テニス サーブ

サーブ

リターンでポジションが後ろの相手、の為に「浅いスライスサーブ」が試合では必要なんです

サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。

シングルスでは、結構厄介な相手ですよね・・・。

ベースラインより後方でリターンを構えている相手は、返球確率重視だから変なミスは期待出来ない。

だからこそ、こういうサーブはレベルを問わず、必要でしょう。

 

リターンでポジションが後ろの相手、の為に「浅いスライスサーブ」が試合では必要なんです

 

1.スライスサーブを浅く打つことで、相手のポジションを崩せる!

ベースライン後方にいる相手に、速いサーブを打っても無意味。

多少押し込めるでしょうが、バウンド後に距離があるので失速しているし、相手も慣れている。

むしろ、そういう相手には「浅いスライスサーブ」が大事。

浅いスライスサーブを打つことが出来れば、相手はベースライン後方になって立っていられない。

ドロップショット並みに、前に走ることになりますからね。

相手のポジションを崩す、為にも浅いスライスサーブは必要なんです。

 

2.特に相手のフォアハンド側に、浅く打てるとベスト!

例えば右利き同士なら、デュースサイドからのワイドへのスライスサーブ。

私は、ここのコースが一番、試合でエースを獲りやすい。

なぜなら、相手がポジションが後ろなときにも有効ですし、そもそも「フォアハンドを空けて待っている」相手が多いからなんですよね。

そこに浅目のスライスサーブ、を打てると相手は触れない。

ボールの速さ、は要りません。

大事なのはしっかり回転をかけて、サービスエリアの浅い場所、に落ちるサーブです。

 

3.では・・・どうやって打っていこうか?

まず、自分のスライスサーブがどれくらい曲がっているのか、を確認しましょう。

そしてその逆算で、ネットの上のどこを通すかを決める。

その次に、回転をしっかりかけるので薄いグリップで、ボールの横をしっかり弾く。

打つ、というより弾くというイメージで私は打っています。

ボールを真後ろから打つのではなく、横をシュッと切っていく。

なのでスピードは出ませんが、しっかり回転がかかって、縦方向にも落ちて変化する。

このイメージで、練習してみて下さい。

 

大事なのは、まず「相手は、これが嫌なんだな・・・」と気付くこと。

ベースライン後方で粘る相手、サーブから浅くて良い。

ラリーの中でのドロップショットも有効ですが、なかなか出しどころが難しいですよね。

サーブなら、自分次第。

しっかり打てるように、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス サッカー

    サーブ

    高校サッカーを観ていて感じたこと、「テニスのサーブ」ってセットプレーに近いと思う

    私は毎年高校サッカーが好きで、年末年始はよく観ています。何気な…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?

    厳しいようですが、こういう言葉、試合後には便利です。何だか、ま…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    テニスの試合、緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?

    試合の終盤、緊張した場面でこそサーブの力は試される。自分を信じ…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう

    ダブルスの試合、強力なリターンを持つ相手との対戦は避けられないでしょう…

  5. サーブ

    意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない

    サーブがどうも、走らない、威力が無いと感じている方へ。意外と、…

  6. テニス 練習

    サーブ

    ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

    ファーストサーブを、パサッとネットする。何気ない光景のようです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 計算

    その他

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    試合の中では「自分が攻撃しているのか、させられているのか」については常に意識して…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習での球出しが上手い選手は、間違いなくテニス自体も上手い4つの理由
  4. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方
  5. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ
PAGE TOP