ダブルス

繰り返しますが、ダブルスの前衛のポーチは、1発で決める必要ありません

実際に、まだまだ勘違いしている方が多いと思います。

ポーチに出れるようになったけど、やっぱりミスして凹んでしまって、また出れない自分に逆戻り。

そういうのって、本当にもったいない話です。

繰り返しになりますが、これを再度、声を大にして言いたいです。

 

繰り返しますが、ダブルスの前衛のポーチは、1発で決める必要ありません

 

1.どんな強打でも、相手は2人いる

ダブルスの試合、ですから。

狭いスペースに、相手は2人います。

それに、テニスコートって縦に広いから、なかなか左右の良いコースでも決まらない。

ポーチに出てボレー、どうしてもコートの端に打ちたい、それも速いボールを・・・と思うじゃないですか。

でもそれって、もうミスの予兆しかない。

ポーチに出て強打、それも相手がある程度力のあるボールを打っているのに強打って、なかなか決まらないのがテニスです。

 

2.コートの端を狙うなら、スピードは要らない

実際に、一発で決める必要はありません。

ポーチに動いて、相手はそれだけで慌ててくれるし、非常事態。

まずは、ゆっくりしたボールで良いので相手を動かすくらいのイメージで良いでしょう。

コートの端、アングルボレーを狙うにしても、遅いボールで大丈夫。

遅いボレーを打つと思えば、すごく楽ですよね。

ポーチに動ける前衛って、速いボレーを打とうと思ってない人が多い。

だから余裕があるんですよね。

 

3.相手の前衛が、ボレーが苦手そうだったら・・・

どんどん、触らせましょう。

相手に一度、自分のポーチボレーを触らせる。

その次、で仕留めても良いし、もう一回相手を追い込んでも良い。

これくらの余裕、があれば動きやすいはずです。

あとは、味方の後衛も上手く使う感じ、が大事ですね。

ポーチに出ることを伝えておけば、自然と加勢してくれるポイントも増えていくでしょう。

全部が自分一人、決め切らないといけないと感じた時点で、もう黄色信号です。

 

4.理想はコースを狙って、次を決める形

私も、調子が良いとこの形がどんどん出来る。

ポーチでまずアングル、に打って相手を走らせる。

そこでやっと返球されたボールを、仕留めるだけ。

当然、打つ自分も一発で決まるとは思っていないので、打った後のポジショニングを一番に意識しておきます。

こういうプレーって、相手にとっても嫌だと思うんですよね。

無理しない、でもしっかりポーチに動いてくる。

アナタ自身、まずはこの形をイメージして前衛でプレーしてみること、をお勧めします。

 

大事なポイントこそ、決めにいかない。

当然、攻撃はする、でもそこで最後は相手が無理をする、というのも立派な前衛のボレーからの展開です。

強い相手、ほどこういう考えで前衛を楽にこなしている。

試合でぜひ、参考にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛にいるとき、「次、ストレートに来る!」というタイミングが読めたら・・・?

    ダブルスの試合で、雁行陣のクロスラリーからストレートへの展開。…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合で「ストレートロブ」を相手前衛に触らせると、上手く陣形を崩せて攻撃できます

    ダブルスの試合にたくさん出ている人は、様々な攻撃パターンをもっていると…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合でのリターンからの攻撃パターンとして、「ストレートアタックから味方の前衛が詰める」作戦…

    「ダブルスで、どう戦って良いか全く分からない!」というザックリした質問…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きのプレイヤー視点で、「ダブルスのリターンサイドのメリット、デメリット」を考えてみると・・・?

    今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

    初めて組む人と、試合に出る。なかなか難しいシチュエーションです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練
  2. 戦術

    その他

    関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと
  3. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  4. テニス ハードコート

    その他

    もうすぐ新学期、アナタの部活やサークルが「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう…
  5. テニス ウェイト

    テニス知識

    テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
PAGE TOP