テニス ボレー

ダブルス

相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本

ダブルスの試合の、基本的な攻撃方法。

結構、これを勘違いしている人が多いように思います。

リスクを出来るだけ少なく、ポイントを取り切る為には、何が必要なのか。

特に、相手が2人ともネットに出た並行陣のような陣形では、この考え方は必須です。

 

相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本

 


 

1.コートの端でエースを狙う人は、まず勝てない

試合の中で、コートの端を狙う行為。

これは、かなり危険です。

自分が大きくリードしていて、相手に何かを印象付ける為、のショットならまだ分かります。

でも、相手がリードしている状況で、無謀にもコートの端、ダブルスならアレーの領域を狙って打つようなショット、試合で使えますか?

入ったとしても、冷や冷やモノじゃないですか。

こういうテニスは、良い時は良いけど、安定しない。

安定しないテニスは計算出来ない、だから結局、手堅い戦い方が出来ないままに負けていくんです。

 

2.センター攻撃、は速いショットが使える

まず、相手が2人いるダブルスなら、何を考えるのか。

しっかり相手2人の間のスペース、を突いていくという意識、が大事です。

特に、2人でネット近くに来る並行陣相手なら、センターでの攻撃が有効。

でも、当然相手もそれを知っているので、2人の距離感を近づけてセンターをケアしてくることが多い。

こういう相手には、「崩す、動かす」ようなショットをワイド、に使う必要があります。

ダブルスでも、シングルスコートでも充分でしょう。

相手に外側のボレーで触らせる、だけで、センターは空いて隙が生まれる。

その隙、を突いていくのが効果的な攻撃になるはずです。

センターは、ネットも低いし、速く直線的なショットも使いやすい。

その為にも、一旦はワイドを見せておく、のがダブルスの基本です。

 

3.センターで仕留めるイメージで、逆算していこう

相手を動かして、センターで決める。

この逆算から入っていければ、ダブルスの試合はもっと楽に戦えます。

どこに打って良いか分からない、という人は、まず「どうやったら、相手の2人の間を空けることが出来るか?」を考えてみましょう。

ボールは1つですから、そのボールを使ってどちらかの選手を走らせる。

その動きにつられて、当然相手のパートナーも連動して動いて来ますから、センターの位置も少しずれるんですよね。

でも、2人の間を狙うと考えれば、ターゲットも作りやすいはず。

2人の間、を狙って仕留める意識、強く持って挑みましょう。

 

4.低く速いショット、もセンターなら使って良い

私は何度か、「低くて速いショットは、危険」と書いて来ました。

でも、やっぱり強い相手を倒すには、こういうショットも必要。

使うコツは、必ずセンター攻撃に用いる、ということでしょう。

ワイド、ネットの両端はネットが高いので危険、なるべく遅いショットで相手を動かす。

センターには、低く速いショット、もストロークとボレー両方で打てるように準備しておくこと。

これが出来れば、アナタも立派なダブルスプレイヤーです!

 

普段のボレー対ストロークの練習から、ココを意識して欲しいんです。

1対1のラリーでも、ワイドに動かしてセンターに決める。

この組み合わせを、徹底する。

いきなりコートの端に、速いショットで狙わない。

結構、逆な人多いですからね。

まずはワイドに崩して、センターで決める、のが試合で使えるパターンです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てましょう

    ダブルスはペアで戦うコンビネーションが重要。プロテニスの試合で…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的です!

    「奇襲は、序盤に」がテニスにおいては鉄則です。特に強い相手に対…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合でのリターンからの攻撃パターンとして、「ストレートアタックから味方の前衛が詰める」作戦…

    「ダブルスで、どう戦って良いか全く分からない!」というザックリした質問…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアの…

  5. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

    ダブルスの試合で、一見上手そうなのに勝てないペア。きっと、なか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアッ…
  2. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークで低い打球の返球が安定しない人は、「背筋を意識して背すじを伸ばす」だけ…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「まずはしっかり、セルフジャッジをしてから」の基本をなぜ指導者は…
PAGE TOP