リターン

リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する

リターンの精度を上げていくこと、みなさんも課題の一つだと思います。

特に男性で速いサーブに対抗するには、身体のターンを早くして安定させる必要がありますからね。

でも、難しく考えなくても大丈夫。

きっと、脇を少し意識するだけで、見違えるようにリターンの精度は上がると思いますよ。

 

リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する

 


 

1.リターンの安定は、素早いターンから

テイクバック、じゃなくて身体のターン。

ラケットを引くのではなく、上半身をターンさせてパッと準備を終える。

これだけ、の動作にしておかないと、試合で速いサーブには対抗出来ません。

フォアかバックかを素早く判断して、しっかり前に入りながらターンさせる。

素早いターンが出来て、しかもサーブの力に負けないようにしていくには、脇を締めること。

肩の力を抜いて脇を締める、ということを意識するだけで、かなりリターンは安定するはずです。

 

2.肘が軽く身体に触れるくらい、でOK

肘をなるべく、身体の近くにセットする。

そうすることで、ラケットを引き過ぎる、テイクバックが大きくなることを防ぐことが出来ます。

ラケットが後ろにいく、視界から消えること、が一番リターンミスの元になりますからね。

肘の位置を注意すれば、まず大振りは無くなるはず。

そして、自然と脇が締まって、コンパクトなリターンになるはずです。

 

3.上半身は45度ターン、でちょうど良い

私が試合のときは、これくらいのターンの角度を意識しています。

真横を向く必要は無い。

フォアハンド、バックハンド、どちらのリターンでも斜めにターンする感じでOK。

上半身だけこの素早いターン、が出来れば後は前に入る力を利用して打つ。

サーブが早ければ、その力を利用して打つ。

力んでも良いことは無いですからね。

脇を締めて45度のターン、を前に入りながら実践してみて下さい。

きっと試合の中で、安定したリターンを継続出来るでしょう。

 

4.脇を締めれば、ラケットの振り幅は自然と小さくなるはず

これが一番、今回のポイントです。

ラケットの振り幅を小さくする、ことが出来ればリターンは安定する。

パワーが足りない?と思ったら、より前に入ってタイミングを速くすることが大事でしょう。

相手からすると、後ろから強いリターンを打たれるよりも、前に入ってタイミングの速いリターンを合わされる方が嫌なはず。

脇を締めておくことで、リターンを安定させる。

上半身をターンさせていく、意識が大事ですね。

 

速いサーブに、ただ下がって返球するだけ・・・だと、それはそれで厳しい。

やっぱり小さいリターンにして前に入る、ことを意識しないと難しいですからね。

脇を締めてターン、小さく45度。

このキーワード、試合で思い出しながらリターンしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    パッと見遅いサーブ、に試合では気を付けろ

    強い相手のサーブは、必ず速い?いや、そんな感じでもないと思いま…

  2. リターン

    ファーストサーブのフォルトに、ヒントが!

    試合でリターンに立っている時、相手がサーブをフォルトする。これ…

  3. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう

    昨日のウィンブルドンの死闘、ご覧になった方も多いと思います。前…

  5. テニス 打点

    リターン

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ」も有効です

    ダブルスの試合、リターンのときによくの陣形を見てみる。そうする…

  6. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教えます

    リターンの反応の速さ、アナタは自分で速い方だと思いますか?個人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に!
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
  3. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ
  4. テニス 練習

    戦術

    コードボールで失点、のような後には、遠慮なく時間を使って間をあけること
  5. テニス 練習

    ストローク

    「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?
PAGE TOP