テニス フットワーク

フットワーク

テニスでは、「自分のスピードはポジショニングでカバーできる!」特に社会人の方は意識して欲しいポイント

テニスにフットワークは不可欠。

それでも、ただ足が速いだけではテニスにとって有効な武器にはなり得ないかも知れません。

むしろ、足は遅いけどそれをポジショニングでしっかりカバーできる人がいたら・・・試合ですごく、やり辛いですよね。

 

テニスでは、「自分のスピードはポジショニングでカバーできる!」特に社会人の方は意識して欲しいポイント

 


 

■今後の自分の脚力とスピードについて考えてみる

脚力をアップさせるトレーニングは、重要です。

しかしながら、アナタの50mのタイムをこれから急激に速くすることは難しい。

毎日ダッシュを50本やったとしても、難しい。

むしろ年齢を重ねるにつれて、ダッシュ力は衰えていくと考えるのが自然ですよね。

そこをカバーできる知識とノウハウ、考えたことはありますか?

 

■テニスコートは前後に広いという事実

ご存知の通り、テニスココートは前後に広い。

だからこそ、前へのダッシュ力はシングルスでもダブルスの雁行陣でも、求められます。

ただテニスというスポーツは、相手が打っている前でも動いて良い。

考え方によっては、「フライングOK」な陸上競技とも言えるのです。

このポジショニングを有効活用できるかどうかは、アナタ次第。

浅いボールが苦手であれば、浅くならないような位置で待ち構えるような意識を持てば、試合では苦手ショットを打たなくて済むかも知れません。

 

■テニスはノーバウンドで打ってもOK、ボレーを活用できるスポーツ

卓球は必ず台の上でワンバウンドさせないといけませんし、バレーボールは落としたら失点になります。

テニスはそのどちらも選べる、というルールですよね。

そう考えると、ノーバウンドで処理できる場所は自分で増やせる、前を潰せるということになります。

「だったろロブが怖い・・・」というのであれば、少し下がり目のネットプレーを取り入れてみる。

「沈められたら?」と考える人には、「練習しましょう」と答えます。

各ポジションに応じたテニス、技術は常に変化していくのです。

 

学生の皆さんは、まだまだ体力もありますし「速いボールを打ちたい!」という想いが強いと思います。

今は、それでも良い。

しかし必ず、テニスを変えていくときが来ます。

速いボールを打つということは、自分も速い判断とフットワークが求められる、ということは覚えておいて下さい。

いつかこの記事を、「あぁ、あんなこと書いてあったけど、今なら分かるな・・・」と、読み返してもらえることを信じて・・・。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出…

  2. テニス リターン

    フットワーク

    「まず準備!」テニスに必要な素早い横向きの意識を身に付ける為に

    テニスはスウィングスポーツである。道具を使って、スウィングして…

  3. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう

    自分が打った後に、足が止まる。そんなときって、こういう時じゃな…

  4. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

    素早く動いて、前に詰める。この動きが速い選手が、それだけですご…

  5. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない

    「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。足がそ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックバンドストロークでスピン回転が弱い人は、「グリップを握る親指を下から上…
  2. テニス マナー

    戦術

    夏こそ「先手必勝」、がテニスの試合の基本
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ
  5. テニス 大学

    戦術

    結局「試合の大事なポイント」とは、どこなんだろうか?
PAGE TOP