。

「だったろロブが怖い・・・」というのであれば、少し下がり目のネットプレーを取り入れてみる。

「沈められたら?」と考える人には、「練習しましょう」と答えます。

各ポジションに応じたテニス、技術は常に変化していくのです。

 

学生の皆さんは、まだまだ体力もありますし「速いボールを打ちたい!」という想いが強いと思います。

今は、それでも良い。

しかし必ず、テニスを変えていくときが来ます。

速いボールを打つということは、自分も速い判断とフットワークが求められる、ということは覚えておいて下さい。

いつかこの記事を、「あぁ、あんなこと書いてあったけど、今なら分かるな・・・」と、読み返してもらえることを信じて・・・。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと

    縦ポーチ。この武器を、T-PRESSを読んでいるみなさんには、…

  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    全てのボールに対応しようとすると、結局プレーは中途半端にしかならない

    テニスの試合、つい欲が出てしまう。いつの間にか、私たちは「何で…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

    ベースライン遥か後方、でストロークを頑張る人。もちろん、足が速…

  5. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ

    テニスの試合で、難しいこと・・・と言えば、まずコレでしょう!練…

  6. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークのポイント4つ

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に初中級のプレーヤーで多いように…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点
  2. ストローク

    テニスの試合で、「自分よりも実力は下」と判断したら徹底したバックハンド攻めで序盤…
  3. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ
  4. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?
  5. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくることを覚えておこう
PAGE TOP