テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い

シングルスの試合、にチャレンジしているみなさん。

きっと、ダブルスよりも「コートが広い、自分一人で頑張って走らないと・・・」と思っている方、多いんじゃないでしょうか。

これも実は、考え方次第。

私はいつも、半面勝負で負けないこと、を意識して試合に臨んでいます。

 

シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い

 

1.まず局面で打ち勝つ、ことが大事

下手に展開しよう、空いているコースに打とう、と焦らないこと。

私はいつも、シングルスの試合は「クロス半面」の打ち合いだと思っています。

ここで負けなければ、大丈夫。

相手が逃げてくるような展開、は大歓迎。

まずいのは、自分からラリーを避けるような形で、ストレート方向に逃げてしまうこと。

これをやってしまうと、流れは悪くなっていきます。

とにかく、クロスラリーでリズムを作る。

この意識で試合に入るだけで、かなり楽になると思いますよ。

 

2.バックハンドも、クロスラリーならかなり楽!

実際に、試合ではこうじゃないでしょうか?

バックハンドを狙われると辛いけど、バックハンドのクロスラリーを相手と続ける、と思えば少し楽になる。

実際に、プロ選手の試合でもバックハンドのクロスラリーの応酬、多いですよね。

無理にストレートに展開する、必要は無いと私は思いますよ。

相手から押されても、しぶとく高い軌道でクロスコートに返球する。

クロスコートですから、かなり深くてもインになるはず、ですから。

 

3.大事なのは、ストロークを振り切る意識

クロスラリーが有効なのは、しっかりラケットを振り切れるから。

クロスコートは長いので、アウトの可能性は低い。

ネットの上もセンターを通過するので、多少打球が低くても、ネットは超えてくれる。

だから、ストロークを打つ側としては入りやすい可能性が高い、思いっきり振っていける。

そう考えると、シングルスの試合もシンプルじゃないですかね?

相手と、クロスラリーをしっかりする、焦らず、じっくり。

この意識が、序盤は大事です!

 

4.深くクロスを打てた後には、浅いボールをケア

自分のボールが相手を押し込んで、深く入っていく。

そうなると、次はもちろん相手のボールが浅くなる可能性が高いですよね。

しっかり前をケアして、浅いボールからの攻撃イメージを持っておくこと。

クロス半面の打ち合いから、チャンスを引き出して攻撃していく。

シングルスの試合、シンプルにこれでいきましょう!

 

この作戦で入って、クロスラリーで押される展開が多いようなら、きっと相手は格上。

このまま後ろで打ち合うと厳しいので、そこからネットプレーやドロップ系、を混ぜて展開していきましょう。

最初はまず、相手の実力をクロスラリーで測ってみる。

これくらいの意識で、私はちょうど良いと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイント

    対戦したときに、相手のストロークが速いと慌ててしまう。結果的に…

  2. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

  3. シングルス

    シコラーを攻め切るには、まずシングルスの試合はこの作戦でいこう!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

  4. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

    シングルスの試合で、有効にネットプレーを入れていくには基本が大事。…

  5. テニス シングルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう
  2. テニス ボレー

    その他

    「楽しく工夫できる人は、テニスに向いている!」毎日同じことの繰り返しでは、試合に…
  3. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも
  4. テニス メンタル

    メンタル

    0-6というスコアを見れば分かる通り、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない
  5. ストローク

    ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ
PAGE TOP