テニス ストローク

リターン

リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

リターンミスを減らしたい、減らせばブレイクのチャンスが拡がる。

けれどもなかなか打開策が見えて来ない人は、この基本を見直してみましょう。

スウィングをハッキリとストロークと分けて考えて、よりコンパクトにしていくとリターンは絶対に安定します。

 

リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

 


 

■リターンはなぜ、「コンパクトな振り幅」にしないといけないのか?

リターンは相手のサーブを打ち返す、ラリーの最初のショット。

最初のショットだから、リズムが取りにくい。

実際にレベルにもよりますが、皆さんが出ている大会のセカンドサーブであれば、相手の威力に押されて・・・みたいなケースは、少ないはず。

むしろ、力が入って当たり損ないになったり、飛び過ぎてアウトする。

そんなミスが多いんじゃないでしょうか?

ラケットの振り幅を小さくすれば、それだけボールをラケットの真ん中で捕らえる確率は上がる。

その為のコツは、「脇」にあります。

 

■「脇」を軽く締めることで、ラケット動作は限定される

脇を軽く締める。

あまりギュッと締めてしまうと逆に力が入りますので、軽く肘が横腹に触れるか触れないか、くらいが良いでしょう。

ストロークよりもあえて、窮屈にしていくことで、スウィングはコンパクトにすることが出来ます。

脇が開いていると、ラケットが動き過ぎてリターンが安定しない。

リターンはしっかり脇を意識すると、それだけで劇的に安定します。

 

■「威力が出ないんじゃないの?」と心配な方は、ライジングで打っていこう

威力を心配する方、何も問題ありません。

打点とポジションを前、に確保して、ライジング形式で打っていくようにしましょう。

きっと相手の力を利用して、力のあるリターンを打てるはずです。

威力を出したいと力んでしまうと、また脇が空いてしまう。

しっかり脇を締めてまずはインパクトに集中すること、が大事です!

 

リターンが入らないと、試合にならない。

パニックになっている間に、試合は終わってしまいます。

具体的に、どこをチェックして直していくのかは、練習中からしっかり意識しましょう。

全ての方に、「脇」の確認はオススメです。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる

    テニスの試合、サーブの特徴は早く把握するに越したことは無い。特…

  2. リターン

    フォルトも打ち返す、そんな気概でリターンを

    相手のサーブが、微妙なところに入る。インと言えばイン・・・の…

  3. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

    今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことにつ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、と…

  5. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

    試合で勝つための必要なのに、見落とされがちな技術。その中でも大…

  6. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったら…

特集記事

  1. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない
  2. 筋トレ

    テニス知識

    体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度の…
  5. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事
PAGE TOP