テニス リターン

ボレー

打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

ボレーは、踏み込んでいく方向があります。

みなさんは、こんなアドバイスをもらったことはありませんか?

「打ちたい方向に、踏み込んでいきましょう!」

確かに、そういうボレーもあります。

でもそればっかり、じゃないですよね。

踏み込む方向と打つコースが同じ、って、どんなケースでしょう?

 

打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

 

1.逆クロス方向は、同じになる

踏み込む方向と、ボールを飛ばす方向。

みなさん、イメージしてみましょう。

ボレーでは、逆クロス方向、に流すようなボレーになるときには、この考え方でOK。

前足で踏み込んで、力を伝えていけると良いですよね。

右利きの方のフォアハンドボレーなら、逆クロス方向に打つなら左足をしっかり、逆クロスの方向に踏み込んでいく。

この意識は、大事です。

でも、純クロス方向だと・・・どうでしょうか?

 

2.クロス方向へのボレー、踏み込む足は・・・?

これは、打つ方向と異なります。

純クロスの方向に打つときには、打つ方向と踏み込む方向は異なる。

先ほどの右利きのフォアハンドボレーであれば、左足はネットと垂直、くらいに出していく。

そして、ボールはクロス方向、左前に飛んでいく。

イメージ、出来るでしょうか?

ボールが飛んでいく方向に足を出すと、身体が開いてしまって良いボレーが打てない。

身体を閉じるようなボレー、がクロス方向へのボレーでは基本になります。

この動き、はちょっと「窮屈」に感じるかも知れませんね。

これが難しいんです、テニスは。

 

3.逆クロス方向へのボレーは簡単

私は、そう思います。

逆クロス方向へのボレーは、打つ方向が見えますからね。

純クロス方向は、踏み込む足とボールが飛んでいく方向が違いますから、窮屈になるんです。

でもこの窮屈さ、が、安定の元。

ほとんどの方が、身体が開いてしまいますからね。

踏み込み足を、しっかり意識すれば安定感が増す。

逆クロスは、打ちたい方向に。

純クロスは、それが異なる。

この意識だけだいぶ違いますよ。

 

4.ネットプレー、逆クロス方向に力強くボレーを!

今回、私が伝えたかったのはこれです。

逆クロス方向、なら足を踏み込んでいく、その方向がボールの軌道と一緒で良い。

だからこそ、足で運ぶ。

足で運ぶボレーは、逆クロス方向に力強く打ちやすい。

この意識、希薄な人が多いんですよね。

踏み込み足を使うことで、逆クロス方向のボレーはグッと安定する。

なかなか、力を伝え辛いじゃないですか、逆クロス方向へのボレーって。

足で伝える、踏み込んで伝える。

これが一番ですよ。

 

力んでも、良いボレーは打てません。

しっかりリラックスして、上半身ではなく下半身で伝える。

これが大事。

逆クロス方向、純クロス方向、踏み込み足はみなさん、どうですか?

意識を向けるだけで、安定感もパワーも向上出来るはず。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、実は隙だらけなことに気付いていない選手が多い

    「決まった!」と思ったら、返球されて慌ててしまう。この繰り返し…

  2. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボール」のさばき方につい…

    足元のボール、特にネットプレーやサービスライン近くにいるときに、テニス…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる

    テニスの試合の中で、攻めているのに決まらない。毎回相手に返球さ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「チャンスのようで打ちにくいかも・・・」ネットに詰めて決め切るボレーのコツ5つ

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでもネットに近い位置で打つボー…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで覚えたいタッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

    ボレーで磨きたい、「タッチ感覚」。柔らかいドロップ系のショット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5…
  2. ストローク

    女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合の現場では、「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスにつ…
PAGE TOP