リターン

リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する

リターンの精度を上げていくこと、みなさんも課題の一つだと思います。

特に男性で速いサーブに対抗するには、身体のターンを早くして安定させる必要がありますからね。

でも、難しく考えなくても大丈夫。

きっと、脇を少し意識するだけで、見違えるようにリターンの精度は上がると思いますよ。

 

リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する

 


 

1.リターンの安定は、素早いターンから

テイクバック、じゃなくて身体のターン。

ラケットを引くのではなく、上半身をターンさせてパッと準備を終える。

これだけ、の動作にしておかないと、試合で速いサーブには対抗出来ません。

フォアかバックかを素早く判断して、しっかり前に入りながらターンさせる。

素早いターンが出来て、しかもサーブの力に負けないようにしていくには、脇を締めること。

肩の力を抜いて脇を締める、ということを意識するだけで、かなりリターンは安定するはずです。

 

2.肘が軽く身体に触れるくらい、でOK

肘をなるべく、身体の近くにセットする。

そうすることで、ラケットを引き過ぎる、テイクバックが大きくなることを防ぐことが出来ます。

ラケットが後ろにいく、視界から消えること、が一番リターンミスの元になりますからね。

肘の位置を注意すれば、まず大振りは無くなるはず。

そして、自然と脇が締まって、コンパクトなリターンになるはずです。

 

3.上半身は45度ターン、でちょうど良い

私が試合のときは、これくらいのターンの角度を意識しています。

真横を向く必要は無い。

フォアハンド、バックハンド、どちらのリターンでも斜めにターンする感じでOK。

上半身だけこの素早いターン、が出来れば後は前に入る力を利用して打つ。

サーブが早ければ、その力を利用して打つ。

力んでも良いことは無いですからね。

脇を締めて45度のターン、を前に入りながら実践してみて下さい。

きっと試合の中で、安定したリターンを継続出来るでしょう。

 

4.脇を締めれば、ラケットの振り幅は自然と小さくなるはず

これが一番、今回のポイントです。

ラケットの振り幅を小さくする、ことが出来ればリターンは安定する。

パワーが足りない?と思ったら、より前に入ってタイミングを速くすることが大事でしょう。

相手からすると、後ろから強いリターンを打たれるよりも、前に入ってタイミングの速いリターンを合わされる方が嫌なはず。

脇を締めておくことで、リターンを安定させる。

上半身をターンさせていく、意識が大事ですね。

 

速いサーブに、ただ下がって返球するだけ・・・だと、それはそれで厳しい。

やっぱり小さいリターンにして前に入る、ことを意識しないと難しいですからね。

脇を締めてターン、小さく45度。

このキーワード、試合で思い出しながらリターンしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

    試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。そんな時は、スライスリタ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

    リターンで攻撃的にいきたい。錦織選手の試合を観ていると、本当に…

  3. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

    リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。つい…

  4. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない

    ダブルスの試合、自分のリターンが相手前衛につかまる。これくらい…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

    学生の方は試合する機会が少ないかも知れませんが、社会人になると増えるの…

  6. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ボレー

    ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている
  2. テニス メンタル

    サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように…
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ネット際で押し込むスマッシュには、フォアボレーの要素も・・・」練習しておかない…
  4. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でと…
  5. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます
PAGE TOP