テニス 序盤

その他

テニスでも何でも、柱があっての横展開じゃないと

自分のテニスの方向性について、上達について。

みなさんにも、ぜひ持っておいて欲しい視点があります。

当たり前の話かもしれませんが、色々やるにしても「柱」という意識は大事。

それこそまさに、アナタ自身そのもの、ですからね。

 

テニスでも何でも、柱があっての横展開じゃないと

 

1.柱、は必ずあるはず

レベルや経験に関係なく、柱は既にあるはず。

それこそ、テニスを始める前から、アナタ自身そのものですから。

テニスをやってみたいと思った動機、そこにも必ずアナタらしさがあるはず。

実際に始めてみて、どうでしょう。

初心者の方でも、スタート時点からみんな打ち方が違いますよね。

片手打ち、両手打ち、それらもアナタ自身で意思決定して選択してきたはずですから。

柱、とはつまりアナタ自身の意思決定の背景、のようなものですね。

 

2.色々やるのはすごく大事!でも・・・

しっかり、考えて欲しいポイントがあります。

私が書いてきたように、とにかくテニスの上達には色々トライしていくこと、挑戦して失敗することが大事。

横展開していく意識が無いと、テニスは上達していきませんからね。

でも、この横展開もただ「色々やっては、終わる」形だと進歩していかない、続いていかない。

そこで必要なのが、アナタ自身の「柱」となっている部分。

「なぜ、それを自分がやるのか?」という問いかけ、はすごく大事なんですよね。

 

3.「戻れる場所」があるから挑戦できる

私自身、も時々立ち止まって考えることがあります。

このブログ、にしてもそうです。

色々と書いたり挑戦できるのは、私自身が戻れる場所があるから。

それは、「とにかく試合に勝ちたい、という読者のみなさんの為に」という目的。

これが無ければ、何も出来ない。

逆に、迷った時にはこの自問自答に戻れば良い。

厳しいこと、も必要だと思ったら書いていく。

基本と逸脱している、と思っても試合に効くと思ったら書いていく。

これだけ、ですね。

 

4.自分の柱、はどんどん可視化していこう

きっと、テニスノートがそれだと思うんですよね。

誰に何と言われようと、アナタ自身がどう考えて、どう決断してきたのか。

ぜひ、ノートに書き留めて可視化していって下さい。

これ、本当に財産になりますから。

大事なのは、アナタの本音を大事にすること。

そこから、自分の柱となっている意志を確認すること。

テニスだけじゃない、きっともっと広い意味で、アナタ自身の人生に効いてくるはずです。

 

自分に柱を作ること、そこから横展開していくこと。

テニスの戦術や練習、生き方にも通ずる部分だと思います。

私はこれからも、自分自身の視点で、このサイトを通じてみなさんにヒントを送り続けたい。

柱となる、「試合に勝つために」というキーワードと共に。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事

    試合中に、何かを考え過ぎて上手くいかなくなること。テニスの試合…

  2. テニス 目

    その他

    「利き腕」という言葉があるように「利き目」もあることを、テニス選手なら理解して練習しよう

    皆さんは利き腕、どちらか聞かれればすぐに答えることができますよね。…

  3. テニス ストローク

    その他

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう

    「○○の弱点、どうしても直したいんです」というような相談、たくさん頂き…

  4. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大会」を観に行こう!

    来月に開催が目前に迫った、全国選抜高校テニス大会、通称「センバツ」。…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です

    「テニスが上手くなりたいので、教えて欲しい」と、ありがたいことにお声を…

  6. テニス セルフジャッジ

    その他

    テニスの試合中に、「熱中症かも知れない・・・」と気付くべきシグナルは、必ず知っておきましょう

    「こんな時期から、熱中症の話?」と思った方、もしかすると試合で痛い目を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です
  2. テニス フェデラー

    メンタル

    試合で自分を盛り上げたいなら、「長いラリーのポイントを獲った後」には声を出して自…
  3. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー
  4. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したこ…
  5. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、スライスでさばく技術が無いとリターンで苦労する
PAGE TOP