戦術

自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい

試合前に考えること。

色々不安になることもあると思いますが、逆に楽観的過ぎる人はこういう感覚で良いでしょう。

終わってみて、何を感じるのか。

みなさん、実際に厳しい試合ではこんな感じじゃないですか?

 

自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい

 


 

1.実力差が無い、相手が上の試合では・・・

自分が納得いくボールなんて、そう打てない。

これくらいの覚悟、準備が大事です。

自分が打って、良い感じだったと思えるボールは1試合で3球くらいでしょう。

「え?少なくない?」と感じる人も、いるでしょう。

でも、実際に拮抗した試合の中で、プレッシャーと共にラケットを振る訳ですから。

この理想が高いと、ミスが多くなって自滅するだけです。

 

2.3球で良い、と思っておけば落ち込まない

実際に、毎回失点のたびに落ち込んでいる人、試合でいるじゃないですか。

勝てる雰囲気、無いですよね。

そういう人は、そもそも理想が高過ぎでミスを理解していない。

自分が納得出来るショット、試合で何本でも打てるし打ちたいと思っているんでしょうね。

残念ながら、それが出来るのは自分より実力がかなり劣る相手だけ。

上に勝ち上がっていけば、難しくなるのが当然です。

だから3球、が一つのキーワードになるんです。

 

3.納得できないショットでも、試合を作れるかどうか

これがテニスの試合、でキーワードになります。

実際は試合の中で、相手に押されながらも試合を作らないといけない。

ロブやスライス、のようなショットも有効ですよね。

派手さは無いけど、相手の攻撃を無効かしたり、イーブンに戻す。

こういうショット、を自分の中でぞんざいに扱っていると、試合では痛い目に遭うでしょう。

納得できないショット、の方が圧倒的に試合では多い。

だからこそ、その精度も上げておかないといけないんです。

 

4.試合後に、素早く振り返ってみる

試合後に、納得出来たショットを思い出してみる。

なぜこれが必要かと言えば、それはアナタ自身が「プレッシャーに影響され辛いショット」だからです。

サーブなのか、リターンなのか、ストロークなのか・・・。

知っておけば、次の試合でより自分を信じることが出来る。

納得出来るショットが打てる、と分かっていれば、勝負所での展開を自分のモノに出来る。

逆に練習では打てても試合で打てない、ようなショットは何なのか。

これも分かりますから、試合直後での振り返りは本当に大事ですね。

 

3球が普通、5球ならかなり調子が良い。

くらいの基準を、自分の中で設けてみて下さい。

1セットマッチ、意外と打てる数は少ないですからね。

自分ですべてのショット、を振り返れるくらいにしておかないと、上達は厳しいですよ。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない

    最近は、みなさんもテニスを動画で見る機会が増えましたよね。私が学生…

  2. テニス シューズ

    戦術

    迷ったら強気、と試合前に決めておくこと

    どんなに準備しても、試合の現場では迷います。だからこそ、試合は…

  3. 戦術

    自分の「やられ方」が大事

    試合の中で、自分が失点をする。もちろん、これは何も嘆く必要は…

  4. 戦術

    テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事

    テニスは、相手から来たボールを打ち返す競技。サッカーやバスケ…

  5. 戦術

    センスとは、即ち合理性

    テニスを続けていると、何度となく「センス」という言葉を耳にします。…

  6. 戦術

    リスク無きテニスで、格上相手は倒せない

    「そんなの、当たり前だろー!」みなさん、そう思いますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    勝てるダブルスペアの雰囲気、はどすれば生まれる?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    深いボレーを下がってストローク、でその後は?
  3. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事
  5. 練習メニュー

    3列でボレー対ストローク、の練習を実戦向きに変えていくアイデアについて
PAGE TOP