テニス 部活

シングルス

個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

今年こそ、結果を出したい・・・。

そう、個人戦で!と考えている人は多いでしょう。

個人戦って、テニスの醍醐味。

ですが考え方をしっかり持っておかないと・・・危険です。

 

個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

 

1.練習は個人、では無い

試合は個人、かも知れませんが練習は違う。

テニスは個人だけ、では練習が出来ない。

個人戦で結果を出したいなら、アナタ自身、格上の選手からでも「一緒に練習しない?」と言われるくらいの選手にならないと。

ミスが少ない、時間に遅れない、しっかり準備をする。

当たり前のことを当たり前、に出来る選手になることが結果を出す第一歩です。

 

2.サーブとリターンに安定感を

個人戦は、とにかく試合数が多い。

ムダな体力を使わない、ことを考えないと、2試合目3試合目と1日で戦い抜くことが難しい。

このことを、しっかり練習の段階からイメージ出来ていれば強化すべきはサーブとリターン。

この最初のショットのミスを減らすだけで、勝てる試合、そして温存出来る体力は増えていくはずです。

 

3.ギアと準備にこだわろう

2.でも書いた通り、個人戦は体力勝負。

自分なりに、水分補給や栄養補給、着替えや体調管理、しっかり考えて実践する。

トーナメントで何試合も勝ち抜く為に、何が出来るでしょうか?

勝ち抜いている選手に聞くのも良いし、ネットや本で調べるのも良い。

自分なりのドリンクやサプリメント、もお金を出して買ってみる。

個人戦で戦うには、備えが何より大事です。

 

4.目の前の相手と戦おう

個人戦、戦うべきは目の前の相手。

これって、当たり前のことだと思いますか?

ほとんどの選手が、周りの目や当たるかも分からないシード選手にばかり、目がいってしまう。

普段の練習から、ネットを挟んだ相手に真剣勝負。

このことが出来ていない人は、個人戦の厳しい戦いを絶対に勝ち抜けません。

 

きっと、アナタ自身「何となく」でしか意識出来ていないこと、はまだまだ多いはず。

テニスの技術、よりも「すぐに出来ること、意識改革」でまだまだ個人戦は勝てる。

コート外の部分は、誰にも見られない。

だからこそ・・・色々準備するチャンス、だと思いませんか?

 

今回のまとめ

個人戦は準備力、そして体力コントロールで勝ち進む覚悟を持とう!

 

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

    シングルスの試合で、求められるストローク。それは、外に逃げてい…

  2. テニス シングルス
  3. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?

    相手をよく観察することの重要性、をこのサイトでは何度も書いてきました。…

  4. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」、という発想だけだと、余りに単純過ぎる

    シングルスの試合、イメージだけが先行しているケースが多い。「体…

  5. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ
  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一…
  3. テニス 部活

    練習メニュー

    高校からテニスを始めても「上達して強くなる」為に、必要な意識4つ
  4. テニス リターン

    練習メニュー

    人数が多いときに、「つなぎのストロークとボレーの基礎練習」がを同時に実践する練習…
  5. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?
PAGE TOP