テニス ダブルス

リターン

両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

相手のサーブで、バックハンド側を狙われてしまうと・・・苦しい人。

はい、私もそうでした・・・。

でも、両手バックンドストロークを打っていた頃、このちょっとしたコツでグッと安定感を増した記憶があります。

今、両手バックハンドリターンで悩んでいる人がいたら、ぜひ試して欲しいコツです。

 

両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

 

1.やり方は簡単!片方の脇、を完全に締めてリターンしてみる

そう、凄く簡単です。

例えば右利きの方であれば、左脇を締めて打つ。

肘が自分の肋骨に密着する、くらいしっかり脇を締めてみて下さい。

利き腕側、右腕は軽く脇を空けておく。

コツは、これだけです。

その形で、しっかりボールに近付いていく、前に踏み込んでいってみる。

すると・・・どうでしょう。

脇を締めているので、重いサーブにもボールに負けない、でリターン出来るはずです。

 

2.窮屈でも、ラケット面が安定するからリターンが安定する

何度も私は、リターンは「前に踏み込んで!」と書いてきました。

でも、実際は重いサーブだと押されて厳しい、ラケット面がグラついてしまう感じありませんでした?

こういう人の為に、今回のコツはあります!

片方の脇を締めて、ラケット自体を固定してあげる。

自然と、打った後も脇を締めたまま・・・を意識すると、フォロースルーも小さくなる。

しっかりボールに近付いて打つ癖、が身に付いてくれるんです。

 

3.男性サーブに苦戦する、女性の方にもお勧め!

これ、大人の社会人の方、ベテランの方でミックスダブルスをプレーする方にもお勧めです。

やっぱり女性のバックハンドリターン、当然狙われます。

男性の重いスピンサーブでも、この方法ならラケット面が負けないはず。

ただし、高い打点はやっぱり脇を空けないと難しいのは確かです。

だったら、前に入ってバウンドしてボールが上がってくる前、を捕らえるくらいのイメージで良いでしょう。

脇に固定していれば、そんなに男性サーブにも負けないはずです。

 

最初は、結構窮屈だと思います。

でも緊張感のある試合でも、きっと効果的な技になるはず。

バックハンドリターンが安定しないのは、両手で持っているのにラケット面がグラついてしまうから。

もうそんな不安定なリターンは、卒業しましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

    シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。今回は、…

  2. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨こう!」その理由はシ…

    ダブルスの試合、「試合慣れしてるな・・・」と感じるのはリターンダッシュ…

  3. リターン

    リターンに最適な、テイクバックの高さについて

    リターンミスが多い人が、意識したいポイント。私は、テイクバッ…

  4. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  5. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に見せていこう

    ダブルスの試合、「リターンをポーチに出る」という作戦を実践しているペア…

  6. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です

    ダブルスの試合では、リターンのプレッシャーが厳しい。シングルス…

特集記事

  1. サーブ

    ファーストサーブが入らない、本当の理由
  2. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットス…
  3. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い
  4. テニス リターン

    ボレー

    ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイント…
  5. テニス 環境

    その他

    「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい
PAGE TOP