テニス ダブルス

リターン

両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

相手のサーブで、バックハンド側を狙われてしまうと・・・苦しい人。

はい、私もそうでした・・・。

でも、両手バックンドストロークを打っていた頃、このちょっとしたコツでグッと安定感を増した記憶があります。

今、両手バックハンドリターンで悩んでいる人がいたら、ぜひ試して欲しいコツです。

 

両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

 

1.やり方は簡単!片方の脇、を完全に締めてリターンしてみる

そう、凄く簡単です。

例えば右利きの方であれば、左脇を締めて打つ。

肘が自分の肋骨に密着する、くらいしっかり脇を締めてみて下さい。

利き腕側、右腕は軽く脇を空けておく。

コツは、これだけです。

その形で、しっかりボールに近付いていく、前に踏み込んでいってみる。

すると・・・どうでしょう。

脇を締めているので、重いサーブにもボールに負けない、でリターン出来るはずです。

 

2.窮屈でも、ラケット面が安定するからリターンが安定する

何度も私は、リターンは「前に踏み込んで!」と書いてきました。

でも、実際は重いサーブだと押されて厳しい、ラケット面がグラついてしまう感じありませんでした?

こういう人の為に、今回のコツはあります!

片方の脇を締めて、ラケット自体を固定してあげる。

自然と、打った後も脇を締めたまま・・・を意識すると、フォロースルーも小さくなる。

しっかりボールに近付いて打つ癖、が身に付いてくれるんです。

 

3.男性サーブに苦戦する、女性の方にもお勧め!

これ、大人の社会人の方、ベテランの方でミックスダブルスをプレーする方にもお勧めです。

やっぱり女性のバックハンドリターン、当然狙われます。

男性の重いスピンサーブでも、この方法ならラケット面が負けないはず。

ただし、高い打点はやっぱり脇を空けないと難しいのは確かです。

だったら、前に入ってバウンドしてボールが上がってくる前、を捕らえるくらいのイメージで良いでしょう。

脇に固定していれば、そんなに男性サーブにも負けないはずです。

 

最初は、結構窮屈だと思います。

でも緊張感のある試合でも、きっと効果的な技になるはず。

バックハンドリターンが安定しないのは、両手で持っているのにラケット面がグラついてしまうから。

もうそんな不安定なリターンは、卒業しましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

    昨日の錦織選手の試合、悔しかったですね・・・。みなさんも、同じ…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!

    スライスでリターン、練習したことはありますか?普段のストローク…

  3. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

    試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。そんな時は、スライスリタ…

  4. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いて…

  5. テニス ボレー

    リターン

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4つ

    ネットプレーが得意、またはこれから磨いていきたいという方にお勧めなのが…

  6. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、と…

特集記事

  1. テニス 観察眼

    練習メニュー

    人数が多い練習で、「効率良く実戦的なメニュー」を行う為に必要なアイデアとは?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例
  3. シングルス

    シングルスの試合では、「ダウンザラインからネットへの迫力」こそ大事
  4. テニス 陸上

    メンタル

    「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ
  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう
PAGE TOP