テニス ミーティング

メンタル

アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない

皆さんは試合の中で、「本当に苦しいとき」には、どんなことを考えていますか?

これって、実は普段はほとんど考えないことでしょう。

当然、しんどいときの試合なんて思い出したくも無いですし、疲れますからね・・・。

でも、いざ試合になってみると、きっと考えることって大抵同じだと思うんです。

何を、自分は試合中に考える癖があるのか。

そろそろ、この問題と向き合うことが大事だと思います。

アナタ自身に意識して欲しいのは、今試合は、目の前で行われているということ、だけです。

 

アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない

 

1.負けそうになると、「またか・・・」と思うのが人間

私だって、そうです。

苦しい試合で負けそう、な時には、どうしても「またか・・・」と思ってしまう。

今回も無理だったか・・・と思ってしまって、どうしても負けて終わるイメージ、がちらついてしまう。

これって、なぜだと思いますか?

答えは簡単、今までに「たくさん負けて来た」からです。

試合に出続けている人なら、それはあるべき勲章のようなモノ。

でも、その勲章が邪魔をするときもあるのがテニス。

自分の過去、についてどこかで整理して手放さないと、アナタ自身目の前の試合には集中できないかも知れません。

 

2.過去の実績、テニス歴、なんてどうでも良い

大事なのは、今、何が出来るかです。

苦しい試合の中で、自分を鼓舞して試合を動かしていけるのか。

過去の話、は誰もしていないし興味無い。

アナタ自身、何かの理由付けを探しているだけ。

こういう思考の癖は、どうしていけば無くしていけるのか。

それは、過去を否定せずに、整理して手放すことだと思いますよ。

目の前で行われているのは、テニスの試合。

そしてこの試合だけは、まだ自分が操作出来るんです。

 

3.自分が出来ること、に集中しよう

過去は手放さないと、何も変わらない。

変えられない、ですからね。

悔しい試合を思い出すこと、自分のルーツを意識する、ことは大事です。

ですが、それも基本手放している中で、たまに思い出すくらいでちょうど良い。

過去は否定しないで、手放す。

この意識、大事です。

そして集中すべきは、目の前の試合。

自分が今行動を興すことで、結果を変えられる試合、に全神経を集中すべきなんです。

 

4.過去を手放せば、強くなれる

なぜ、強くなれるのか。

それは私の感覚ですが、自分の中で空きスペースが出来るんですよ。

過去というモノを手放せば、自分の中で何かを入れる空き、が出来る。

ここに、どんどん新しいことを入れていける。

具体的にイメージ出来ないかも知れませんが、人が変わるってこういうことです。

人間自身、考えられること、行動の容量みたいなものには限界がある。

だからこそ、何かを手放して断っていかないと。

それはアナタ自身、の過去だと思いませんか?

 

アンケートを読ませて頂いても、みなさん実に色々な経歴をお持ちです。

ソフトテニス経験者、バリバリの体育会からサークル、社会人からテニスを始めた方、本当に数日前に始めてラケットを握った方・・・。

みなさんの未来に、私自身は関わっていきたい。

過去は変えられない、ですからね。

変えたいのは未来。

テニスを通じて、過去を手放して未来を開拓していく。

最高に楽しいと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策

    シングルスでもダブルスでも、どんな試合でも必ずピンチな局面は訪れます。…

  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「どうしても頑張りきれない」ときには、誰かの為にと頑張ってみる

    テニスの試合は、厳しく辛い。負けてくるとコートから逃げ出したく…

  3. テニス ウェア

    メンタル

    試合後の君のテニスウェアは、しっかり汚れているだろうか?

    ふと、思い出してみる。自分の小学生時代を。きっかけは、…

  4. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ!

    「テニスは個人スポーツだし、チームで練習しなくても良いのでは?」…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

    私たちの試合で多いのは、1セットマッチ。ほとんどが、この形式で…

  6. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

    テニスの試合では、お互いにネットを挟んで対峙している。ですがテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スポーツ

    戦術

    負けている時は、焦るな、もがくな
  2. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット
  3. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です
  5. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し…
PAGE TOP