テニス サーブ

サーブ

速いサーブはチャンスになる、という勘違い

サーブを武器に、試合を戦いたい。

特に男性なら、一度はそう考えますよね。

でも、試合に出続けていくと、どこか速いサーブをみなさんあまり打たなくなっていくような気がします。

そう、速いサーブって諸刃の剣。

使うときには気を付けないと、自分を傷つけてしまう可能性だってあるんです。

 

速いサーブはチャンスになる、という勘違い

 

1.速く打てば、速く戻って来るのが当たり前

テニスは、そういう競技です。

相手コートに速く打てば、速いタイミングで返って来る。

このこと、意外と見落とされがちなんですよね。

速いサーブは武器になる、と思って必死で打ち込んでいる人も多いですが、それはかなり危ないケースも多い。

速く打ったら、素早く構えなおして、次に備えないといけないですからね。

このことが出来ている人って、試合会場でもなかなかいない気がします。

 

2.リターンの名手は、年々増加傾向にある

私は、これをすごく感じています。

良いサーブを打つ選手以上に、良いリターンを打つ選手が増えている。

最近のラケットのフレーム、ガット、すごく性能が良いですからね。

女性でも、男性の速いサーブをしっかり打ち返すことが出来る試合、もミックスダブルスで多くなったように思います。

だからこそ、速いサーブにこだわるのは危険なんですよね。

昔ならそれで押し切れたかも知れないですが、今やリターンの方が上手い人が多い。

速いサーブが危ない、と感じるのはこのあたりも大きな理由です。

 

3.速いサーブは、セカンドサーブに切り替えが難しい

入れば確かに、威力大。

でも、フォルトになると・・・どうでしょう。

そこから、かなり速度を落としてセカンドサーブ、なんて難しいこと試合で出来ますか?

威力のあるファーストサーブ、その後には弱々しいセカンドサーブ・・・みたいな人って、3回戦にはほとんど残っていないですよね。

セカンドサーブへの切り替え、が速いサーブは難しい。

自然とダブルフォルトが増えたり、置きにいくセカンドサーブを叩かれてしまうようなケースも多いと思います。

どうでしょう、みなさんの周りにもそんな人多くないですか?

 

4.速いサーブは使い方次第

自分を苦しめる可能性もある、ということをしっかり理解しておく。

そのうえで、上手く入れていくことをお勧めします。

ボールの速さ、も大事ですが、例えばクイックサーブをしっかり打つみたいなタイミングの速さ、も使えますよ。

それに、遅いサーブを見せておけば、速いサーブもより活きる。

私はいつも試合で、あえて遅いファーストサーブを打ったりします。

そうすることで、速いサーブも活きますからね。

遅さ、を用いて速さを増していく。

これが、賢い速いサーブの使い方でしょう。

 

何も考えないで速いサーブを打つ、ことほど危険なことはありません。

入ってもカウンターをくらったり、自分が構えられていないのでバランスを崩してしまう。

そもそも、たまにしか入らないサーブであれば・・・入っても慌ててしまう人、多くないですか?

試合で使えるサーブ、サービスゲームを全体でどう考えるのか。

これがアナタ自身の、大きな課題だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. サーブ

    「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません

    各選手の特徴を観ていて、面白いと思うのがサーブ。これだけ指導法…

  3. テニス コントロール

    サーブ

    サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよう!

    私自身、一番苦労して今でも試行錯誤な技術・・・それは、サーブ。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ

    試合で恐らく、上のレベルになるにつれて重要度を増すショット。そ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーに、ファーストサーブは要らない

    シングルスのサーブ&ボレー、皆さん実践出来てますか?すごく時代…

  6. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は・・・?

    サーブのコースをしっかり打ち分ける。ことが出来る人は、意外と試…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    ストロークラリーの中で、「相手が当たり損ないでミス」をしたときには、更にボールを…
  2. テニス ボレー

    リターン

    ミスしても、セカンドサーブをアタックしていく重要性について
  3. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ
  4. テニス ミス

    ダブルス

    「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で…
  5. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法
PAGE TOP