テニス 部活

メンタル

テニスが強くなる為に、孤独は通過点

テニスを強くしたい、強い選手になりたい。

そう考えているなら、きっとみなさん、この通過点を通ることになると思います。

試合に強くなる、結果を出していくということはこういうこと、ですから。

避けようと思うと、おかしな方向に向かっていくことになるでしょう。

 

テニスが強くなる為に、孤独は通過点

 


 

1.強くなると、変わるもの

それは、周りの目、です。

アナタ自身が結果を出してくると、きっと感じる機会があるでしょう。

仲間でもそうですし、対戦相手もそう。

強くなっていく、結果を出していくと、アナタ自身を取り巻く環境は必ず変わります。

時に、身に覚えのないようなこと、を陰で言われることもあるでしょう。

それで良い、気にしすぎないこと、です。

アナタ自身が結果を出してきた証拠、ですからね。

 

2.負かす相手が増えるんだから、当然の話

試合で勝っていけば、自然と対戦相手も増える。

テニスの試合は、ほとんどトーナメント形式、ですからね。

勝ちあがっていけばいくほど、「アナタに負けた選手」は自然に増えていく。

ここから逃げてはダメ、なんです。

孤独との戦い、に打ち勝たないと、試合に出続けるメンタルは育たない。

実は、メンタルの戦いって試合前の準備、でもう差がついているんですよね。

 

3.メンタルが強い人は、孤独に強い人

試合中、だってそうじゃないですか。

テニス選手は、最初から最後まで孤独です。

ダブルスの試合だって、打っているときはアナタ一人。

サーブが全然入らなくても、順番は回ってきますしね。

孤独を受け入れて、周りの目も理解したうえで、しっかりと試合をこなしていく。

メンタルが強い人って、結局はこういうことを理解して、精神を整えることが出来ている人、ですから。

みなさんも、意識次第、だと思いますよ。

4.テニスの試合で経験出来ること、は人生の財産になる

なかなか無い、ことじゃないですか。

孤独を感じて強くなる、のは私は人生において必要なステップだと思っています。

それを乗り越えた先に、自分を信用できるようになる。

ここまでいく前に、ほとんどの人が試合に出ること、出続けることを諦めていくんです。

勝負の世界、なんで土日の休みまで使って戦わないといけないの?と思いますからね。

でも、テニスの世界、勝負の世界じゃないと経験出来ないこと、たくさんありますから。

その大前提として、通過点としての孤独、を受け入れて頑張っていきましょう。

 

ある意味、孤独を感じらるようになる、ということは確実に強くなっている、ということ。

テニスに限らず、どんな勝負ごと、仕事だってそうでしょう。

そこで自分と向き合って、孤独を通過点にしていく。

T-PRESSはそんなストイックなみなさんを、これからも応援し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ロブ

    メンタル

    「メンタルが強くなって試合に勝てるようになる」よりも、「試合に勝っていく中でメンタルが養われていく」…

    今回、アンケートを実施させて頂いて、一番多かったお悩みの相談内容は「メ…

  2. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカンド序盤でトドメを!

    3セットマッチの長い試合、できればセカンドセットで勝って終わりたい・・…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない

    この連休でテニスの試合で出た、またはこれから出る方も多いと思います。…

  4. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる

    テニスの試合に出場した時、対戦相手を3種類に分ける事が出来ます。…

  5. メンタル

    「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

    「今年こそテニスノートを付けて、レベルアップするぞ・・・!」と意気込ん…

  6. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない

    皆さん、粘り強い相手は試合で嫌ですよね。でも、よく見極めて欲し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら「つなぎ球」を仕留める態勢で待ちかまえよう…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックが大きい相手選手には、速い展開で「準備不足」に陥れよう
  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します…
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    「アウトだと思ったら、入ってた…」を無くしたい!テニスのスマッシュ力を鍛える大胆…
PAGE TOP