テニス サーブ

サーブ

速いサーブはチャンスになる、という勘違い

サーブを武器に、試合を戦いたい。

特に男性なら、一度はそう考えますよね。

でも、試合に出続けていくと、どこか速いサーブをみなさんあまり打たなくなっていくような気がします。

そう、速いサーブって諸刃の剣。

使うときには気を付けないと、自分を傷つけてしまう可能性だってあるんです。

 

速いサーブはチャンスになる、という勘違い

 

1.速く打てば、速く戻って来るのが当たり前

テニスは、そういう競技です。

相手コートに速く打てば、速いタイミングで返って来る。

このこと、意外と見落とされがちなんですよね。

速いサーブは武器になる、と思って必死で打ち込んでいる人も多いですが、それはかなり危ないケースも多い。

速く打ったら、素早く構えなおして、次に備えないといけないですからね。

このことが出来ている人って、試合会場でもなかなかいない気がします。

 

2.リターンの名手は、年々増加傾向にある

私は、これをすごく感じています。

良いサーブを打つ選手以上に、良いリターンを打つ選手が増えている。

最近のラケットのフレーム、ガット、すごく性能が良いですからね。

女性でも、男性の速いサーブをしっかり打ち返すことが出来る試合、もミックスダブルスで多くなったように思います。

だからこそ、速いサーブにこだわるのは危険なんですよね。

昔ならそれで押し切れたかも知れないですが、今やリターンの方が上手い人が多い。

速いサーブが危ない、と感じるのはこのあたりも大きな理由です。

 

3.速いサーブは、セカンドサーブに切り替えが難しい

入れば確かに、威力大。

でも、フォルトになると・・・どうでしょう。

そこから、かなり速度を落としてセカンドサーブ、なんて難しいこと試合で出来ますか?

威力のあるファーストサーブ、その後には弱々しいセカンドサーブ・・・みたいな人って、3回戦にはほとんど残っていないですよね。

セカンドサーブへの切り替え、が速いサーブは難しい。

自然とダブルフォルトが増えたり、置きにいくセカンドサーブを叩かれてしまうようなケースも多いと思います。

どうでしょう、みなさんの周りにもそんな人多くないですか?

 

4.速いサーブは使い方次第

自分を苦しめる可能性もある、ということをしっかり理解しておく。

そのうえで、上手く入れていくことをお勧めします。

ボールの速さ、も大事ですが、例えばクイックサーブをしっかり打つみたいなタイミングの速さ、も使えますよ。

それに、遅いサーブを見せておけば、速いサーブもより活きる。

私はいつも試合で、あえて遅いファーストサーブを打ったりします。

そうすることで、速いサーブも活きますからね。

遅さ、を用いて速さを増していく。

これが、賢い速いサーブの使い方でしょう。

 

何も考えないで速いサーブを打つ、ことほど危険なことはありません。

入ってもカウンターをくらったり、自分が構えられていないのでバランスを崩してしまう。

そもそも、たまにしか入らないサーブであれば・・・入っても慌ててしまう人、多くないですか?

試合で使えるサーブ、サービスゲームを全体でどう考えるのか。

これがアナタ自身の、大きな課題だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス 環境

    サーブ

    ダブルスの試合で必要な、「フォーメーション用ファーストサーブ」を身につけよう

    ダブルスの試合、Iフォーメーションやチェンジプレー、で相手リターンを揺…

  2. テニス メンタル
  3. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している

    ワイドへのサーブ、しっかり使えると試合で武器になる。ダブルスで…

  4. テニス サーブ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

    ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?…

  6. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. フットワーク

    なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良く…
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    アナタが考える「テニスのウィッシュリスト」を作ってみよう
  4. ロブ

    ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です
  5. テニス 準備

    日々の雑記

    感動出来る、という素敵な才能
PAGE TOP