テニス 部活

シングルス

個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

今年こそ、結果を出したい・・・。

そう、個人戦で!と考えている人は多いでしょう。

個人戦って、テニスの醍醐味。

ですが考え方をしっかり持っておかないと・・・危険です。

 

個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

 

1.練習は個人、では無い

試合は個人、かも知れませんが練習は違う。

テニスは個人だけ、では練習が出来ない。

個人戦で結果を出したいなら、アナタ自身、格上の選手からでも「一緒に練習しない?」と言われるくらいの選手にならないと。

ミスが少ない、時間に遅れない、しっかり準備をする。

当たり前のことを当たり前、に出来る選手になることが結果を出す第一歩です。

 

2.サーブとリターンに安定感を

個人戦は、とにかく試合数が多い。

ムダな体力を使わない、ことを考えないと、2試合目3試合目と1日で戦い抜くことが難しい。

このことを、しっかり練習の段階からイメージ出来ていれば強化すべきはサーブとリターン。

この最初のショットのミスを減らすだけで、勝てる試合、そして温存出来る体力は増えていくはずです。

 

3.ギアと準備にこだわろう

2.でも書いた通り、個人戦は体力勝負。

自分なりに、水分補給や栄養補給、着替えや体調管理、しっかり考えて実践する。

トーナメントで何試合も勝ち抜く為に、何が出来るでしょうか?

勝ち抜いている選手に聞くのも良いし、ネットや本で調べるのも良い。

自分なりのドリンクやサプリメント、もお金を出して買ってみる。

個人戦で戦うには、備えが何より大事です。

 

4.目の前の相手と戦おう

個人戦、戦うべきは目の前の相手。

これって、当たり前のことだと思いますか?

ほとんどの選手が、周りの目や当たるかも分からないシード選手にばかり、目がいってしまう。

普段の練習から、ネットを挟んだ相手に真剣勝負。

このことが出来ていない人は、個人戦の厳しい戦いを絶対に勝ち抜けません。

 

きっと、アナタ自身「何となく」でしか意識出来ていないこと、はまだまだ多いはず。

テニスの技術、よりも「すぐに出来ること、意識改革」でまだまだ個人戦は勝てる。

コート外の部分は、誰にも見られない。

だからこそ・・・色々準備するチャンス、だと思いませんか?

 

今回のまとめ

個人戦は準備力、そして体力コントロールで勝ち進む覚悟を持とう!

 

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い

    シングルスの試合、にチャレンジしているみなさん。きっと、ダブル…

  2. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

    シングルスの試合で使える、ちょっとしたアイデアを。特にフォアハ…

  4. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

    テニスの試合、特にシングルスの試合は「我慢」が必要な場面がある。…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

    最後まで諦めずに、ボールを追う。これって、本当に難しいし、特に…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?

    パッシングショット、シングルスで打つ場面を考えてみて下さい。き…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    サーブ

    ファーストサーブでガシャったら、「しっかり間を空けてから」セカンドサーブを振り抜…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    最初にアウトだと思っても、「結果的に入っても取れる」フットワークを癖付けよう
  4. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い…
  5. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!
PAGE TOP