テニス サーブ

サーブ

リターンでポジションが後ろの相手、の為に「浅いスライスサーブ」が試合では必要なんです

サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。

シングルスでは、結構厄介な相手ですよね・・・。

ベースラインより後方でリターンを構えている相手は、返球確率重視だから変なミスは期待出来ない。

だからこそ、こういうサーブはレベルを問わず、必要でしょう。

 

リターンでポジションが後ろの相手、の為に「浅いスライスサーブ」が試合では必要なんです

 

1.スライスサーブを浅く打つことで、相手のポジションを崩せる!

ベースライン後方にいる相手に、速いサーブを打っても無意味。

多少押し込めるでしょうが、バウンド後に距離があるので失速しているし、相手も慣れている。

むしろ、そういう相手には「浅いスライスサーブ」が大事。

浅いスライスサーブを打つことが出来れば、相手はベースライン後方になって立っていられない。

ドロップショット並みに、前に走ることになりますからね。

相手のポジションを崩す、為にも浅いスライスサーブは必要なんです。

 

2.特に相手のフォアハンド側に、浅く打てるとベスト!

例えば右利き同士なら、デュースサイドからのワイドへのスライスサーブ。

私は、ここのコースが一番、試合でエースを獲りやすい。

なぜなら、相手がポジションが後ろなときにも有効ですし、そもそも「フォアハンドを空けて待っている」相手が多いからなんですよね。

そこに浅目のスライスサーブ、を打てると相手は触れない。

ボールの速さ、は要りません。

大事なのはしっかり回転をかけて、サービスエリアの浅い場所、に落ちるサーブです。

 

3.では・・・どうやって打っていこうか?

まず、自分のスライスサーブがどれくらい曲がっているのか、を確認しましょう。

そしてその逆算で、ネットの上のどこを通すかを決める。

その次に、回転をしっかりかけるので薄いグリップで、ボールの横をしっかり弾く。

打つ、というより弾くというイメージで私は打っています。

ボールを真後ろから打つのではなく、横をシュッと切っていく。

なのでスピードは出ませんが、しっかり回転がかかって、縦方向にも落ちて変化する。

このイメージで、練習してみて下さい。

 

大事なのは、まず「相手は、これが嫌なんだな・・・」と気付くこと。

ベースライン後方で粘る相手、サーブから浅くて良い。

ラリーの中でのドロップショットも有効ですが、なかなか出しどころが難しいですよね。

サーブなら、自分次第。

しっかり打てるように、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみましょう

    このサイトでもサーブのテーマについて、色々書かせて頂きましたが、やっぱ…

  3. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルスでのサーブ&ボレーヤーは、「相手前衛との戦い」に勝利しなくてはいけない

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーで並行陣を作っていく方、たくさんいると思…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!

    何度か書きましたが、リターンが上手い選手は試合でも強い。ダブル…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

    セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「量から質へ」今、アナタの練習には改革が必要です
  2. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について
  3. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!
  4. テニス知識

    飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニス ストローク

    ボレー

    「ドライブボレーは難しい・・・」と思っている方は、打点の高さを意識すれば楽に打て…
PAGE TOP