戦術

自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい

試合前に考えること。

色々不安になることもあると思いますが、逆に楽観的過ぎる人はこういう感覚で良いでしょう。

終わってみて、何を感じるのか。

みなさん、実際に厳しい試合ではこんな感じじゃないですか?

 

自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい

 


 

1.実力差が無い、相手が上の試合では・・・

自分が納得いくボールなんて、そう打てない。

これくらいの覚悟、準備が大事です。

自分が打って、良い感じだったと思えるボールは1試合で3球くらいでしょう。

「え?少なくない?」と感じる人も、いるでしょう。

でも、実際に拮抗した試合の中で、プレッシャーと共にラケットを振る訳ですから。

この理想が高いと、ミスが多くなって自滅するだけです。

 

2.3球で良い、と思っておけば落ち込まない

実際に、毎回失点のたびに落ち込んでいる人、試合でいるじゃないですか。

勝てる雰囲気、無いですよね。

そういう人は、そもそも理想が高過ぎでミスを理解していない。

自分が納得出来るショット、試合で何本でも打てるし打ちたいと思っているんでしょうね。

残念ながら、それが出来るのは自分より実力がかなり劣る相手だけ。

上に勝ち上がっていけば、難しくなるのが当然です。

だから3球、が一つのキーワードになるんです。

 

3.納得できないショットでも、試合を作れるかどうか

これがテニスの試合、でキーワードになります。

実際は試合の中で、相手に押されながらも試合を作らないといけない。

ロブやスライス、のようなショットも有効ですよね。

派手さは無いけど、相手の攻撃を無効かしたり、イーブンに戻す。

こういうショット、を自分の中でぞんざいに扱っていると、試合では痛い目に遭うでしょう。

納得できないショット、の方が圧倒的に試合では多い。

だからこそ、その精度も上げておかないといけないんです。

 

4.試合後に、素早く振り返ってみる

試合後に、納得出来たショットを思い出してみる。

なぜこれが必要かと言えば、それはアナタ自身が「プレッシャーに影響され辛いショット」だからです。

サーブなのか、リターンなのか、ストロークなのか・・・。

知っておけば、次の試合でより自分を信じることが出来る。

納得出来るショットが打てる、と分かっていれば、勝負所での展開を自分のモノに出来る。

逆に練習では打てても試合で打てない、ようなショットは何なのか。

これも分かりますから、試合直後での振り返りは本当に大事ですね。

 

3球が普通、5球ならかなり調子が良い。

くらいの基準を、自分の中で設けてみて下さい。

1セットマッチ、意外と打てる数は少ないですからね。

自分ですべてのショット、を振り返れるくらいにしておかないと、上達は厳しいですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス トレーニング

    戦術

    「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはある?

    テニスの試合、何かしらは準備して皆さん試合に入る。それはネット…

  2. 戦術

    テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識

    テニスの試合、レベルが上がってくると「展開力」が問われる。ゲー…

  3. テニス チャンス

    戦術

    「このゲームを取れば勝ち、」のゲームで、準備しておくべき4つの具体策

    あと1ゲームで、この試合勝利・・・という場面で、アナタはいつも冷静にプ…

  4. テニス 雨

    戦術

    テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備える準備4つ

    これから梅雨の時期。テニスの試合会場では、必ず雨で待機・・・と…

  5. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

    試合が進んでいく中で、少しずつリード出来た場面。普通の人は、絶…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます

    アナタが試合をするとき、対戦相手はどんな特徴を持っているのか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です…
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合で不安になればなるほど、〇〇なことに気付こう
  3. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦…
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う
PAGE TOP