テニス ロブ

戦術

テニスの試合、ストライクゾーンで勝負する姿勢を忘れずに

テニスの試合の中で、私が意識していること。

それは、野球に例えるなら「ストライクゾーン」で勝負していくということ。

これって、よく誤解されるのですが・・・「曲者」と呼ばれる選手ほど、実は大事な場面では正攻法、確実な戦術で挑むことが多い。

テニスも試合も、確率論での考え方は大事。

アナタ自身の試合にも、参考になるはずです。

 

テニスの試合、ストライクゾーンで勝負する姿勢を忘れずに

 

1.コートの端には、基本的に打たないのが大原則

ちょっとした誤差、でアウトになる。

これは、テニスの試合ではよくあること。

明らかに相手は追い付けない、ようなボールで「ナイスショット!」と思っても、少しでもコートの外側に落ちればそのボールはアウト。

テニスの試合、ナイスショットと失点は本当に紙一重・・・のように思います。

ですが、これはちょっと危険な考え方でしょう。

そもそも、ライン際を狙うような場面、試合では少ない。

私はそう考えています。

 

2.ライン際ではなく、センター中心で良い

ストライクゾーンとは、テニスコートで言えばセンター。

ダブルスでの試合、2人の真ん中、ですね。

基本はここで勝負していくという姿勢が大事だと私は考えています。

ライン際を使うことは、極力しない。

外側のボール、アングルショットももちろん必要、だからこそ相手に触らせるくらいで良い。

触らせて、センターを使う。

センターなら、「ど真ん中」を通過してもイン、の判定ですし、狙いやすいしネットも低い。

コートの端、で勝負していこうという人が多いのは、不思議でなりません。

 

3.ストライクゾーンで勝負出来れば、自分のミスは減る

自分のミスが多いと感じている人は、なおさらこの基本を見直して欲しい。

シングルスの試合でも、センターへの深いボールはとても有効。

そこから左右に展開、していけばミスも減るでしょう。

最初からコートの端、端を狙うから、ミスが早くて自滅する。

ダブルスの試合も同じですね。

2人の間、センターを中心に組み立てていく姿勢こそ、勝てる確率を上げていくことにつながるはずです。

 

4.真ん中は危険、という発想は捨てましょう

ダブルスで、特に感じる人が多いみたいですね。

2人いる、その真ん中って「2人いるから、反撃されやすい」と思ってしまう。

実はこれって、もったいない発想なんです。

特に相手がボレーに来るような場面、並行陣相手にはセンターは絶対に突いていかないといけない。

2人いるから抜けないようで、実はお見合いしたり、中途半端な対応になるのがセンターなんです。

そして一番の利点は、相手もセンター、つまりコートの中心部からは攻撃がし辛い、というところですね。

ここを感覚として身に付けることが出来ると、テニスは面白くなりますよ。

 

しっかり、センターを使っていくこと。

これがストライクゾーンで勝負していく、ということです。

テニスの試合、繰り返しますがどんなにナイスショットでも、1mm外に出た時点でアウトです。

しかも、私たちの試合はセルフジャッジ。

大事な試合で、相手がアウトと言えば問答無用にアウト、な世界で勝負している。

勝てる確率・・・どっちが高いと思いますか?

ピックアップ記事

  1. 3月22日(金) T-PRESSセミナーを開催します
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス 体力

    戦術

    試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

    試合が上手い選手、勝てる選手は、大きな流れで試合を見ている。だ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法

    対戦相手の武器に、押されてしまう。男性の試合だと、フォアが得意…

  3. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス

    テニスをやっている人なら、「分かる・・・」という方も多いかも知れません…

  4. 戦術

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること5つ

    錦織選手、見事にリオオリンピックで銅メダルを獲得してくれましたね。…

  5. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う

    ふと昨日、テレビを観ていた中で感じたこと。自分のプロフィール写…

  6. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう

    負けそうで負けない、最後は勝ってしまう人。ポイント取得数はほぼ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミス

    メンタル

    「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる
  2. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ
  3. テニス コントロール

    メンタル

    追い込まれないとスイッチが入らない、人が普通です
  4. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く
  5. 戦術

    完璧じゃないから、大丈夫なのよ
PAGE TOP