テニス ボレー

ダブルス

相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本

ダブルスの試合の、基本的な攻撃方法。

結構、これを勘違いしている人が多いように思います。

リスクを出来るだけ少なく、ポイントを取り切る為には、何が必要なのか。

特に、相手が2人ともネットに出た並行陣のような陣形では、この考え方は必須です。

 

相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本

 


 

1.コートの端でエースを狙う人は、まず勝てない

試合の中で、コートの端を狙う行為。

これは、かなり危険です。

自分が大きくリードしていて、相手に何かを印象付ける為、のショットならまだ分かります。

でも、相手がリードしている状況で、無謀にもコートの端、ダブルスならアレーの領域を狙って打つようなショット、試合で使えますか?

入ったとしても、冷や冷やモノじゃないですか。

こういうテニスは、良い時は良いけど、安定しない。

安定しないテニスは計算出来ない、だから結局、手堅い戦い方が出来ないままに負けていくんです。

 

2.センター攻撃、は速いショットが使える

まず、相手が2人いるダブルスなら、何を考えるのか。

しっかり相手2人の間のスペース、を突いていくという意識、が大事です。

特に、2人でネット近くに来る並行陣相手なら、センターでの攻撃が有効。

でも、当然相手もそれを知っているので、2人の距離感を近づけてセンターをケアしてくることが多い。

こういう相手には、「崩す、動かす」ようなショットをワイド、に使う必要があります。

ダブルスでも、シングルスコートでも充分でしょう。

相手に外側のボレーで触らせる、だけで、センターは空いて隙が生まれる。

その隙、を突いていくのが効果的な攻撃になるはずです。

センターは、ネットも低いし、速く直線的なショットも使いやすい。

その為にも、一旦はワイドを見せておく、のがダブルスの基本です。

 

3.センターで仕留めるイメージで、逆算していこう

相手を動かして、センターで決める。

この逆算から入っていければ、ダブルスの試合はもっと楽に戦えます。

どこに打って良いか分からない、という人は、まず「どうやったら、相手の2人の間を空けることが出来るか?」を考えてみましょう。

ボールは1つですから、そのボールを使ってどちらかの選手を走らせる。

その動きにつられて、当然相手のパートナーも連動して動いて来ますから、センターの位置も少しずれるんですよね。

でも、2人の間を狙うと考えれば、ターゲットも作りやすいはず。

2人の間、を狙って仕留める意識、強く持って挑みましょう。

 

4.低く速いショット、もセンターなら使って良い

私は何度か、「低くて速いショットは、危険」と書いて来ました。

でも、やっぱり強い相手を倒すには、こういうショットも必要。

使うコツは、必ずセンター攻撃に用いる、ということでしょう。

ワイド、ネットの両端はネットが高いので危険、なるべく遅いショットで相手を動かす。

センターには、低く速いショット、もストロークとボレー両方で打てるように準備しておくこと。

これが出来れば、アナタも立派なダブルスプレイヤーです!

 

普段のボレー対ストロークの練習から、ココを意識して欲しいんです。

1対1のラリーでも、ワイドに動かしてセンターに決める。

この組み合わせを、徹底する。

いきなりコートの端に、速いショットで狙わない。

結構、逆な人多いですからね。

まずはワイドに崩して、センターで決める、のが試合で使えるパターンです。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

    Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

    「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。前衛と後衛が、はっ…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる

    私も、責任感が強い人は大好きです。「俺が何とかしてやるんだ・・…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない

    ダブルスでの色々な戦術、皆さんまずは「実行すること」が大事。こ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本、「本当に真ん中」を突くだけで・・・良いの?

    ダブルスの基本はセンター狙い。特に並行陣相手だと、結構意識して…

  6. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

    前衛でしっかりポーチに出たかと思えば、ストレートもしっかりブロックでき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します…
  2. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のボールに対しての「反応速度を上げる」為に、必要な4つのポイント
  4. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりま…
  5. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている
PAGE TOP