テニス センス

ダブルス

ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。

こういう機会を、ぜひみなさん大事にして欲しいんです。

なかなか、自分から「組んで下さい」とは言い辛い。

でも、一緒に組んで試合に出ること、でしか感じられないこともたくさんあります。

そして、せっかくならやっぱり勝ちたい。

勝ちたいなら、この意識が大事です。

 

ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

 


 

1.まずは自分のミスを減らす、ことで試合を作る

当然、相手はアナタを狙って来るでしょう。

これはもう、覚悟しておいた方が良い。

そこで、ナイスなプレーは必要ありません。

まずは、ミスを減らすこと。

相手に決められても良い、自分から焦ってかっこつけようとして、ミスをすることは出来るだけ減らしたい。

ミスが少ない相手には、相手も簡単にボールを集め辛いですから。

アナタ自身がミスを減らせば、しっかりラリーになって試合は展開されていく。

そうなると、今度はどんどん、パートナーを使えば良いんです。

 

2.遠慮なく使えば良い、ということ

遠慮なく、試合で使っていけば良いと思いますよ。

どうすれば、上手いパートナーをしっかり使えるのか。

アナタ自身、考えてみて下さい。

まず、1.で書いたように自分がミスを減らすこと、が第一。

その次には、「前衛で動いてもらう」ことを意識しましょう。

アナタが後衛で、上手いパートナーが前、ここでいかにラリーに参加してもらうか。

どうでしょう、イメージは湧いてきますか?

 

3.クロスの後衛のラリーで、先手を取ることが大事

まず、相手の後衛に良い態勢でプレーさせない。

相手がサーブ&ボレーしてきたら、ゆっくりで良いので足下にクロスに沈める。

雁行陣のラリーなら、深い山なりなボールで前衛にチャンスを引き出す。

自分から焦ってストレートに展開しなくても、大丈夫。

クロスラリーでしっかり先手を取れれば、あとは前衛が何とかしてくれるはず。

こういう意図を、しっかり自分からパートナーに伝えること、が大事です。

 

4.モノ言えない雰囲気が、一番ダメ

よくあるのが、実力差のあるペアだと「下から言えない」という状態になってしまうということ。

こういうペアは、まず試合では勝てない。

確かに、気持ちは分かりますよ、上手い人に話辛いのは。

でも、いかにそういう人を「使うか、活躍してもらうか」を考えないと。

ただただ、臆病になって何も出来ないでいると、試合に参加出来ないでいざボールが来るとミスが多い。

自分が、使ってやるんだ、コントロールするんだと。

ダブルスなら、これくらいの気概が大事です。

 

きっと、テニスを続けていれば、こういう組み合わせで試合に出ることはあります。

無いなら、作らないと。

勇気を出して、自分から上手い人に声をかけていく。

失敗して、痛い目を見る可能性もありますが、ここは勝負の世界。

成長したければ、そういうリスクは取る。

大丈夫、アナタが思ってるより、そんなに酷い試合なんて無いですから。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    失点した時こそ、ペアでコミュニケーションを

    ダブルスの試合で、真価が問われる場面。それは、失点した後のコミ…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!

    テニスでは攻撃されて苦しいときに、一旦逃げるようにしてボールをコントロ…

  4. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

    Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。…

  5. ダブルス

    テニスにおいて、前衛は2種類しかいない

    私が試合に出ていて、感じること。ダブルスの試合、前衛って大き…

  6. テニス

    ダブルス

    いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

    ダブルスの試合で、決定力が無いと感じているとなかなか前衛でも動けない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業した…
  2. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピン…
  3. テニス メンタル

    戦術

    崩して満足、だから試合に勝てない
  4. テニス ボレー

    メンタル

    テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていけ…
  5. その他

    良いフォームが必要という、危険な発想
PAGE TOP