テニス センス

ダブルス

ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。

こういう機会を、ぜひみなさん大事にして欲しいんです。

なかなか、自分から「組んで下さい」とは言い辛い。

でも、一緒に組んで試合に出ること、でしか感じられないこともたくさんあります。

そして、せっかくならやっぱり勝ちたい。

勝ちたいなら、この意識が大事です。

 

ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

 


 

1.まずは自分のミスを減らす、ことで試合を作る

当然、相手はアナタを狙って来るでしょう。

これはもう、覚悟しておいた方が良い。

そこで、ナイスなプレーは必要ありません。

まずは、ミスを減らすこと。

相手に決められても良い、自分から焦ってかっこつけようとして、ミスをすることは出来るだけ減らしたい。

ミスが少ない相手には、相手も簡単にボールを集め辛いですから。

アナタ自身がミスを減らせば、しっかりラリーになって試合は展開されていく。

そうなると、今度はどんどん、パートナーを使えば良いんです。

 

2.遠慮なく使えば良い、ということ

遠慮なく、試合で使っていけば良いと思いますよ。

どうすれば、上手いパートナーをしっかり使えるのか。

アナタ自身、考えてみて下さい。

まず、1.で書いたように自分がミスを減らすこと、が第一。

その次には、「前衛で動いてもらう」ことを意識しましょう。

アナタが後衛で、上手いパートナーが前、ここでいかにラリーに参加してもらうか。

どうでしょう、イメージは湧いてきますか?

 

3.クロスの後衛のラリーで、先手を取ることが大事

まず、相手の後衛に良い態勢でプレーさせない。

相手がサーブ&ボレーしてきたら、ゆっくりで良いので足下にクロスに沈める。

雁行陣のラリーなら、深い山なりなボールで前衛にチャンスを引き出す。

自分から焦ってストレートに展開しなくても、大丈夫。

クロスラリーでしっかり先手を取れれば、あとは前衛が何とかしてくれるはず。

こういう意図を、しっかり自分からパートナーに伝えること、が大事です。

 

4.モノ言えない雰囲気が、一番ダメ

よくあるのが、実力差のあるペアだと「下から言えない」という状態になってしまうということ。

こういうペアは、まず試合では勝てない。

確かに、気持ちは分かりますよ、上手い人に話辛いのは。

でも、いかにそういう人を「使うか、活躍してもらうか」を考えないと。

ただただ、臆病になって何も出来ないでいると、試合に参加出来ないでいざボールが来るとミスが多い。

自分が、使ってやるんだ、コントロールするんだと。

ダブルスなら、これくらいの気概が大事です。

 

きっと、テニスを続けていれば、こういう組み合わせで試合に出ることはあります。

無いなら、作らないと。

勇気を出して、自分から上手い人に声をかけていく。

失敗して、痛い目を見る可能性もありますが、ここは勝負の世界。

成長したければ、そういうリスクは取る。

大丈夫、アナタが思ってるより、そんなに酷い試合なんて無いですから。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスが分かり始めた30歳」テニスの試合の醍醐味は様々なペアと試合に出れること

    ダブルスは苦手だった。もしかしたら、今の方が現役の時よりもダブ…

  2. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです

    ここの部分、もう一度ハッキリさせておきましょう。ダブルスの試合…

  3. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てましょう

    ダブルスはペアで戦うコンビネーションが重要。プロテニスの試合で…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    「上辺だけの仲良しペアのダブルス」が試合に勝てない、その理由について考えてみる

    ダブルスでペアを組んでいる選手同士、は様々な人間関係がベースになってい…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースだとより効果的

    ダブルスの試合の中で、雁行陣を主体にしているペアは学生の皆さんでも多い…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのペアを大事に思うなら、厳しい意見も伝えるのが必要なステップ

    「最近、ペアを解消しようと思っていて・・・」というダブルスペアの方の声…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でリードすると、「すぐ相手のミス待ち」になってしまう選手は絶対に勝ち…
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識し…
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスにおいて、「仲良しチームから勝てるチームになる」為に必要な、週に一度のミー…
  5. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう
PAGE TOP