テニス シングルス

その他

他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない

「人と比べられないで、自分らしくありたい」

すごく大事なことですし、私もそのつもりです。

ですが、テニス、特に試合に出て勝ちたいという方には、あえて言いたい。

厳しく感じる方もいますが、だから楽しいとも言える。

ぜひ、この問題とみなさん、向き合ってみて下さい。

 

他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない

 

1.試合は、人と自分を比べる作業

実際にスコア、勝敗という差が付きますが、大前提はこれです。

自分と相手と、何が違うのか。

どれくらの差があるのか。

これを確認するのが、試合というモノです。

テニスに限らず、スポーツをするということ、相手と競うということは比べるということ。

ここは、避けて通れないんですよね。

比べるからには、劣っているという結論が出るかもしれない。

でも、勝っているという結果になるかもしれないし、それはやってみないと分からない。

ただ、「人と比べられる」という覚悟だけは持っておかないと。

独りよがり、なテニスになってしまいますからね。

 

2.比べられるから、テニスは楽しい

人と比べない、自分だけのテニス。

これって・・・楽しいですか?

もちろん、ボールを打ったりするだけ、でも楽しいと感じることはあります。

始めたばかりの初心者の方は、まさにそうでしょう。

でも、そこから先の楽しい何か、自己実現出来る何かって、やっぱり人と比べるから、競うから。

ここから逃げていては、そもそも試合では勝てないでしょう。

 

3.勝ち抜ける人は、人と比べられる覚悟がある人

私は、こう思います。

人と、対戦相手と、どうぞ比べて下さいと。

自分は一生懸命、自分のプレーをするし、しっかり全力を尽くす。

相手に勝とうと必死になった結果、を知りたいと考えている。

勝ち抜ける人は、そうやって自分を出し切って周りから評価を素直に求める。

だからこそ、最後までボールを追えるし、出た結果も受け入れることが出来る。

どこか、人と比べられることが怖い人は、やっぱり自分を出し切れない。

余力を残して、言い訳を残しておきたい。

そう考える人が、約8割くらいじゃないでしょうか。

 

4.比べた結果劣っていても、自分自身が否定された訳ではない

試合に負けて、相手より劣っているという烙印を押される。

これは、残酷ですがスポーツの世界ではよくある話。

テニスの試合でも、負けてしまえばそれは比べた結果、相手より劣っている、ということですから。

でも、だからと言って悲観する必要はありません。

劣っているという違いがあっただけで、アナタ自身が否定された訳ではない。

むしろ、しっかりと比べる場所、試合という土俵に上がっただけでも、私は価値あることだと思っています。

人と比べること、比べられること、に立ち向かってく。

そんな人生、何歳になっても面白いと思いませんか?

 

「人生はオーディションの連続、今頑張れない人はこの先も頑張れない」

これが基本、だと思います。

自分の好きに試合をして良い、テニスを楽しめば良いけど、それって人と比べられることが大前提の話ですから。

誰かに評価され、ルールで勝ち負けが決まる。

これがテニス、スポーツ。

比べられても恥じないテニス、にしていけば良い。

12月、今年もあと1ヵ月、やり残しのないようにテニス頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    その他

    苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと

    ふと、私も自分のテニスノートを見返してみました。そうすると、過…

  2. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

    私自身、中学と高校時代に、テニス部の主将を務めさせてもらいました。…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合はほとんど、「あるある」で始まり、「あるある」で終わる

    ざっくりしたタイトルですが、私が最近改めて思うこと。テニスの試…

  4. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

    団体戦の醍醐味、それは何と言ってもチームの重みを感じながら戦えること。…

  5. その他

    YouTubeチャンネルを成長させる、たった2つのコツ

    今回は、私が運営しているYouTubeチャンネルについて。ま…

  6. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

    これは、要は自分次第です。私は、少し笑顔、なくらいが緊張感が解…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?
  2. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
  3. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    「この打ち方って合ってますか?」テニスに必要な自己調整能力、上達には不可欠です
  5. テニス アクセス

    その他

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10
PAGE TOP