テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い

シングルスの試合、にチャレンジしているみなさん。

きっと、ダブルスよりも「コートが広い、自分一人で頑張って走らないと・・・」と思っている方、多いんじゃないでしょうか。

これも実は、考え方次第。

私はいつも、半面勝負で負けないこと、を意識して試合に臨んでいます。

 

シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い

 

1.まず局面で打ち勝つ、ことが大事

下手に展開しよう、空いているコースに打とう、と焦らないこと。

私はいつも、シングルスの試合は「クロス半面」の打ち合いだと思っています。

ここで負けなければ、大丈夫。

相手が逃げてくるような展開、は大歓迎。

まずいのは、自分からラリーを避けるような形で、ストレート方向に逃げてしまうこと。

これをやってしまうと、流れは悪くなっていきます。

とにかく、クロスラリーでリズムを作る。

この意識で試合に入るだけで、かなり楽になると思いますよ。

 

2.バックハンドも、クロスラリーならかなり楽!

実際に、試合ではこうじゃないでしょうか?

バックハンドを狙われると辛いけど、バックハンドのクロスラリーを相手と続ける、と思えば少し楽になる。

実際に、プロ選手の試合でもバックハンドのクロスラリーの応酬、多いですよね。

無理にストレートに展開する、必要は無いと私は思いますよ。

相手から押されても、しぶとく高い軌道でクロスコートに返球する。

クロスコートですから、かなり深くてもインになるはず、ですから。

 

3.大事なのは、ストロークを振り切る意識

クロスラリーが有効なのは、しっかりラケットを振り切れるから。

クロスコートは長いので、アウトの可能性は低い。

ネットの上もセンターを通過するので、多少打球が低くても、ネットは超えてくれる。

だから、ストロークを打つ側としては入りやすい可能性が高い、思いっきり振っていける。

そう考えると、シングルスの試合もシンプルじゃないですかね?

相手と、クロスラリーをしっかりする、焦らず、じっくり。

この意識が、序盤は大事です!

 

4.深くクロスを打てた後には、浅いボールをケア

自分のボールが相手を押し込んで、深く入っていく。

そうなると、次はもちろん相手のボールが浅くなる可能性が高いですよね。

しっかり前をケアして、浅いボールからの攻撃イメージを持っておくこと。

クロス半面の打ち合いから、チャンスを引き出して攻撃していく。

シングルスの試合、シンプルにこれでいきましょう!

 

この作戦で入って、クロスラリーで押される展開が多いようなら、きっと相手は格上。

このまま後ろで打ち合うと厳しいので、そこからネットプレーやドロップ系、を混ぜて展開していきましょう。

最初はまず、相手の実力をクロスラリーで測ってみる。

これくらいの意識で、私はちょうど良いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. シングルス

    シングルスでのネットフォルト、とことん自分が損するだけ

    シングルスの試合で、セルフジャッジ。そんなときに、何気なく打っ…

  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダメ

    シングルスの試合、最高に良いサーブがコーナーを突いて入る。でも…

  3. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  4. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  5. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    試合は練習のように、練習は試合のように。と思っていても、なかな…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

    学生の皆さんやジュニアの選手の試合を見ていると、ネットプレーがほとんど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    バンバン打って来る相手に、並行陣でどう対抗する?
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリーの球出し改革、全てが良い方向に
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分がコントロール出来そうにない「何か」を目の前にしたときに、普通の人は否定から…
  4. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる
  5. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの…
PAGE TOP