テニス 気付き

メンタル

勝つために自分のテニスが制約される、その葛藤と生きていくしかない

試合に出ていると、常に葛藤の連続。

みなさんも、勝ちたいと思ったらやりたいテニスが出来ない、という部分で悩んでいる方、多いと思います。

これは、難しい問題ですが一生ついて回ると思った方が良い。

試合に出る、ということは覚悟を決めるということ。

でも、勝つためにテニスが制約される、と考えるのはちょっと損かも知れないですね。

 

勝つために自分のテニスが制約される、その葛藤と生きていくしかない

 


 

1.実際に、手堅いテニスが中心になる

試合に勝ち上がるなら、ミスが少ない安定したテニス。

これが大前提、なのは否定しようがありません。

自分が打ちたいショット、も限定されるでしょうし、神経戦を戦い抜かないといけないプレッシャーもすごい。

でも、ここで考えて欲しいのは、「テニスが制約されている」は危険な発想だということ。

手堅いテニス、の中にも常に変化や創造性、は盛り込んでおかないと。

勝とう、勝とうと思って、結果的に自分のテニスが小さくなるのは未来が無いですから。

 

2.上を目指していくなら、テニスは拡げていかないといけない

私自身も経験してきたことですが、上のレベルで勝ちたいなら変化が必要。

テニスを拡げていく、という姿勢が絶対に必要なんですよね。

上を目指すなら、手堅いだけじゃ絶対にダメ。

常に自分の中で、新しい手を模索していかないと試合では勝てない、勝てる要素が生まれない。

ですので、私は時には勝負を度外視して、チャレンジするような試合も必要だと思っています。

強い相手にサーブ&ボレー、ネットプレーを入れてみたり、とにかく普通じゃないことにトライしてみる。

こういう視点が無いと、勝ちたいテニス、勝つためのテニスで勝てない、という感じで益々落ち込んでいきますからね。

 

3.でもやっぱり、試合では無難な策に出てしまう・・・

のが、普通です。

つい、失敗が怖いですから、安定した作戦でいきたくなります。

この葛藤、をしっかり自分の中で消化していくこと、が大事ですね。

勝つために、自分を殺すような感覚になることもあるでしょう。

もちろん、そういう意識も大事。

でも、失敗だけ怖がっている試合って、正直何も進歩が無いんですよね。

だからこそ、葛藤とチャレンジを繰り返す。

これが続けられる人が、試合に出続けられる。

試合に出続けられる人、が最後は勝っていくことにつながるんです。

 

4.テニスを通じて、自分を変えていける人が強くなる

私自身、そうでした。

テニスを通じて、色々なことを通じて、自分自身が変わっていく。

この過程こそ、成長だと思うんですよね。

葛藤無きところに、成長は無い。

テニスでも仕事でも、何でもそうだと思います。

順風満帆にいっているときは、もう成長が終わってその実力で成果が出ているとき。

だからこそ、テニスの葛藤は大歓迎のスタンスで。

自分を変えていけるのが、何より楽しいですから。

苦しいですけど、その苦しさを楽しさに変えられる時が、必ず来ます。

 

試合は何が苦しいって、結果が出ますからね。

それによって周りの見る目、も変わってくる、どう見られるのか、気にしてしまう。

でも、それはある意味、良い結果を出せば感じられる醍醐味、でもありますから。

自分自身の葛藤の中で、試合に勝てる選手になっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス フットワーク

    メンタル

    試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう

    試合に勝ちたい、勝てるようになりたい。テニスを始めて、少しずつ…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから

    本当に、気持ちの持ちよう一つだと思うんです。テニスの試合で力を…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

    テニス部、テニスサークル、どんなチームでも柱となる選手はいる。…

  4. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

    「サーブを打とうとしたら、相手ペアの前衛がサービスエリアに入ってきて邪…

  5. テニス 仲良し

    メンタル

    「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する

    みなさんの周りで、「ノリ」が良い人はいませんか?少なからず、い…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心が不可欠

    今自分がいる環境、みなさんはどう捉えていますか?「環境は恵まれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス リターン

    メンタル

    弱者のテニスに必要な5つの要素
  2. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番
  3. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる…
  5. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ
PAGE TOP