テニス サーブ

サーブ

リターンでポジションが後ろの相手、の為に「浅いスライスサーブ」が試合では必要なんです

サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。

シングルスでは、結構厄介な相手ですよね・・・。

ベースラインより後方でリターンを構えている相手は、返球確率重視だから変なミスは期待出来ない。

だからこそ、こういうサーブはレベルを問わず、必要でしょう。

 

リターンでポジションが後ろの相手、の為に「浅いスライスサーブ」が試合では必要なんです

 

1.スライスサーブを浅く打つことで、相手のポジションを崩せる!

ベースライン後方にいる相手に、速いサーブを打っても無意味。

多少押し込めるでしょうが、バウンド後に距離があるので失速しているし、相手も慣れている。

むしろ、そういう相手には「浅いスライスサーブ」が大事。

浅いスライスサーブを打つことが出来れば、相手はベースライン後方になって立っていられない。

ドロップショット並みに、前に走ることになりますからね。

相手のポジションを崩す、為にも浅いスライスサーブは必要なんです。

 

2.特に相手のフォアハンド側に、浅く打てるとベスト!

例えば右利き同士なら、デュースサイドからのワイドへのスライスサーブ。

私は、ここのコースが一番、試合でエースを獲りやすい。

なぜなら、相手がポジションが後ろなときにも有効ですし、そもそも「フォアハンドを空けて待っている」相手が多いからなんですよね。

そこに浅目のスライスサーブ、を打てると相手は触れない。

ボールの速さ、は要りません。

大事なのはしっかり回転をかけて、サービスエリアの浅い場所、に落ちるサーブです。

 

3.では・・・どうやって打っていこうか?

まず、自分のスライスサーブがどれくらい曲がっているのか、を確認しましょう。

そしてその逆算で、ネットの上のどこを通すかを決める。

その次に、回転をしっかりかけるので薄いグリップで、ボールの横をしっかり弾く。

打つ、というより弾くというイメージで私は打っています。

ボールを真後ろから打つのではなく、横をシュッと切っていく。

なのでスピードは出ませんが、しっかり回転がかかって、縦方向にも落ちて変化する。

このイメージで、練習してみて下さい。

 

大事なのは、まず「相手は、これが嫌なんだな・・・」と気付くこと。

ベースライン後方で粘る相手、サーブから浅くて良い。

ラリーの中でのドロップショットも有効ですが、なかなか出しどころが難しいですよね。

サーブなら、自分次第。

しっかり打てるように、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス リターン
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です

    日本全国、特に男子高校生が集まれば始まるイベントがあります。そ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?

    試合で緊張した場面で、ラケットをしっかり振り切ってサーブを打つ。…

  4. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くない!

    サーブを打つ時にビビることってある?これは誰でもあると思う。強…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ワイドへのスライスサーブ」をしっかり磨いておいておけば、絶対に有効です

    打てそうで打てない、しっかり練習している人が少ない。その技術の…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 戦術

    その他

    「これじゃテニスの試合で使えない・・・」打ち終わった後に態勢が崩れるのであれば、…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、テイクバックの形でパワーが決まる
  3. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、いつまで経ってもスマッシュは深く打てない
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術…
  5. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?
PAGE TOP