テニス 雪

その他

もしアナタが「テニスで大きな失敗」をするとしたら、人生で一番若い今日という日がベスト

テニスを続けていれば、楽しいことも辛いこともある。

「若いうちは、苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが、その是非はともかく、若いうちは特権がある。

そう、何を経験してもそれを糧に出来る未来があるから。

テニス選手も、同じです。

失敗力、が高い選手は成長も早い。

アナタ自身、今からでも全然遅くはないですよ。

 

もしアナタが「テニスで大きな失敗」をするとしたら、人生で一番若い今日という日がベスト

 


 

1.同級生に袋叩きにされた大学一年の頃

少しだけ、私の話を。

大学一年生の頃、新入部員の中で私は完全に孤立してました。

なぜなら、同級生に向かって「お前ら、やる気あるのか!」と毎日のように叫んでいたから。

2ヶ月くらいは我慢してもらえたみたいですが、6月にみんなの感情が爆発。

その後1ヶ月は誰も口を聞いてくれませんでした。

今覚えば、100%自分が悪い。

ですがそのとき、1ヶ月間1人になってみて、人に何かを「伝える」ことの大切さと難しさを学んだように思います。

このブログも、そのときの経験が活かされていると、つくづく感じるのです。

 

2.「今日」という日が、アナタの人生で一番若い日

当たり前だと思うかも知れませんが、実際そうです。

明日は今日より、1日歳を重ねている。

そう考えると、失敗は若いうちにやっておくに越したことは無い。

大きな失敗も、後々になれば小さな失敗になり、いつの間にか成功の種になる。

それは60歳の方だろうが、90歳の方だろうが同じです。

自分の先の人生、何歳まであるか分からない。

だからこそ、失敗を活かせる時間が1秒でも長い方が幸せ、だと思いませんか?

 

3.テニス界、テニス選手には、まだまだ失敗が足りない!

日本テニス界の閉塞感って、この失敗不足だと思うんです。

一つの失敗で、周りは騒ぎ過ぎだし選手も自信を失い過ぎ。

アナタ自身、テニスを通じて出来ることはもっともっと、たくさんある。

プレーにしてもそうだし、将来を考えれば選手として目指す、指導者やトレーナー、審判や色々な道がある。

どんな道でも、第一人者と呼ばれる人は大きな「失敗」を繰り返してきている。

さぁ、今日、何をしましょうか、始めましょうか。

今一度、考えてみて行動を興して欲しいと思います。

 

「このサイト、も守りに入っていないか?」と、今書いていて思いました。

守りに入っている、気がします。

偉そうに皆さんに書いて伝えているので、私も頑張ります。

どんどん、変わっていきます、T-PRESSも。

たくさんの失敗に、どうか気長にお付き合い下さい・・・。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます

    プロ選手でも一般の方の試合、学生さんの試合でも、試合終了後は握手をして…

  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一番です

    ストロークの「打点」で悩んでいる人、意外と多くありませんか?自…

  3. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切

    暑いこの時期、練習、試合と皆頑張って動きまくっていると、大量の汗をかい…

  4. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち

    テニス選手の活動をしていると、いろんな体験をする。それはキツイ…

  5. テニス メンタル

    その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?

    読者の皆さんの中にも通っている方が多くいるであろう、テニススクール。…

  6. テニス 戦術

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合はほとんど、「あるある」で始まり、「あるある」で終わる
  3. テニス ボレー

    メンタル

    みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴
  5. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件…
PAGE TOP