テニス 序盤

その他

テニスでも何でも、柱があっての横展開じゃないと

自分のテニスの方向性について、上達について。

みなさんにも、ぜひ持っておいて欲しい視点があります。

当たり前の話かもしれませんが、色々やるにしても「柱」という意識は大事。

それこそまさに、アナタ自身そのもの、ですからね。

 

テニスでも何でも、柱があっての横展開じゃないと

 

1.柱、は必ずあるはず

レベルや経験に関係なく、柱は既にあるはず。

それこそ、テニスを始める前から、アナタ自身そのものですから。

テニスをやってみたいと思った動機、そこにも必ずアナタらしさがあるはず。

実際に始めてみて、どうでしょう。

初心者の方でも、スタート時点からみんな打ち方が違いますよね。

片手打ち、両手打ち、それらもアナタ自身で意思決定して選択してきたはずですから。

柱、とはつまりアナタ自身の意思決定の背景、のようなものですね。

 

2.色々やるのはすごく大事!でも・・・

しっかり、考えて欲しいポイントがあります。

私が書いてきたように、とにかくテニスの上達には色々トライしていくこと、挑戦して失敗することが大事。

横展開していく意識が無いと、テニスは上達していきませんからね。

でも、この横展開もただ「色々やっては、終わる」形だと進歩していかない、続いていかない。

そこで必要なのが、アナタ自身の「柱」となっている部分。

「なぜ、それを自分がやるのか?」という問いかけ、はすごく大事なんですよね。

 

3.「戻れる場所」があるから挑戦できる

私自身、も時々立ち止まって考えることがあります。

このブログ、にしてもそうです。

色々と書いたり挑戦できるのは、私自身が戻れる場所があるから。

それは、「とにかく試合に勝ちたい、という読者のみなさんの為に」という目的。

これが無ければ、何も出来ない。

逆に、迷った時にはこの自問自答に戻れば良い。

厳しいこと、も必要だと思ったら書いていく。

基本と逸脱している、と思っても試合に効くと思ったら書いていく。

これだけ、ですね。

 

4.自分の柱、はどんどん可視化していこう

きっと、テニスノートがそれだと思うんですよね。

誰に何と言われようと、アナタ自身がどう考えて、どう決断してきたのか。

ぜひ、ノートに書き留めて可視化していって下さい。

これ、本当に財産になりますから。

大事なのは、アナタの本音を大事にすること。

そこから、自分の柱となっている意志を確認すること。

テニスだけじゃない、きっともっと広い意味で、アナタ自身の人生に効いてくるはずです。

 

自分に柱を作ること、そこから横展開していくこと。

テニスの戦術や練習、生き方にも通ずる部分だと思います。

私はこれからも、自分自身の視点で、このサイトを通じてみなさんにヒントを送り続けたい。

柱となる、「試合に勝つために」というキーワードと共に。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス 練習

    その他

    テニスの試合では、「ミスは責めないで、プロセスを責める」ことで失敗を繰り返さない選手になれる

    試合を通じて、色々な反省や課題が出てくる。ですが、ここで問題な…

  2. その他

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

    夏から秋は、台風や暴風雨の季節。今年も日本各地で、大変な被害が出て…

  3. テニス ボレー

    その他

    「プロテニス選手の試合は、ココを観ると自分に活かせる!」試合の観戦力磨いて強くなる方法5つ

    最近ではスマートフォンやパソコンで、誰でも気軽にプロ選手の試合を観るこ…

  4. テニス 試合

    その他

    「ダブルスよりもシングルス!?」テニスの試合で成長する為に必要な考え方

    俺が現役で選手をやっている頃、周りの選手はシングルスで何とか結果を出そ…

  5. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!

    昨日、久し振りに英語を話した。ちょっとした会話程度だったから、そん…

  6. テニス メンタル

    その他

    アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず

    テニス界にいると、随分と自分の過去に悩んでいる人が多い。実績が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ベースラインからのストローク展開で、「ライジングショットがなぜ必要なのか?」を改…
  3. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応…
PAGE TOP