テニス センス

その他

テニスでは、「素直になれないオジサン」が一番損すると思う

長くテニスを続けていると、感じることがあります。

「この人は上達早そうだな」とか、「この人は厳しいだろうな・・・」など。

あくまで私の主観ですが、結構当たらずとも遠からず、な気がします。

テニスに関しては、少しだけ人を見る目があるのかも知れません。

そんな私が常々感じていること、はこれです。

 

テニスでは、「素直になれないオジサン」が一番損すると思う

 


 

1.全体的に、男性は上達が遅い

あくまで私の経験値ですが、この傾向はあると思います。

ジュニアでも学生でも、社会人でも。

丁寧なプレーが求められるテニスって、女性の方が上達が早い。

もちろん個人差はありますが、繊細なタッチや丁寧さって、女性の方が養いやすいんだと思います。

それに、私が接してきた中で言えば素直で人の話を聞ける、やってみようというチャレンジ精神があるのが女性の方には多い。

その点、男性はなかなか素直になれない。

コーチや先輩の指導も、どこか自己流に解釈してしまう。

自分で頑張ろうとするのは良いんですが、やっぱり上達は遅い気がします。

 

2.コミュニケーション能力でも大差有り

テニスは、一人では出来ない。

試合も練習も、仲間や周りの人とコミュニケーションを通じて作り上げていく、ものですよね。

その点、女性は素晴らしくこの能力に長けている。

テニススクールのレッスンを見れば、一目瞭然。

女性の方は積極的に周りの人と会話して、自分のテニスを客観視出来ている。

男性は黙々とプレーするのは良いんですが、周りに興味関心が無いのかずっといるレギュラークラスの方でも、会話が無い方が多い。

ちょっとしたことですが、これってテニスの上達にすごく関わってくる問題だと思いますよ。

 

3.素直になれない、のはテニスを遊びとしか考えていないから

まぁ、確かに遊びです、テニスは。

でも、遊びだからこそ上達したい、勝負ごとである試合に勝ちたい、じゃないですか。

素直になれない人ほど、この部分でどこか斜に構えている人が多い。

40~50代の男性、の方に多いと思いますよ。

それ以上、シニアの方になるとまた真剣で、すごく純粋な方が多いんですけどね。

一生懸命頑張る、のもどこか恥ずかしいように感じる気持ち、分からないでもないですが。

試合に出て、勝負していく、という気持ちを持ってテニスをする方が、私は楽しいと思います。

遊びですが、自分を成長させてくれるもの。

世界を拡げていってくれるのがテニス、ですから。

 

4.雰囲気の良い人、がテニスも上達していくし結果も出していく

説明するの、すごく難しいんですが・・・みなさんの周りにもいると思います。

謙虚でまじめ、なんだけどユーモアもあってコミュニケ―ションも上手い。

素直で人の話を聞ける、そんな雰囲気を持った人に、テニスの神様は色々なものを与えていきます。

結果的に、素直になれないオジサンって、一番損しているように思うのは、私だけでしょうか。

本音ではすごくテニスが好きだし、上手くなりたいと思っている。

そういう方ほど、私は応援していきたいと思っています。

殻を破ってしまえば、その殻なんて過去の話。

ちょっとだけ踏み出してみる、ならこの4月が良いと思いますよ。

 

偉そうに書いて来ましたが、私もそうかもしれません。

周りからどう見られているのか、を気にし過ぎても疲れますが、やっぱりテニスは人ありき。

読者のみなさんで40~50代の男性のみなさん、ちょっとだけ新しい自分を作ってみませんか?

私自身も、もっと変われるように頑張っていきます。

ちょっとだけ素直になってみると、周りの景色も変わって見えると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由

    テニスのレベルが上がって来ると、ショットの種類が増えて来る。単…

  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で知っておいて損は無い、「風下コートでの戦い方」について

    インドアのコートが増えてきたとはいえ、まだまだテニスは屋外スポーツ。…

  3. テニス ミス

    その他

    「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上ではいらない

    「きっとこの感覚、感情は、分かってくれるだろう」私たちはどこか…

  4. テニス 客観視

    その他

    自分に無かったもの、を得ることが出来るのが「試合」です

    大会に出て試合をするなら、当然勝ちたい。でも、勝ち続けて終わる…

  5. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント

    これから全仏オープン4回戦に挑む、錦織選手。改めて彼のすごさ、…

  6. テニス コントロール

    その他

    「なぜ、出来ないのか?」を、実は誰も真剣には考えない

    テニスの練習、試合、なかなか上手くいかない。これに、ある意味慣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している
  2. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ
  5. テニス 部活

    練習メニュー

    「団体戦に強い、部員が成長していく部活」では、先輩と後輩が教え合うという太い線で…
PAGE TOP