テニス 雨

メンタル

上達し続けるテニス選手は、「永遠の初心者」であり続けている

なんで、この選手は成長し続けられるんだろう・・・。

そう考えてることがあるアナタが、もしかしたらアナタ自身がテニスに「慣れて」しまっているのかも知れない。

行き詰っていた時に、感じて欲しいこと。

アナタ自身がテニスを始めたころ、何をやっても新鮮だったころ。

その頃の自分、遠い昔の話ですか?

 

上達し続けるテニス選手は、「永遠の初心者」であり続けている

 

1.「永遠の初心者」であり続けるということ

私も毎回、偉そうなことを書いていますが、いまだに分からない。

テニスというスポーツが、奥深くてワクワクする。

でも、自分自身の成長は・・・と言えば、やっぱり鈍化しているかなと思うし、伸び悩んでいるかな、とも思う。

そんなときに、私は昔のテニスノートを読み返してみたり、テニスを始めた頃のことを思い出してみる。

これって、大事なことだと思います。

皆さんは、テニスを始めた頃の自分を思い出す光景、ありますか?

 

2.学校の校庭に白線を引いて、イレギュラーバウンドを追いかけた日々

私は中学時代、放課後の校庭にテニスコートを書くところから部活をスタート。

校庭の小さいマーク同士を、白線でつなぐところからスタート。

1人がメジャーを持って、一人が白線を引く石灰を入れたアレ、でラインを引いていく。

環境は良いとは言えませんでしたが、みんなで工夫する部活は本当に楽しかった。

普通にやって勝てない、というのは分かっていたから、変わったことをやろうと話してネットプレーを磨いていったあの時代。

初心者だったからこそ、挑戦者でいれた。

皆さんも、近しい経験は必ずあるはず。

テニスに伸び悩んだ時期、がもし今だったら、思い出して考えてみて欲しい。

「小さい変化」を成長と呼べた、あの時代、あの頃の自分を。

 

3.「自分に厳し過ぎ」になってはいませんか?

テニスを続けてくると、自分に厳しくなる。

当然、大事なことです。

でも・・・あまりに自分に厳しく接していると、小さい「成長」まで見えなくなってくる。

小さい進歩、成長が見えないと、自分で自信も生まれ辛いのがテニスでありスポーツです。

アナタ自身、ちょっと上手くいったこと、戦術として身に付いてきたことを、もっと素直に喜んで良い。

試合で使いながら、成長させていく自分を好きになる、ことも大事なこと。

永遠の初心者でいること。

これは、テニス選手としいぇ立派な才能、だと私は思いますよ。

 

自分を認めていくこと、好奇心を持ち続けること。

これは、試合の中で続けていくのは・・・難しいんです。

だって、テニスの試合って負けること、辛いことが本当に多い。

負けて終わる、のがほとんどの大会。

でも、きっとアナタ自身もっと、自分の小さい成長に目を向けて良いはず。

永遠の初心者として、一緒にテニスの旅を続けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと

    寒い冬、どうしてもテニスのモチベーションが上がらない・・・日はあります…

  2. テニス 試合

    メンタル

    「なぜ、アナタは見た目だけでテニス選手の実力」を判断してしまうのか?という問題は深刻です

    試合会場に着いて、自分の名前が呼ばれる、または控えの試合に入る。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニス選手も人間だから「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ

    テニス選手として、最高に嬉しいこと。それはやっぱり、試合に勝つ…

  4. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

    昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かっ…

  5. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる

    毎日テニスの練習、楽しんで出来ていますか?「本当に楽しい!」と…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、現場で熱くなる必要は全く無い

    「熱い試合がしたい!」と考えているテニス選手の方は、多い。先日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    「シングルス、難しいっ!!」テニスの試合で苦手意識が浮き彫りになる理由とは?
  2. テニス 怪我

    テニス知識

    テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない
  4. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない
  5. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう
PAGE TOP