テニス 部活

メンタル

テニスが強くなる為に、孤独は通過点

テニスを強くしたい、強い選手になりたい。

そう考えているなら、きっとみなさん、この通過点を通ることになると思います。

試合に強くなる、結果を出していくということはこういうこと、ですから。

避けようと思うと、おかしな方向に向かっていくことになるでしょう。

 

テニスが強くなる為に、孤独は通過点

 


 

1.強くなると、変わるもの

それは、周りの目、です。

アナタ自身が結果を出してくると、きっと感じる機会があるでしょう。

仲間でもそうですし、対戦相手もそう。

強くなっていく、結果を出していくと、アナタ自身を取り巻く環境は必ず変わります。

時に、身に覚えのないようなこと、を陰で言われることもあるでしょう。

それで良い、気にしすぎないこと、です。

アナタ自身が結果を出してきた証拠、ですからね。

 

2.負かす相手が増えるんだから、当然の話

試合で勝っていけば、自然と対戦相手も増える。

テニスの試合は、ほとんどトーナメント形式、ですからね。

勝ちあがっていけばいくほど、「アナタに負けた選手」は自然に増えていく。

ここから逃げてはダメ、なんです。

孤独との戦い、に打ち勝たないと、試合に出続けるメンタルは育たない。

実は、メンタルの戦いって試合前の準備、でもう差がついているんですよね。

 

3.メンタルが強い人は、孤独に強い人

試合中、だってそうじゃないですか。

テニス選手は、最初から最後まで孤独です。

ダブルスの試合だって、打っているときはアナタ一人。

サーブが全然入らなくても、順番は回ってきますしね。

孤独を受け入れて、周りの目も理解したうえで、しっかりと試合をこなしていく。

メンタルが強い人って、結局はこういうことを理解して、精神を整えることが出来ている人、ですから。

みなさんも、意識次第、だと思いますよ。

4.テニスの試合で経験出来ること、は人生の財産になる

なかなか無い、ことじゃないですか。

孤独を感じて強くなる、のは私は人生において必要なステップだと思っています。

それを乗り越えた先に、自分を信用できるようになる。

ここまでいく前に、ほとんどの人が試合に出ること、出続けることを諦めていくんです。

勝負の世界、なんで土日の休みまで使って戦わないといけないの?と思いますからね。

でも、テニスの世界、勝負の世界じゃないと経験出来ないこと、たくさんありますから。

その大前提として、通過点としての孤独、を受け入れて頑張っていきましょう。

 

ある意味、孤独を感じらるようになる、ということは確実に強くなっている、ということ。

テニスに限らず、どんな勝負ごと、仕事だってそうでしょう。

そこで自分と向き合って、孤独を通過点にしていく。

T-PRESSはそんなストイックなみなさんを、これからも応援し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている

    試合でメンタルが弱い、そんな自分が嫌で変えたい・・・という人。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    気持ちで負けないって、難しい

    言うは簡単、行うは難し。テニスの試合で、強い相手と対戦するとい…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

    テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょう…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

    テニスで試合に出ていると、どうにも自信が無さそうな選手が目立つ。…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから

    本当に、気持ちの持ちよう一つだと思うんです。テニスの試合で力を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    「スライスは伸びが命」テニスの試合で使える抑えの効いたスライスを覚えよう
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう
  3. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!
  5. テニス ストローク

    サーブ

    サーブに必要な下半身の土台は、「トスを低め」にすることで安定する可能性が大
PAGE TOP