テニス センス

その他

テニスでは、「素直になれないオジサン」が一番損すると思う

長くテニスを続けていると、感じることがあります。

「この人は上達早そうだな」とか、「この人は厳しいだろうな・・・」など。

あくまで私の主観ですが、結構当たらずとも遠からず、な気がします。

テニスに関しては、少しだけ人を見る目があるのかも知れません。

そんな私が常々感じていること、はこれです。

 

テニスでは、「素直になれないオジサン」が一番損すると思う

 


 

1.全体的に、男性は上達が遅い

あくまで私の経験値ですが、この傾向はあると思います。

ジュニアでも学生でも、社会人でも。

丁寧なプレーが求められるテニスって、女性の方が上達が早い。

もちろん個人差はありますが、繊細なタッチや丁寧さって、女性の方が養いやすいんだと思います。

それに、私が接してきた中で言えば素直で人の話を聞ける、やってみようというチャレンジ精神があるのが女性の方には多い。

その点、男性はなかなか素直になれない。

コーチや先輩の指導も、どこか自己流に解釈してしまう。

自分で頑張ろうとするのは良いんですが、やっぱり上達は遅い気がします。

 

2.コミュニケーション能力でも大差有り

テニスは、一人では出来ない。

試合も練習も、仲間や周りの人とコミュニケーションを通じて作り上げていく、ものですよね。

その点、女性は素晴らしくこの能力に長けている。

テニススクールのレッスンを見れば、一目瞭然。

女性の方は積極的に周りの人と会話して、自分のテニスを客観視出来ている。

男性は黙々とプレーするのは良いんですが、周りに興味関心が無いのかずっといるレギュラークラスの方でも、会話が無い方が多い。

ちょっとしたことですが、これってテニスの上達にすごく関わってくる問題だと思いますよ。

 

3.素直になれない、のはテニスを遊びとしか考えていないから

まぁ、確かに遊びです、テニスは。

でも、遊びだからこそ上達したい、勝負ごとである試合に勝ちたい、じゃないですか。

素直になれない人ほど、この部分でどこか斜に構えている人が多い。

40~50代の男性、の方に多いと思いますよ。

それ以上、シニアの方になるとまた真剣で、すごく純粋な方が多いんですけどね。

一生懸命頑張る、のもどこか恥ずかしいように感じる気持ち、分からないでもないですが。

試合に出て、勝負していく、という気持ちを持ってテニスをする方が、私は楽しいと思います。

遊びですが、自分を成長させてくれるもの。

世界を拡げていってくれるのがテニス、ですから。

 

4.雰囲気の良い人、がテニスも上達していくし結果も出していく

説明するの、すごく難しいんですが・・・みなさんの周りにもいると思います。

謙虚でまじめ、なんだけどユーモアもあってコミュニケ―ションも上手い。

素直で人の話を聞ける、そんな雰囲気を持った人に、テニスの神様は色々なものを与えていきます。

結果的に、素直になれないオジサンって、一番損しているように思うのは、私だけでしょうか。

本音ではすごくテニスが好きだし、上手くなりたいと思っている。

そういう方ほど、私は応援していきたいと思っています。

殻を破ってしまえば、その殻なんて過去の話。

ちょっとだけ踏み出してみる、ならこの4月が良いと思いますよ。

 

偉そうに書いて来ましたが、私もそうかもしれません。

周りからどう見られているのか、を気にし過ぎても疲れますが、やっぱりテニスは人ありき。

読者のみなさんで40~50代の男性のみなさん、ちょっとだけ新しい自分を作ってみませんか?

私自身も、もっと変われるように頑張っていきます。

ちょっとだけ素直になってみると、周りの景色も変わって見えると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ボレー

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!

    普段、練習で使用しているネット。テニスコートには欠かせないこの…

  2. テニス メンタル

    その他

    試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる

    試合を観ていると、つい感想としての本音が出てしまうことがあります。…

  3. テニス コントロール

    その他

    テニスの試合で、「作戦は相手に知られてOK!」むしろ後半は、それを逆手に取っていくのが常套手段です

    スポーツにおいて、「自分の作戦はなるべく相手に悟られないように・・・」…

  4. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?

    俺の今までのテニス人生は、色んな人からコーチしてもらって成り立っている…

  5. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相…

  6. その他

    後輩には「武勇伝よりも失敗談」を話す方良い

    「どうも、後輩に信頼されていないようで・・・」と悩んでいる部活…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ステップ

    ストローク

    試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本
  2. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの練習では、「自分が打ったボールは凶器と化している」
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの基本となる、「膝を曲げてトロフィーポーズ」は鏡を見ながらチェックしよう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「攻撃的で安定感があるボレー」を身に付けたいなら、軸足から踏み込んでタメを作るこ…
  5. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い
PAGE TOP